読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

Twitterの広告で流れてた「ぱらのま」なる漫画が意外と面白い

アニメ・漫画・書籍

最近はエロ広告やら出会い系広告やら世間一般的には不健全と呼ばれる広告で埋め尽くされているTwitter*1ですが、珍しくTwitterの広告ツイートとして漫画の発売告知が流れてました。

・・・ほぅ、Twitterの謳い文句は「残念なお姉さん」の鉄道小旅行とな?最近の萌え作品とは異なる方向で可愛いオネーサンなのに残念だって?絵柄も嫌いでは無い。・・・ただ、地味に高いのでパスパス・・・と思いつつ、そんな自分が鉄道小旅行してる始末なので気になり続けて、最終的にポチっちゃう訳です。

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

あぁ、例のごとく私はKindle版です。流石に漫画の置き場が無いので*2書籍版に手を出すことが出来ませんorz

「ぱらのま」ってどんな漫画?

女性向け漫画誌の「楽園 Le Paradis」で連載されている鉄子(鉄道オタクの女性版)な漫画・・・らしい。(私自身が男性なので)連載誌自体の知見が無いので内情を知ることは出来ませんが*3ひだまりスケッチ魔法少女まどか☆マギカで有名な蒼樹うめテンテーの素敵作品が連載されている雑誌です。*4

作者はkashmir先生、私の知らない世界(女性向け漫画)の漫画家さんだー!・・・と思ったら、若干放置されてる過去の日記コンテンツで東方Project作品のイラストがあったり、ニコニコ大百科を覗き見ると同人・エロ漫画誌で活動と書かれてたり、何か「こっち」寄り(普通にアキバ系なオタク系統)の人のように思え、幸か不幸か今まで作品を見る機会が無かっただけのような気がしなくは無い気がします;

もう少し細かく綴ると、広告に描かれてた通りの「残念なお姉さん」による鉄道大小旅行漫画です。主人公はお兄ちゃんっ子の残念お姉さん、直接の名前の描写が無いので分かりませんがアルコール飲めるので大人のお姉さんが、あっちこっち旅行する漫画です。*5

東京都内から山陰地方まで

試し読みでは大月〜河口湖+いすみ鉄道*6と関東近郊の描写しかありませんが、サンライズ瀬戸でうどん県入りしたり、山陰地方の廃線されそうな路線の乗り鉄やってたり、結構(東京から)西側方面を攻めてる感じがします。
全部が全部綴っちゃうとネタバレどころの話じゃ無くなるのでアレですが、訳あって佐原(@成田線)にも来ているようですが、その際の香取海の説明描写で椿海と思われる湖が描かれてたのである程度の調査は実施しているっぽい雰囲気です。*7

一応、第1巻と書かれてるので第2巻以降では東北・北陸方面が登場してくれることを割と切に願います。・・・いえ、私がどちらかと言うと東北方面しか旅行してないので・・・。*8

残念なお姉さんと言うか、エロいお姉さん

広告では「残念なお姉さん」と謳われていますが、読み進めていくと・・・これエロいお姉さんだ!
おっぱいは大きいし、自宅でお風呂上がりにスッポンポンだったり、浴衣は着崩して太ももが谷間が露わに・・・うっひょい!*9

・・・げふんげふん、宣伝文句で言うほど残念なお姉さんとは思えませんが、自宅や旅館でアルコール片手に着衣が着崩れていたりする部分を見ちゃうと・・・残念なお姉さんですが、外っ面はそれほど残念では無く、外見も考慮すると素敵なお姉さんだと思います。・・・まぁ、ブラコン*10だったり、行き当たりばったりで行動してたりしますけど。

なんか通じるものを感じたのかしら?

直近は思い付きで仙台、昨年は鎌倉・会津若松、関東近郊だと北総地域をぐるっと大回り乗車と割と小旅行をしている身としては、何かこのお姉さんに共感する何かを感じてこの戯言日記を綴っているんじゃないのかなぁ・・・と思ったり思わなかったりします。

私自身はそれほど鉄道ヲタではありませんが、大きな目的無く*11遠方地に一人で足を運んでみたり、江ノ電やら世田谷線やら荒川線の路面電車乗ったり、一人遊びしているのが原因だとは思いますが、私は普通の社会人で遊びに行けるのは土日祝日のみです。家事を行う時間を考えると行動できる時間は限られてしまうので、ぱらのまのお姉さんに若干羨ましさも心の何処かにあるのかもしれません。・・・と、言うかこのお姉さんは働いてるのかしら?*12

可愛い絵柄の鉄道漫画なので結構オススメです

あんまり連載誌の情報も知らず、本来のターゲット層がどうとか前情報無しで試し読みだけでポチった漫画ですが、普通に鉄道オタク無関係に楽しめる鉄道旅行な漫画です。*13鉄道系統に限定されていると思いきや、意外と江戸時代の航路を巡ってみたり、あまり鉄道に拘らずに描かれているので旅行エッセイのような感覚で見ることが出来ます。

表紙だけ見ると萌え漫画の延長線上の作品に見えますが・・・、・・・旅行好きな人ならば是非手にとって購入して頂きたい作品です。

*1:地獄の沙汰も金次第と言えど、倫理的に問題のある広告ばかりなのでTwitterさんは経営が苦しくてもSPAM同然の不健全広告を受けないで頂きたく思います。

*2:最近はきゆづきさとこテンテー作品しか手元にありません。・・・あぁ、こげどんぼ*テンテー作品も一部あります。しかし、そのくらいしか置き場がありません・・・。

*3:別に男性が女性向け漫画誌を買っても良いと思いつつも、最近はコンビニで扱ってないような雑誌に対する情報が疎くてorz

*4:そう言えば、何か新規連載ってニュースが一昔前にあった気がするのですが、この雑誌のことでしたか・・・。

*5:後半で連絡先交換の際にメールアドレスに名前と思われる描写はあるものの、基本一人旅で近親者も兄なので名前で呼ばれる描写が無いので残念なお姉さんとしか言いようが無い状況です・・・。

*6:寝過ごしたので実際には訪問してませんが、いすみ鉄道小湊鉄道の房総半島横断を目論んでいた模様。

*7:椿海なんて、シオンタウン近隣の地元の歴史で出てくるくらいだから見逃されても仕方ないと思ってましたが、ちゃんと描写されてるので好感度急上昇ですよ!

*8:正しくはJR東日本のエリア、東海道新幹線JR東海管轄で安価に乗れない+安価に乗ろうとすると年会費取られる会員にならないと駄目なので、乗る機会は当面無さそうです・・・。

*9:あれ、この連載誌って女性向けの漫画誌ですよね?男の子目線で見るとサービスシーンとしか言えませんなw

*10:お兄ちゃんと同居してる上、お兄ちゃんに頼ったり相談したり結構なブラコンっぷりを発揮させてます。

*11:会津若松へ行った時は新幹線初乗車と言う明確な目的はあるにはありましたけど・・・

*12:学生という雰囲気でも無いですし、伊豆を数日間掛けて当日宿取って旅行したりするだけの財力があると言う事はバイトなり何なりで稼いでいるとは思いますが・・・。

*13:連載誌が女性向けですが、作品自体は男性・女性関係なく(男性目線だと残念お姉さん要素がお色気要素として見ることも出来るので)楽しめるいい漫画です。