読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

RTX1100をもう1台買ってきたが、拠点間VPN検証環境をどうしよう・・・

随分と前のこと*1ですが、仕事帰りに秋葉原へ寄り道した際、ヤマハルーターのRTX1100をもう1台入手することが出来ました。*2
ヤマハルーターが手元に2台、これはルーター間でVPN接続を行ういいチャンス!・・・と思ってヤマハの設定例を参照し、どのように設定を施せば実現可能かトライ・アンド・エラーで設定を進めていました・・・が、どうやら2台目のRTX1100で利用している回線がVPNには不適合と言う事が判明し頭を抱えていますorz*3

どんな問題が発生したのか?

2台目のRTX1100は、ワイヤレスゲートのMVNO SIMを挿したMR03LN+専用クレードルと言う構成で利用しています。*4

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 専用 EX03C クレードル PA-MR03L-EX3C0B

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 専用 EX03C クレードル PA-MR03L-EX3C0B

その環境下で割り振られたIPアドレスが以下のようなアドレスです。
f:id:sylvester:20161113011156p:plain

10で始まるIPアドレス、・・・これ、クラスAのプライベートIPアドレスです。

プライベートIPアドレス・・・だと・・・!?

恐らくIPv4アドレス枯渇の影響で、プロバイダから割り振るIPアドレスグローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスに切り替わる事があると言う話は聴いたことはありますが、まさかMVNO回線のSIMで割り振られるIPアドレスがプライベートIPアドレスだったとは・・・。*5

回線の接続・切断毎にIPアドレスが変動してしまう為、ヤマハ運営のDDNSを利用してVPN環境を構築しようと考えていたのですが、プライベートIPアドレスなのでDDNS登録の時点で弾かれてしまい目論見が玉砕されてしまった次第です。

代替手段の有無

今回、単純にVPN環境を構築してみたいと言う事なので残された手段はいくつかあります。

後者は、手元に一応該当のSIMカードはありますが・・・、・・・既にスマートフォンで利用中なので自学の為と言えど付けたり外したりと言う事はあまりやりたくない・・・。
そうなると前者の手段になる訳ですが、主回線とバックアップ回線で全ポート使用中なのでルーター間直結用のポートが無い・・・。バックアップ回線側が結局MR03LNに接続されているので、適当なハブを噛ませてしまえばルーター直結する必要は無いのですが、それはそれでケーブルが酷いことになるので*6少し部屋の模様替えをする必要があったりなかったりします。

そんな訳で、同じメーカー・同じ型番のルーターが手元に2台あるにも関わらず未だにVPN接続の検証が行えずに居ますorz*7

*1:随分と前の理由は、単にこの戯言をどのように綴るか永遠と悩み続けた上、中途半端に意識高い系に毒されてアップロードが著しく遅れた為です。

*2:運の良いことに前回購入価格より1,000円安い価格で手に入れることが出来ました。

*3:本当はVPN接続するための設定をドヤ顔で意識高い系っぽく綴る予定でしたが、結果的に「VPN出来ませんでした(・ω<)」と言う私らしい記事に仕上がりました・・・。

*4:7月中旬に光回線が開通した際にバックアップ回線として利用しているモバイルルーター回線の事です。

*5:調べると(壊れたXperia Z5 Premiumの後釜として)Nexus6に挿しているOCNモバイルONEはグローバルIPアドレスを割り振ってくれる貴重なMVNO回線の模様。

*6:ある程度の初期設定は済ませていますが、不足の自体が発生した場合はシリアルケーブルを繋げる必要があるので置き場所も考えなければ・・・。

*7:厳密には既にスマートフォン・MacBookとの間でVPN接続出来るようにL2TP/IPsecを利用したVPN接続の設定は設定済みだったりします。