Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

Surface Go2が気になったので・・・

少し前からSurface Go2が気になります。
一応、Surface Goを業務PCとしてBYOD名義で調達して使ってたので、後継機種のSurface Go2が気になります。ちなみに最新機種のSurface Go3は現役モデルで高いので興味はありません。

タブレット端末と言う観点だと手持ちにiPad Pro 11-inch(しかもまだ現行の最新M1搭載モデル)があるので、Surface Go2に手を出す理由がありません。
iPad自体にVPNクライアントが内蔵されているので私の自宅環境に接続できますし、Microsoft純正のiPadリモートデスクトップアプリが存在するので自宅環境の雑なWindows端末に繋げることが可能です。ある意味、iPadシンクライアント替わりに利用することだって不可能ではありません。*1

apps.apple.com

しかし、どうにも興味が止まりません。・・・チョットだけ、状態を見るだけだから!

今回衝動買いしたSurface Go2について

  • 入手元: じゃんぱら
  • 商品名: Surface Go 2(LTE)
  • 浪費金額: 税込み15,080円(相殺後/中古)+6,980円(中古Type Cover)+561円(インナーケース)+990円(マウス)

状態を確認したところ、本体背面に擦り傷はあるもののバッテリーがほぼ劣化無しの状態だったので、思考停止で買ってしまいました。後述の通りVAIO Pro PFと入れ替えにしたのですが、意外とVAIO Pro PFの売却金額が高かったため*2結構相殺できました。
入手個体はLTEモデルなので、SIMカードを挿せばいつでもどこでもインターネットに繋がります。
それどころか比較的最近のモデルなので、実はeSIM対応です。そのため、SIMカードを挿さずとも(eSIMの契約・手続きが済んでいれば)いつでもどこでもインターネットに繋がります。

一緒に安価なType Cover(キーボードカバー)を見つけたり、せっかくだからとインナーケースを買ったり散財を重ねていますが、まぁLTEモデルを安く買い揃えられたんじゃないかと思ったり思わなかったりします。

手放すのはVAIO Pro PF

最近は無駄にPCやらガジェットやらを買い集めてしまっているので、なにか手放そうかと思いました。
候補として真っ先に思い浮かんだのはSurface Duoだったり*3しますが、あれはWindows11 ARMを動かす土台なのでもう少し寝かせる予定です。

その次に思い立ったのがVAIO Pro PF、4月後半にかなり割高価格で入手したものの、不良と挙げられてた部品の交換部品を買ったものの実は不良が無かったりでいい印象の無い金食い虫PCです。
sylve.hatenablog.jp

令和の時代では類稀なサイズとなった11インチと小型のノートPCなので、意外と重宝していました。・・・が、バッテリー残量が50%を切るとロシアン・ルーレットで電源が落ちるので、自宅以外では使い物にならない状態になっています。
だったらバッテリーを交換すれば・・・と思いAmazon.co.jpサードパーティ製の交換バッテリーを探すものの見つからず。VAIO Pro PF自体が法人モデルと言うことから適合する部品が見つけられず、VAIO S11シリーズの部品と共通なのかも分からず放置していました。

・・・今回Surface Go2を買う、Surface Go2はフットプリントがVAIO Pro PFより小さい、性能は高いが難があるPCよりは購入時にバッテリー劣化が極めて皆無と確認したSurface Go2を使いたい・・・。

・・・買い替えた真相はそういうコトです。

VAIO Pro PFは11インチの大きさでメモリ8GBと個人的な最低ラインを超えたモデルで、一応M.2 NVMeの換装が可能に加えて、既に買った時点でボロかったので久しぶりに雑に扱えるPCとしては嫌いな機種ではありませんでした。
・・・が、まさかサードパーティ製の交換バッテリーが手に入らないと言うのは正直ツラいものがあります・・・。ならば性能は大幅に落ちますがSurface Go2を今後の雑に扱えるPCにしたほうが良いと申しますか、Surface Go2+Type Coverで800gチョットなので、iPad Proの替わりに持ち出しても良いのかも*4知れません。

そんな訳で、VAIO Pro PFとはここでお別れです。

Surface DuoからSIMカードを強奪

今回調達したSurface Go2はLTEモデルなのでSIM/eSIM対応です。
せっかくなのでSIM経由でいつでもどこでもインターネットと言うことを体感してみたいので、雑なSIMカードが欲しいところです。

一方、上記に綴った通りSurface Duo(初代)の使い勝手の悪さから、購入してまだ日が浅いのに持て余している有様です。・・・えぇ、Surface Duoのために雑なプリペイドSIMまで確保したと言うのに・・・。
sylve.hatenablog.jp

Surface Duoは使い勝手の悪さから放置気味だけどSIMカードを挿してます。
Surface Go2は手持ちの中では新進気鋭でSIMカードを挿入することができます。

( ^ω^)・・・

Surface Go2はSIMカードを手に入れた!*5

早速試していますが、なんというかいい感じです(小並感)

実は過去にSurface3のLTE版を入手して*6雑なSIMカードを利用してネットに繋げたりしていましたが、その時よりも快適にシームレスに使えている感があります。・・・まぁ、Surface3はAtomだったり上位モデルでもメモリ4GBだったりeMMCだったり、結構ひどい環境だったのでそう思うだけかもしれませんが・・・。
sylve.hatenablog.jp

とは言えどもCore m3-8100YはローエンドクラスのCPUなので過度な期待や無茶な処理は厳禁です。
しかし、外出先から公衆無線LANを利用せずとも普段利用している感覚で使えると言うのは素晴らしい限りです。・・・普段iPad Proで体感してるやろw・・・と笑われてしまいそうですが、iPhone搭載OSの派生型が搭載されているiPadでは出来て当然と思ってしまうので、単なるWindowsパソコンでそれが行えると言うのは私にとっては少々面白おかしいことです。

雑に使うPCとして長く使っていきたいところです

最近はデジタルガジェットを買っては飽きて処分して、勝手は飽きて放置してが多い印象があります。*7
そんな中で購入したSurface Go2、末永く大事に使っていきたいところです。Windows11がリリースされて1年ちょっとのタイミングなので、もう数年間はOS周りで大きな変動はないでしょうし、せめて次期Windowsがリリースされるくらいまではガッツリと使いたいところです。

ただ、Surface Go2はSurface Connectと呼ばれる実質充電端子・イヤホンジャックを除くとUSB-C端子が1つしかないので、USB-C Dockの類を確保しておきたいところです。・・・流石にUSB-C1つだけだと使い勝手がイマイチと申しますか、USB-シリアル変換アダプタがUSB-Aなのでシリアル接続の機器をこねくり回すときに不便と申しますかなんと言いますか・・・。

*1:ただしIME周りの挙動が結構怪しいので、(接続先のWindowsに)Google日本語入力などのサードパーティIMEが絡む環境とチョット微妙・・・。

*2:追加減額が発生してしまったものの、それで相殺後の金額が上記の通りです。考えてみれば割と貴重なCore i7モデルのCoffee Lake世代なので、そこそこのお値段になるわな・・・と思いつつ、予想外の金額でビックリ。

*3:思った以上に2画面スマホの使いづらさから、買ったことを後悔してますが、今後ROM書き換えで遊べることを期待しています・・・。

*4:ちなみにiPad Pro 11-inch+Magic Keyboardの組み合わせだと約1.2kgなので、意外と重たかったり・・・。

*5:試用程度でしか使ってないので、20GB/365日のSIMカードの1GBも使ってないためやりたい放題できます。

*6:当初は例のごとく「Linux入れて遊ぶんだい!」で入手したものの、当時のKernelではバッテリー残量が表示されないと言う問題から最終的にWindows10で遊んで、最終的に手放しました。

*7:直近だとLattePanda Alpha 800sが放置気味、NUC7PJYHが電気代高騰の影響で起動自粛、少し前に手に入れたRaspberry Pi 4 Bも持て余し気味で放置な有様です・・・・。