読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

スマートバンドと腕時計を統合したい気分

数年前にSONY SmartBand SWR10を使い始め、右手にSWR10左手にSEIKOクロノグラフ腕時計*1の組み合わせて過ごしてきましたが、腕時計が経年劣化の影響かこの半年で2回のメーカー送り修理、まだまだ使えますがそろそろ本格的に後釜を考える時期かなぁ・・・と思ったり思わなかったりしています。

一方、右手に付けているスマートバンドのSWR10は一度充電すれば数日充電無しで使い続けることができ、おおよその歩数と歩行時間、睡眠時間と睡眠の品質を把握することが出来るので、運動不足が標準の身分としてはあとどのくらい歩く必要があるのか、一駅程度歩いて移動すべきか、健康に気を使うフリをするのに大変便利です・・・が、右手にスマートバンド、左手に腕時計、全然スマートじゃない!*2

腕時計の予備としてはknotで購入したシンプルな腕時計がありますが、雀の涙程度の健康意識の為に腕時計とスマートバンドがセットになったような何かが欲しいと思う今日この頃です。

机上での選定作業

欲しいと言えど、先立つもの(お金)は皆無、それ以前に欲しいからと後先考えずにいると2015年11月〜2016年5月のような毎月のように衝動買いして貯金どころの話では無くなる大惨事*3しか待ち構えていないので、今回はまず机上(悪く表現すると脳内妄想)で選定し、後日本当に必要になったら*4購入する方向で行こうと思います。

選定するに辺り、以下の条件を定めて選定しようと思います。

  • Apple Watch/Android Ware搭載機種は除外
    • バッテリーが持たず、下手すると1日持ち堪えない為
    • (iPhoneをメインで使ってる割には)Apple Watchの具合は知りませんが、少なくともmoto360(1st Gen.)でこの手のガジェットは腕時計として使い物にならないと学習した為*5
    • バージョンアップがいつまで提供されるか不透明で、大枚叩いて2年チョットしか使えないと言うことがあると貧民には辛い為(事実発売2年程度のmoto360 1st Gen.が次期Android Ware非対応と言う話があるので腕時計としてはサポート期間が短すぎる)
  • ビジネスシーンでも装着して利用するのでアナログタイプの腕時計*6
  • SWR10と同程度の機能
  • 一定のクオリティは欲しいが、安ければ安いほど良い

実質的にはアナログ式・万歩計・安価の3つの条件、価格以外の条件の時点でかなり選択肢が狭まれてる気がしますが、現時点では机上選定なので良いでしょう。

選定条件に見合う機種(購入候補)

選定時点で無い物強請りを言っている気がしなくはないのですが、いくつか出てきました。

SONY wena wrist

first-flight.sony.com
クラウドファンディングで話題沸騰だかなんだか一昔前で盛り上がったスマートウォッチです。
クロノグラフモデルもあり、iOS/Android両対応、ログ機能も完備とほぼ完璧です。更にFeliCaまで内蔵・・・しているのは良いのですが、おサイフケータイほどサービス対応が充実していないので使い所が微妙・・・。

難点は、同じSONY製品なのにSWR10とは別系列の製品になるので、現在利用しているLifelogアプリの記録が引き継げ無さそうな点。更に通常モデルで約4.6万、クロノグラフモデルに至っては約6.4万、具体的な予算金額は決めていないものの流石に予算オーバーの価格帯ですorz

Withings Activite Pop

www.withings.com

フランスのメーカーらしいWithingsから発表されているスマートウォッチです。*7
この商品はどうやら「Withings Activite」の廉価版と言う位置付けの製品のようですが、基本的な機能はあまり上位グレードと変わらない模様です。面白い機能としてスマートフォンのLEDフラッシュ+カメラで脈拍が測定出来るとの事。常時測定する訳ではありませんが、興味津々で面白い機能に思えます。

価格も実売価格が2万程度と(衝動買い観点では)お財布にも優しいのですが、よく見ると秒針が存在しないので腕時計として利用するには違和感を感じてしまうのではないかと思います。*8

GARMIN vivomove

www.garmin.co.jp

GPSメーカーとしては老舗のGARMINからまさかのスマートウォッチ登場です。*9
元々アスリートが利用するような製品を作っているメーカーで、(プロが利用するような製品なので一般人感覚からすると)大変高額商品が多くて(ガジェットに金をつぎ込んでしまう為に)貧困者を自称する私の身分でも手の届くような価格帯で商品出してるとは思っていませんでしたが、一応廉価版扱いで最近スマートウォッチを発表したようです。シンプルなアナログ式腕時計の外見なので現時点で一番興味津々のスマートウォッチです。但し、廉価版なのでGPSメーカー老舗の商品だけどGPSは非搭載・・・。

価格は先のWithings Activite Popよりも安価な実売約1.6万(レザーバンドはもうチョット価格上乗せ)、GARMINの他の類似製品に比べると機能が貧弱な点が気になりますが、他のスマートウォッチと比べると同等の機能を備えているので問題ないと思います。

機能でSONY、価格でGARMINの2択

現時点では、自分の要望を満たす(クロノグラフモデルがある)SONY wena wristか、価格最優先のGARMIN vivomoveの2択で脳内(欲望)大戦争を繰り広げています。但し安価なのでvivomove優勢ですけど。
いずれの機種を選定したとしても、現在のSWR10で記録した内容を引き継げないのが残念ですが、両手首にガジェットを付けている異常な状況を解消出来るのであれば悪くは無いと考えています。

しかし、もう7年〜8年使い続けている腕時計から他のものに替えようと言うのは、心情的には少々寂しく思う事があるので物欲に負けなかった場合は、もう数カ月間〜数年間は今の腕時計を使い続けそうな気がします。*10

*1:特価で安く買いましたが、希望小売価格が5万以上なのでメーカー修理の場合は技術料が高い上、下手に10BAR 防水モデルなので電池交換レベルでもパッキン周りのお陰でメーカー送り、修理にお金と時間の掛かる腕時計です。

*2:お腹周りと同様の超ファーット!!!11

*3:Nexus6を買ってからmoto360(1st Gen.)、MacBookと散財を続け、最終的にデレステ不適合機種のXperia Z5 Premiumを購入すると言う暴挙に出たので、流石に自重・・・

*4:あるいは、本当に欲しくなり今以上の衝動に駆られたら。

*5:興味本位で1年くらい前に購入して、レビューの真似事記事を綴っていますが、バッテリーは持たず、時間を見たいときに確認出来ないと腕時計として利用するには厳しい難点が目立った為、時代の流れと言うか技術革新が起きて普通の腕時計として利用出来るようになるまでは手を出すべきでは無いと判断しました。

*6:ビジネスシーンでデジタルはあまり見ない+個人的な嗜好の問題

*7:調べると過去にWi-Fi体重計を発売したりしているメーカーのようです。

*8:もう1本針が見えますが、その日の目標歩数などの達成率を表す針なので秒針は無さそう・・・

*9:老舗GPSメーカーと言うか、日本国内では登山やランニングする方には聞き覚えのあるメーカーさんで、一般的な人には無縁のメーカーです。ちなみに私は前職の関係で「国内ではマイナーな車載用ポータブルナビのメーカー」と言う印象です。

*10:過去何度か他の腕時計にする機会はあったものの、結局は心情的な問題で乗り換えられず、その影響でknotで調達した腕時計も休日限定運用に収まっていたりします・・・。