読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

格安スマホのFREETEL SAMURAI REIを導入して数日が経ったので何か書く

先日、田舎の親にスマホを持たせる・・・と言う理由で、格安スマホ導入時コストを算出する・・・と言う戯言日記のネタの為も含めて、格安スマホを1台購入しました。
sylve.hatenablog.jp
買ったまでは良いのですが、先週末の3連休で帰省した直後なので、恐らく引き渡すのは5月のGW・・・。それまでの間は格安スマホは私の手元にあるので、格安スマホの使用感や、普段利用している格安では無いスマホ(Xperia X Performance)と比較をしつつ、常時ネタ切れな戯言日記*1のネタにしてみました。

FREETEL SAMURAI REIを選定した理由について

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

格安スマホと言えど、数多くのメーカーから多くの機種が発表されている中、なんでFREETELのSAMURAI REIを選定したかについて、導入コストの戯言日記でザックリとは触れていましたが改めて明記しておこうと思います。

  • 一応、FREETEL自体は国産メーカーだから
    • 自分の親に渡す機種なので、あまり下手な中韓メーカーのスマホには手を出したくなかった為
    • 但し、SAMURAI REI自体は中国メーカーのOEM機種とも言われているので、その点は留意する必要があります
      • 今の御時世、そこまで気にしてたらスマホ買えなくなっちゃうので・・・
      • それ以前に、実家に1台渡しているNexus6*2だってMotorolaだけどトドのつまりLenovo子会社ですし・・・
  • 本体重量が大変軽量の136g(メーカー公表値)
    • 保護ケースを付けても持った感覚が手持ちの他のスマートフォンより軽いので驚きました
    • ケース無し重量で比較するとiPhone6sが約143g、Xperia X Performanceが約165g、iPhone6sよりも数値上は軽いことになります
  • Android 7.0アップデートが約束されている
    • 各所で報道されてますが、そろそろAndroid 7.0が提供されるのであと1〜2年くらいは使い続けることが出来そうです(個人的感想)
    • 但しAndroid月次セキュリティパッチはあまり積極的に適用させる気は無い*3ようなので、その点は留意する必要があります
  • 基本的な操作感がiOSと変わらない
    • 悪く表現するとAppleの操作感をパクったとも言うのですが、iPhone5s以降の指紋認証が付属したiPhone/iPadと同じような操作感で扱えます
    • 完全に使い勝手が一致している訳ではありませんが、普段iPad Airを使っている親に引き渡すには都合が良かったりします*4
  • 本体の価格と性能のバランスが取れてる
    • Antutu(ベンチマーク)の数値を見る限り数年前に発売されたXperia Z1fよりも性能が低いのですが、Android 6.0が違和感無く動いてくれて新品購入2万強*5と言うのは悪くは無い
    • 安くてもデュアルSIM機種(片方はmicroSDスロットと共用)、カメラ性能も(メインの背面カメラが)1,300万画素と申し分ない
  • 登場からある程度の時間が経過しているため、通常利用する上での目立った不具合は潰されている
    • SAMURAI REIで検索すると「この機能がバグってる、糞、よってゴミ」とか「あの機能で問題が出た、所詮は安かろう悪かろうの貧民向け」とか「根本的に購入してはならない」とか、まるで親の仇のような低俗な文章が並んでいますが、大体の問題は修正プログラムの配信によって解消されています
    • この手のは後日談が語られる事は無く、ネガティブな情報が更新されること無く永遠と残されるので(適切な情報を得ようとする人からすると)非常に厄介な問題ですが、2017年3月時点で(Android 6.0の状態では)大きな問題は特に見受けられません

・・・若干、先日から狙いを付けてた感がありますが、ある程度は事前調査・確認の上で入手しているので衝動買いでは無いですよ!*6

格安スマホを実際に利用した使用感

普段は(発売時期的に型落ちですが)一応ハイエンド扱いのXperia X Performanceを利用していますが、自宅内で数日間+持ち出して1日*7利用し続けてみました。
・・・屋外に持ち出したのが僅か1日なのに、使用感を(個人の戯言日記帳に)綴っちゃって良いのかと言う倫理的な問題はありますが、そこはほら所詮個人の日記帳ですし・・・。*8

基本的な使用感

極めて普通のスマートフォンです。左右にスワイプした際も滑らかに動いてくれるので、Xperia X Performanceを利用している際と同じ感覚で使えます。
更に、ホームランチャーがデフォルトではFreetelLauncherに設定されているためAndroid端末だけど操作感はiPhone/iPadとほぼ同様に扱えます。

また、一見するとAndroid端末ではほぼデフォルトで存在しているナビゲーションボタン(画面の下部にある三角や家のマーク、四角の記号マーク)が表示されていませんが、Freetelボタンと呼ばれるiPhoneのボタン的なアレ*9で操作可能です。軽く1回タップで一つ前の画面に戻る、ボタン1回押しでホームに戻る、ボタン2回押しで履歴・バックグラウンド起動アプリの切り替え*10が可能です。

一応、ナビゲーションボタンを表示させることは可能ですが、一部アプリで表示が見切れたりするので*11必要が無ければナビゲーションボタンは表示されず、Freetelボタンを使ったほうが良さそうです。

バッテリー

午前8時に充電器から取り外して利用し始めましたが、通常の用途(Web閲覧や簡単なゲーム、自宅内でradiko再生)の範囲で使う分にはバッテリーは一日持ちこたえてくれます。
勿論、ポケモンGOのように常時画面は点灯するわGPSで位置情報取得するわバッテリーを使い込むようなゲームを動かした場合は半日と持たない*12と思いますが、良識のある用途ならば特段バッテリーが持たないなどの問題は無さそうです。

性能面

通常の利用シチュエーションの場合は性能不足を感じることはありませんが、ある程度性能を要求するアプリを動かした際に力不足を感じることが多々あります。
例えば最近配信が開始されたAndroidスーパーマリオラン、SAMURAI REIで標準設定で動かすと画面タップからマリオが実際にジャンプするまで違和感を感じるレベルでタイムラグが発生します。Antutuで比較対象とした(数年落ちの)Xperia Z1fでは大きな違和感無く動作していたので、まぁこの辺は「安かろう悪かろう」と言ったところです。

今のところは不満は無い、差し込んでいるSIMを除き

SAMURAI REIが出た直後から利用されているユーザーさんのレビューのような記事を見ると、不具合が多く非難轟々で酷評ばかりが目につきますが、現時点では大変熟れているため不満の無い良い機種と思います。
勿論、格安スマホと言うことなので、下手すると数年前の(ハイエンド寄り)マシンに劣る性能だったり、メインスロットがmicroSIM・サブスロットがnanoSIM+microSD排他式スロットなのでSDカードを利用する場合はmicroSIMカードを選択する必要*13があったり、難が無いわけではりませんが通常利用する上では大きな問題はありません。

ただ、FREETEL SIMが謳い文句の割には非常に低速と申しますか、節約モードで上限速度250kbpsで抑えてるとは言え、なんで実測100kbps*14で蠢いているのかが、なかなかどうして理解に苦しみます。
いえ、月額299円とかローコストを売りにしているキャリアに何を求めているのだと言われるとそれまでなのですが、流石に低速モードの挙動が酷いのでどうすべきか検討する必要があります。このまま実家用格安スマホ回線として使い続けるのか、他の低速モード時にキャリア自ら定めた数値(200kbpsとか250kbpsとか)を維持してくれそうなキャリアを探すのか・・・。

*1:基本的に散財日記以外にも戯言日記を綴っているので、(これからの季節は上野の花見で写真撮影とかするでしょうし)常時ネタ切れと言う訳ではありませんが、ブログで飯食ってる人(アルファブロガー)はどうやって更新のネタを探しているんでしょうかねぇ?

*2:父親は技術屋だからそれなりに早い段階で持たせてたが、使い古したiPad Airをまさか機械に疎い母親がガッツリ使ってるとは思わなかったので・・・若干慌ててスマホの準備を進めてまして・・・。

*3:戯言日記を綴っているのが2017年3月ですが、SAMURAI REIの設定からパッチレベルを見ると2016年11月・・・。4ヶ月以上の放置です。・・・もっとも、手持ちのXperia X Performanceも2017年12月でパッチ提供止まってるので一般的なスマートフォンではそんなもんなのかも知れません・・・。

*4:iOSAndroidは全く別物ですが、類似した感覚で利用出来るというのはユーザー目線からすると結構良いことだったりします。

*5:私の場合、良品中古購入なので2万以下で購入してきました。

*6:安心・安定の過去の実績から、どう見ても衝動買いそのものです。

*7:その日のみ、何故かスマートフォンを一人で3台持ち(ガラケー含めると4台)と言う狂気の沙汰となりましたが・・・まぁキニシナーイ。

*8:実際問題、Xperia X Performanceがある状況でもう1台Androidスマートフォン必要か?と言うの完全に不要な訳でして。更にiPhoneもあるので、万が一Xperia X Performanceのバッテリーが切れても替わりにiPhone使えばいい話なので・・・。

*9:iPhoneユーザーなのに言い方が酷いなぁw

*10:iPhoneも似たり寄ったりで、軽く1回タップは無いものの、ボタン1回押しでホーム、2回押しでバックグラウンドアプリへの切り替えが可能です。

*11:スマホゲームで最近手を出した「放置シティ」なるゲームの場合、SAMURAI REIでナビゲーションバーを表示させた状態で起動させると画面上部が見切れます。

*12:ポケモンGOの場合、下手すりゃ数時間でバッテリーが尽きるレベルなので大変極端な例かと思いますが・・・。

*13:nanoSIM+変換下駄と言う手もありますが、変換下駄に両面テープでSIMカードを貼り付ける必要があります。

*14:速度測定アプリで調べても200kbpsを超えない程度なので、下手すりゃ節約モードの場合は(高速モードが非常に低速な事に定評のある)OCNモバイルONEの方がまだ快適なレベル。