Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

体力を付けたいと思う今日この頃です(但し思うだけで行動しない)

そろそろオッサンと呼ばれる年齢になり、体力の低下を何処と無く感じる今日この頃です。
いえ、昨日夕方くらいから寝てたらしく、SmartBand*1の睡眠時間がまさかの13時間・・・。あくまで計器で稼働した・しないの単純測定結果なので実際にはもっと短い時間ですが・・・それにしたって機械測定で13時間って寝すぎ・・・。あるいは病気・・・。

日頃薄々と感じてはいましたが、これはチョット体力を付けなければ行けない気がしてきました・・・。

ライフログアプリで日頃の歩数を確認してみる

普段私はSmartBand SWR12を手首に装着して日頃の歩数を測定しています。

その結果、2017年6月の現時点(6/25)では1日平均約1万歩ほど歩いていることになります・・・が、これは極端に歩き回った場合なので、直近の最大・最小を比べてみると約6,500歩〜16,000歩と大きなブレがある為、最小値の6,500歩を私の1日の歩数として考えます。*2

よく健康のためには1日1万歩歩くべし・・・と言われておりますが、一応厚生労働省のWebサイトで長ったらしく綴られているので、最低でも(現状維持の最低目標としては)1日1万歩は歩く必要がありますが、残念ながら私は1日1万歩は歩いていないこととなります。
www1.mhlw.go.jp

何故1万歩と言う歩数を達成出来ないのか

先の資料によると、1,000歩は約10分歩けば容易に達成出来る歩数と記されているので、1時間40分ほど歩けば済む問題です。更に現在1日約6,500歩は歩けているので、+40分歩けば容易に達成出来る数値です。世間一般的には一駅か二駅歩けば容易に達成出来る程度です。
しかし、健康のためと言えどなかなか+40分の歩行時間を伸ばすことがなかなか出来ません・・・。

言い訳は色々あるでしょうが、ストレスフル社会の今日この頃、退社時に心身ともに疲労困憊の状況下では余計な事に体力を使うより体を休めて疲労回復に務める必要に迫られ、終業後に余計な事が出来ないと言うのが最大の理由では無いかと思います。

いや、そうじゃない・・・と言う方も多いでしょうし、「言い訳乙www」と草生やしつつ煽る方も居るでしょう。しかし、健康の為に歩けない・あるいは運動したくとも出来ないと言う方の多くの理由はコレに尽きるのでは無いかと思います。・・・ソースはありませんので真に受けないように。*3

言い訳は良いから動け

個人的に、別に終業後に疲労困憊だから歩けないと言う事はあり得ないと思います。事実、年中寄り道で秋葉原に寄ってますし、一駅くらい歩けなくは無いと思います。
しかし、何だかんだで翌日に疲れを残したくないと言う思いの方が強くて保身に走り体を鍛えると言う思考から全速力で逃げ回っているのだと思います。

良いから動け!・・・と言うのが今の自分にピッタリな言葉だと思いつつ、何だかんだで「土日に都内徘徊して凄い歩くし、仕事終わりに秋葉原にさえ行けば*41日1万歩超えるだろうから良いかw」と今まで通り堕落に落ちる生活を続けてしまうんだろうなぁ・・・と思う今日この頃です。

*1:ライフログの記録装置と呼べば分かり易いかと思います。1時間辺り何歩ほど歩いて、心拍数がどれくらいで、歩行時間・ランニング時間がどのくらいで・・・と言うのが測定出来ます。

*2:今だから言えることですが、前職の車通勤だった頃は1日1,000歩越える程度だったので、昔よりは歩数的には健康的な生活を送れていることになります・・・。

*3:謎の保身のための一文を付けて見るテスト。

*4:当然、無意味な交通費が発生するので仕事終わりに秋葉原に行くと言うのは得策では無い行動です。・・・が、そこそこの頻度で仕事終わりに秋葉原へ足を運んでいるので交通費がヤバイ・・・