Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

チャリでアキバに行ってみた

安価なホームセンター製自転車(クロスバイク)を購入して、そろそろ1ヶ月が経ちます。
sylve.hatenablog.jp

位置付けとしては一応スポーツ系と言うか、登場経緯が「MTBムーブが過ぎ去って不良在庫化したコレどーしよ?ロードバイクのタイヤ履かせて適当な名前付けりゃ馬鹿には売れるだろwww」らしいバックグラウンド*1があったりなかったりするとは言え、一応それなりに走行性を重視した自転車なのでそれなりの距離を走れます。・・・じゃ秋葉原に行くか。

なぜチャリでアキバに?

自転車を購入してから薄々思ってたのですが、自転車で秋葉原に行ければ交通費節約出来るよね?・・・と何とも貧乏臭いお話です。
緊急事態宣言は解除されたものの当面の間はテレワーク勤務が決まり、通勤定期券の購入はしばらく無いため定期券併用で安価に移動することが出来ません。*2

いや、別に片道数百円程度払えますが、ケチったって良いじゃない。・・・ぶっちゃけ異動直前は通勤ルートを秋葉原または秋葉原近辺を通るルート*3にしてたので、秋葉原に行くのに(定期券範疇なので)交通費0円だったりしてましたs(ry

閑話休題秋葉原に(自転車で)ダイレクトアタックせずとも乗り換え回数を減らすだけでもコスト問題は凄まじく改善*4されますが、せっかく自転車を購入したのだから1回くらいは秋葉原まで自転車で移動してみたいなぁ・・・と言うのが本音です。

あとは普段から運動せず、強いて挙げれば徒歩移動でそれなりの距離を歩くくらいしかしていない身なので、体力は衰える一方なことを考えると自転車で秋葉原に行くなんて行為は*5この数年のうちにしか出来ないと思うので・・・(白目)

行くだけなら行ける

一応2回ほどチャレンジして、うち1回は秋葉原の適当な駐輪場に自転車を止めて、リアル「チャリで来た!」をやってみました。
具体的な移動距離を綴ると現在の潜伏先詳細が割れかねないので詳細な距離数*6は自重しますが、淡々と走れば案外苦もなく到着することができます。*7

近年は自転車専用レーンも多く整備され、ある程度の認知も進んでいるのでそこまで極端な(自動車からの)嫌がらせはありませんが、自転車専用レーンを無料駐車場と勘違いしている本来運転免許を所持してはならない残念な輩が多いので、危険回避のスキルが無いうちは長距離サイクリングは避けたほうが身のためです。・・・最低限普通自動車免許・自動二輪免許などの運転免許を有して、道交法を少なくともどっかで何らかの形で見ました学びましたと言う証明書が無い限りは長距離のサイクリングは辞めておきましょう。危険回避リスク以外にも、近年の自転車マナーの悪さを考慮すると、無免許での自転車乗車は歩行者・自動車への迷惑になるだけです。

閑話休題、行けるだけなら行けますが、結局は自転車をどこに停めるかを事前に調査しておかないと詰みます。路駐で適当に停めている場合も見かけますが、愛車にイタズラされても放置したテメェが悪いの自己責任で切り捨てられるだけです。まぁ駐輪場に停めたからイタズラされないと言う保証はありませんが、少なくとも千代田区に放置自転車として回収されることは無いので、然るべき場所に停めておきましょう。

秋葉原の駐輪場は2時間までなら0円だったり、2時間以上8時間まで100円、高くても6時間150円*8で済みます。

完走した感想ですが

ぶっちゃけ先々週のタイミングでとんぼ返りで*9自転車で秋葉原行ってました。

今回は幹線道路メインで走行しましたが、都内は自転車走行レーンが完備されているので比較的自転車でも走り易いと言えば走り易い感じです。・・・日中帯なので車が多いのが難点ですが、外出自粛期間を終えて東京から郊外に、郊外から東京に移動しまくりなんでしょうかね?

距離的には・・・と言うのは潜伏先のおおよその範囲がバレてしまうので詳細は割愛しますが、前回の試走の走行距離を考慮しても(ホームセンター製安物クロスバイクでも)個人的には50kmくらいは走り切れそうな気がします。・・・まぁ、帰るまでが遠足なので片道換算で25kmくらいが行動範囲と言うか、翌日筋肉痛でぶっ倒れる大前提の限界行動範囲でしょうか。

ただ継続的に移動するかと問われるとチョット微妙なところ。交通費0円と言うか、己の体力と水分補給で摂取したドリンク代で済むと言えばそうですが、一般常識的な考えから自転車としては大変な長距離の移動となるので事故に合うリスクを考えると、往復で数百円の節約のために自転車を積極的に使うのはなんとも言えません。
また、これからの季節は気温が上がり単純に暑くなるので熱中症に注意しなければならなくなりますし、出発時は晴天でも急激な天候の変化で雨天となった場合は全身ずぶ濡れ不可避です。*10

ちなみに翌日は力尽きてました

とりあえず自転車で秋葉原に行けるから大丈夫!・・・と思いましたが、実際には自分自身の体力がよわよわでチャリでアキバに行った翌日はぐったりして一日潰れてました。
交通費を節約できるといえど、翌日1日潰れてしまうのは正直辛いものがありますね・・・。・・・身体が鍛えられて翌日も余裕になったら話は別なのかも知れませんが、現時点の体力では交通費節約してアキバに行くと言うのは悲しいことですが非現実的な状況ですね・・・。

*1:ソースはWikipedia、脚色著しいが概ねこんな感じらしい。

*2:テレワーク導入が異常に遅かったので酷いブラックかと思いましたが、導入遅延が起因か・・・と言うか、リスクを随分前から叫ばれてたにも関わらず緊急事態宣言が発令されてからテレワーク環境をノロノロ整えるとか十分酷いブラックな働き方よ・・・。

*3:結果的に秋葉原近辺を通っただけで、強い意志のもと秋葉原ルートにしたわけじゃありませんってば!!!11

*4:都心部在住の人なら一般常識で補足する必要すら無いことですが、私鉄・地下鉄と乗り継ぐと乗り継ぎ割引適用される場合はありますが、乗り換えるたびに初乗り運賃が盛られるのでね・・・。

*5:あなたの近所の秋葉原がガチで行えるエリア(JR秋葉原駅から1〜2駅くらいのエリア)なら余裕でしょうが、アキバに行くのに乗り換え必須と言うレベルの距離だと・・・。

*6:散発的に綴ってる自転車日記に綴られたフェイク込みの距離数よりも遥かに多い・・・と留めておきます。

*7:ハイギアでガンガン走り込まず、無理せずに適宜ギアを上げ下げして走行速度よりも疲れを抑えるような速度でゆっくりと・・・。

*8:確か割高なのはUDXの駐輪場、他より金額アップの時間が短く、50円ほど割高なのでブッチャケ空いてました。安かろう悪かろうではありませんが、ペットボトルのジュース1本分で済むので大した金額でも無いのでケチる要素が何一つ存在しません。

*9:走行ルート把握のための試走と、ちょうどドリンクホルダー(専門用語ではボトルゲージ)を取り付けたので落下しないかどうか確認してする目的で・・・。

*10:傘を買うと言う選択肢も無い訳では無いのですが、クロスバイクで片手運転でギアチェンジ操作とか確実に事故起こす危険運転なので自重。