Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

やむ得ない理由でOffice 365 Soloを導入した

急遽Officeのライセンス・・・と言うか、Office入りノートPCが必要となりました。・・・仕事関連のお話なので詳細は自重しますが、腐るほどPC買い漁ってる身でありながら「ノートPCが必要」って時点でお察しください。*1

しかし、困ったことにMicrosoft Officeのライセンスが余っていません。・・・Windows10が入ったノートPCと言うかタブレットPCは余っているのでハードは何とかなるのにねぇ・・・。*2

Officeは大変高価なアプリで、普通に買うと2万以上は軽く吹き飛び、秋葉原界隈の怪しげなお店に掲げられている開封済みOffice OEM*3でも1万オーバーの価格が付いているのでどうしたものか・・・。

・・・仕方無い、どの道お金が飛ぶなら導入してしまうか、Office 365 Soloを・・・。

規約改定で同時5台までなら利用可能

Office365 Soloは、昨年(2018年)10月に規約改定で、導入台数は無制限だが、同時ログオン5台まで利用可能となっているため、実質的には5台までインストール・利用可能となりました。*4
forest.watch.impress.co.jp

そのため、我が家のようにMacBook ProからNUC、携帯用にMacBookと様々な端末・Windows/macOS混在環境としては同時5台まで利用可能と言うのは大変助かります。・・・スマホタブレット(Android/iOS)でOfficeを使わない分、PC/Macに導入出来る分に回せるのは本当助かります・・・。

私の環境では、NUCにOffice 2013 Home & Businessが入っているだけで、その他端末にはOffice無し*5の状態だったので、Office 365 Soloを導入すると(今回必要としたマシンを除くと)メインで利用しているMacBook Pro(15-inch/2018)に導入出来て、更にNUCのOfficeも2013から現行最新にアップデート出来る上、さらに携帯用のMacBook(Early 2016)にもOfficeが導入可能と主要な手持ちマシンにインストール出来るので、散財続きの状況下でPOSAカード調達は如何なものかと*6思いつつ悪くはない選択だった・・・と思います。

来年以降が怖いなぁ・・・

一度課金してしまった以上は、恐らく今後も継続的に課金する羽目になりそうです・・・が、既にAdobe Creative Cloudに写真趣味者専用プランでお布施している状況下で更にMicrosoftにもお布施とか、無駄に金が掛かるよなぁ・・・(白目)

ただ、今回は必要に迫られて調達したので、必要が無くなったら更新打ち切りで使わなくなるだけなんだろうなぁ・・・と思ったり思わなかったり。・・・ただ、NUCで利用可能なOEM版Office 2013もEOLを考えると*7今のうちだけなので、今回を機会にMicrosoft税としてOffice 365にお金払い続けていくべき・・・なのかなぁ・・・。

*1:BYODが許容されているので個人で調達しても問題は無いので悪しからず。

*2:いや、普通はMicrosoft Officeのライセンス余りませんって!・・・いえ、ノートPCやタブレットPCも普通はあまりませんって・・・。

*3:いや、別に違法商品では無いですがライセンス規約的には開封済みで本来は何らかのハードウェアの付属品扱いであるOEM版の単体中古は手を出したら駄目な奴ですよ?

*4:従来はPC/Macで2台・スマホ2台・タブレット(Android/iOS)2台の合計6台でしたが、改定で機種問わず同時5台となりました。

*5:厳密にはMac系統はiWorkが導入されているので、完全なOffice系アプリケーション無しと言う訳ではありませんが、Microsoft Officeデファクトスタンダードな世の中ゆえに参照するだけが関の山でした・・・。

*6:Linux導入用に適当なPC買うわ、BOSEスピーカーを衝動買いした上にインシュレーターまで取り付けるわ、ひっでぇ散財状況ですよ・・・。

*7:Office 2013のメインストリーム期間は終了し、2023年4月に完全終了の予定です。