Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

BOSE QuietControl30を衝動買いした

先程アップロードした記事で触れてたBOSE QuietControl30の衝動買い、戯言日記の草稿として中途半端に記載していたが、先に浪費一覧を更新したので順番が逆転していますが、折角なので軽く手直しして取り急ぎ公開してしまいます。

今年の始めに骨折する前に購入したBOSE SoundSport Free(トゥルーワイヤレスと言うか完全ワイヤレスイヤホン)ですが、最近は4時間行くか否かレベルで力尽きる(バッテリー切れを迎える)ことが増えてきました。バッテリー搭載機器をほぼ毎日のように使っているので*1多少の劣化は仕方ないにせよ、チョット気になる問題です。
また、基本的に遮音性が低いイヤーチップのため地下鉄など騒音の大きな場所では音が掻き消されてしまい、音楽を楽しめません。騒音に負けないよう音量を上げるのも一つの手ですが、大音量は耳に悪いので避けたいところです。
sylve.hatenablog.jp

一方、数ヵ月前に購入したQuietConfort15はノイズキャンセル対応ヘッドフォンなので地下鉄など騒音の酷い場所でもある程度は(騒音を)消音してくれますし、バッテリーは古風に単3乾電池なのでバッテリー切れにもコンビニ駆け込めば対処可能で安心ですが、外出時に使うには大変仰々しいサイズで、今の季節なら耳当て兼務で使えますが世間一般的には屋外でヘッドフォンはキチガイの所業と呼んでも差し支えない奇っ怪な行為です。・・・まぁ、適当なこと言ってますけどね。*2
sylve.hatenablog.jp

SoundSport FreeのようなイヤホンでQuietConfort15のようなノイズキャンセルを備えたイヤホンが欲しい・・・。・・・そんなこんなで秋葉原を徘徊していると気の迷いから手を出してしまいました・・・。

今年最後の衝動買いしたイヤホンについて

  • メーカー:BOSE
  • 品番:QuietControl30
  • 購入価格:税込17,800円(中古)

ノイズキャンセル搭載のネック型イヤホンです。BOSEで初のノイズキャンセル段階調整を搭載し、それが商品名にも現れています。*3
あまりネック型は好きではないのですが、トゥルーワイヤレスでノイズキャンセル搭載はあまり選択肢がないどころか、トゥルーワイヤレス自体がバッテリー持続時間面で数時間と常用するには耐えられない物ばかりなのでネック型に手を出しました。

既に2年落ちの商品なので詳細は意識高い系と言うかオーディオの大先生の記事を参照頂くとして、最大2台まで同時接続可能なのでiPhone/Xperia XZ Premiumの2台持ちとしては大変ありがたく、わざわざ接続を切り替えることなく2台から利用できるので重宝しています。*4

バッテリーの持ちは良いものの・・・

SoundSport Freeのようにトゥルーイヤホンでは無いので、バッテリー駆動時間は長めの10時間らしい。中古入手と言うことを鑑みると6〜7時間程度と考えた方が良いのかも知れませんが、それでもSoundSport Freeよりは長時間駆動してくれ、一日中使っていても問題無さそうなのでバッテリーに関しては今までよりは気にしなくても良いかもしれません。

ただ、実際にどのくらい長時間利用可能なのかについては長時間利用する機会が無いまま年末の帰省を迎えてしまったため、別の機会があればその時にでも綴るとしましょう・・・。*5

しかし、思ったより装着性が良くないと言うか、首を締め付けないようにするためか思った以上にユルユルなので取り外しの際に気軽に落下しかねないので少し取り扱いに注意を要します。・・・つーか、実際問題一回落としたが気づかず紛失するところでした・・・。

また、SoundSport Freeよりも古い製品なので人混みの中で利用するとブッチンブッチン途切れることがあります。・・・えぇ、SoundSport Freeでもブッチンブッチン途切れることはありましたが、それよりも相当酷い頻度でブチブチ途切れたので、混信に弱いのかも知れません。

とりあえずは使い続けてみようと思えるイヤホンです

別にノイズキャンセル対応製品を毛嫌いしていた訳ではありませんし、QuietComfort3やQuietComfort15を入手した時も「ノイズキャンセルサイコー」と思っていますが、やはり個人的にヘッドフォンは性に合いません・・・と言うか、外出時にヘッドフォンは悪い意味で目立ってしまうので*6あまりノイズキャンセル製品を有効利用出来ていませんでした。

また、トゥルーワイヤレスイヤホンのBOSE SoundSport Freeを利用していると外部からの騒音で音楽が掻き消されてしまうことが多くて音量を上げるかイヤホン付けてるけど騒音を我慢するかと残念な選択を迫られてしまった状況でした。

お金は掛かってしまったものの、ヘッドホンほど悪い意味で目立たないイヤホンタイプのノイズキャンセル対応製品と言うのは、私としては案外最適解だったのかも知れません。バッテリー駆動時間の問題とともに、バッテリー寿命と言う問題も付きまとってしまいますが、当分の間(出来るなら数年間)はBOSE QuietControl30を使い続けて騒音まみれも東京で過ごして行きたいと思います。

*1:しかも通勤時に小一時間利用して充電と言う行為が多いのでメモリ効果でバッテリーには大変悪い使い方をしています。

*2:まぁ、今の時代は音楽聞くのもスマホが多いですしスマホ片手に耳を塞ぐヘッドフォンなスタイルは見た目的にもアレゲ・・・

*3:Quiet「Control」ってのは誤植でも誤記でも無いですよ。

*4:2台同時再生は非対応なので片方で再生させているともう片方はミュート状態ですが・・・

*5:多分、面倒くさくなって更新しないパターン。

*6:別に人の目を気にするような身ではありませんが、「悪い意味で目立つ」と言うのはやっぱりあまりいい気分ではありません。