Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

独学環境を再整備する必要が出てきたのでWindows10 ProのHyper-Vを利用することにした

何やら退職記事が流行っている今日この頃ですが、私も「異動」で新たな環境に旅立つこととなりました。・・・だからと言って異動記事を綴るつもりは無いですし、Twitter辺りで吠えてた通りですが、特定されるのも怖いので詳細はボカしますが根性論だけで突き進むような感じとだけ綴っておきます。*1

・・・で、異動先で頑張るために自宅でゴニョゴニョするための環境整備が必要となりました。・・・元々その手の環境として準備していたThinkPad T440pは下記の記事の通り怪しげなチューナーを活用した録画環境として再整備してしまいましたので、はてさてどうしたものか・・・。
sylve.hatenablog.jp

無いなら無いで、新たにこの手の環境用に利用するマシンを調達すれば良いだけの話ですが、スペース上の都合でノートPCで最低4Coreでメモリ16GB以上、整備性を考えてSATAで出来ればSSD+HDDの2本積みたいとなるとジャンク系統で入手するにもなかなか難易度の高い状況で、仮に条件に合致したとしてもVMware vSphere Hypervisorが何の苦労もなく動いてくれると言う最大の難関が突破できるか・・・となると、頭を抱える有様です。・・・えぇ、別に場所があればノートPCに拘らないし、ノートPC以外を利用出来ればノートPCをサーバに使うな警察*2に襲われる危険性も無いので(!?)良いのですが・・・。

さらに、先日無意味に「Surface3をLinux入れるんだ!」・・・と訳のわからないことを叫びつつ中古でSurface3に手を出したり、衝動的にメインのMacBook Proを現行モデルに買い替えたりでお金がありません。・・・そうなると、過去に挑戦したものの色々と問題が発生して断念したWindows10 Pro搭載のHyper-V環境を利用してサーバ環境を整えるか・・・。

Hyper-Vとはなんぞや

根本的な部分としてHyper-Vとはなんぞや?と言う話ですが、私が以前利用していたVMware vSphere Hypervisorや、先日紹介したParallels Desktop Liteと同じ系統の仮想マシン環境の名称になります。

ひと目でわかるHyper-V Windows Server 2016版 (ひと目でわかるシリーズ)

ひと目でわかるHyper-V Windows Server 2016版 (ひと目でわかるシリーズ)

Hyper-VMicrosoft主導で開発が進められている仮想マシン環境で、確かPro以上のエディションで利用出来る・・・はず。*3・・・まぁ、ベースにはXenなるものが使われてて・・・とか話を広げると私の薄っぺらい知識のボロが出るのでこの辺にしておくとして、Microsoftが作ってる仮想マシンって事で許してください、何もしませんけど。

Microsoftが絡んでいるので、Windows以外のOSが動かないように思えますが、その辺は一応キチンとした仮想マシン環境なので、Linuxディストリビューションも動いてくれます。そのため、Windows10 Proを使ってるならば、Oracle Virtual BoxやVMware Playerなどのサードパーティ仮想マシン環境を準備しなくとも良かったりします。

Windows10 ProでHyper-Vを追加する場合の注意点

ここまで書くと案外楽々導入できそうですが、元々はITプロフェッショナルなガチなユーザ*4が利用するための環境なので適当に構築すると痛い目見ます。

私が躓いた部分としては、物理的なLANポートが1本しか存在しない場合、仮装ネットワークスイッチ(ハブ)に主権を握られてローカル側(Hyper-Vを動かしているWindows10 Pro側)がネットに接続出来なくなります。*5

最近知ったのですが、Hyper-Vの仮装ネットワークスイッチに割り当てられたNICHyper-V専用にされてしまうらしく、色々と端折って端的に書くと仮装ネットワークスイッチの物理的な1つのポートと言う扱いになってしまいます。・・・そのため、もう1本なんらかのLANポートまたは無線LANが存在しないと物理側が完全にネットワークから分離されてしまう・・・らしい。*6

本業のプロフェッショナルなユーザなら上手く回避出来る問題なのかも知れませんが、そもそも論としてそう言う用途で共有させんなとかあると思うので、Hyper-Vを利用するならば最近は安価で買えるUSB接続の有線LANアダプタなどを買うことを強くお勧めします。・・・下手すりゃドライバレスで導入出来ますし、個人が適当に弄ぶ環境ならUSB接続でも事足りますし・・・。*7

録画環境への影響はあるのか

今回、TS抜きチューナに繋がったマシンに仮装マシン環境を組み込んでいますが、あまりマルチに色々な環境を組み込むのはリソース的に影響出そうなのであまりやらない方が良さそう・・・ですが、今回は録画環境として無意味にメモリ16GBも無意味に積んでるし、SSDもシステム領域として480GBとか無駄に積んでるので、メモリ・SSD的には問題無い状況です。・・・まぁCPUリソースがCore i5 Haswell(2C4T)なので怪しい部分はありますが、録画するだけなら*8あまりマシンパワー喰わないので大丈夫でしょう。実際問題、サクッとHyper-V有効にしてCentOS突っ込んだけど、今のところ録画時にDropが増えたとか悪い傾向は見受けられないですし・・・。*9

・・・ただ、録画環境は録画環境として独立して存在させたかったので、チョット残念と言うか、失敗したなぁ・・・と言うか。

まぁ、最悪はSurface3と言う、非力だがWindows10が動いてくれる便利なマシンが手元にあるので、Surface3に録画環境を整えて、録画先をNASに設定すれば良いか・・・(マテ)*10

*1:色々と言いたい事はありますが、まぁ酷かったの一言で済ませましょう。

*2:特にLinuxサーバとしてノートPCを使おうとすると「民生用パソコンは24時間365日運用を前提に作られていない!」「バッテリーが爆発炎上する危険性がある!」「サーバはサーバ専用機として利用するべきだ!」と喚き散らし、袋叩きにする恐ろしい集団。業務用途でノートPCサーバとかやろうとしているのならば全面同意するのですが、個人が学習用環境として使う分にはどうでも良いと言うか、そう言う行動が個人環境としての非Windows OS普及を阻害している気がしてならない・・・。・・・まぁ、少なくともバッテリーは充電させっ放しだと劣化促進させたり無駄に孕んだり欠点が多いので取り外しておいた方が良いけど・・・。・・・例の如く今さっき私が出先でこの草稿をケンタッキーを貪りつつ書いた時に適当に思い付いたこの世の中には存在しない言葉ですけど。

*3:この辺うろ覚え。どちらかと言うとVMwareをメインで触ってたので・・・。

*4:私が本業のIT屋さんとして使うような意味合い。いえ、別に素人だろうが誰だろうが扱っても問題ないのですが・・・。

*5:NUCにHyper-V導入を諦めた原因が実はこれです・・・。

*6:無線LAN使うって手立てもありますが、私の場合はNUCを半ばファイルサーバとして利用していたので有線LANだったため、詰みました・・・。

*7:業務で使うならキチンとした環境でPCIe接続のカードを追加するんですぞ。

*8:通常の地デジチューナだと面倒毎が多くてリソース的に辛いと思いますが、そこはTS抜きとか怪しい言葉が出てくるチューナーなので・・・。

*9:この後でWindows Server 2016試用版を2環境ほど準備する予定なので、それでリソースがどうなるかが最大の問題ですが・・・。

*10:プリインストールがWindows 10 HomeなのでRDP出来ない問題がありますが、TS抜きチューナ繋げて録画するだけならマシンパワーとしては問題無さそう。・・・まぁ、思いついても実現させようとは思わないが。

PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6を衝動買いしたついでに等々力渓谷に行ってきた

先日購入したMacBook Pro(15-inch/2018)のポイントが付与されていることを思い出しました。
中古購入なので、ポイント付与は大変低いパーセンテージですが、それでも数千円分のポイントを頂いているので何か有効利用したいところです。

一時の気の迷いで新しいカメラとしてNikon D5600やHappy Hacking Keyboardなど*1思考が迷走してしまいましたが、最終的にカメラのレンズを1本購入することにしました。
ただ、ポイント消費と言えどあまり高価なレンズは購入出来ません。比較的安価なレンズで探していると手持ちのPENTAX K-30に合う標準〜望遠の使い勝手の良いレンズがあったため、18-135mmのレンズを調達してきました。

今回衝動買いしたレンズについて

  • メーカー:PENTAX
  • 型番:smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
  • 購入価格:税込11,754円(中古)

約7.5倍のズームレンズ・・・と言ったほうが分かりやすいかと思いますが、標準〜望遠の安価なレンズです。
一応、現在はTAMRON製の標準〜望遠レンズを利用していますが・・・、・・・この子はフォーカス時に激しいシーク音*2を出しましてね・・・。
sylve.hatenablog.jp

手持ちのKマウントは標準レンズとこのTAMRONレンズの2本しか所有していませんが、チョット動作音が大きすぎるので標準〜望遠域のレンズが欲しいと思っていたところ、それなりに価格が落ち着きつつある状況の上記レンズを見つけて購入した次第です。

望遠域が(TAMRONレンズと比べると)135mmと控えめなのが気になりますが、PENTAX純正で私のような未来永劫自称写真趣味の身分では充分過ぎるレンズです。

早速撮ってみたよ!

レンズを購入したその足で*3等々力渓谷にすっ飛んでいきました。

f:id:sylvester:20181216000614j:plain
とりあえず一枚、可もなく不可もなく。撮影シチュエーションの都合で上部が怪しい部分がありますが、AF働かせているときも静かで早くフォーカスが決まってくれるので、既に期待値MAX状態です。

f:id:sylvester:20181216000801j:plain
撮影場所の都合であまりボケてませんが、まぁまぁ。広角から望遠まで扱える手頃なレンズです。・・・しかも防滴構造なので多少なら、飛沫程度なら耐えられます。*4

f:id:sylvester:20181216001033j:plain
折角、雪月花に来たのに既に閉店時間・・・。・・・いえ、本日は東98系統のバスに乗ってきましてね・・・。*5

ぱらのま 2

ぱらのま 2

f:id:sylvester:20181216001339j:plain
少し戻って谷沢川看板。・・・イタズラされまくった上に風化して何が何やら状態ですが、ここでやーっとまともに背景がボケさせられる写真と言う罠。

f:id:sylvester:20181216001439j:plain
更に戻ってゴルフ橋。午後4時を過ぎて随分と暗くなってしまったのでLightroomでゴリゴリ・・・。

それはそうと、等々力渓谷で破壊活動した輩が居たのか?

久し振りに等々力渓谷に行ったわけですが、なんか・・・妙に破壊工作の痕跡が残されてたのですが・・・
f:id:sylvester:20181216001630j:plain
f:id:sylvester:20181216001644j:plain
f:id:sylvester:20181216001700j:plain
目についた箇所だけでも3箇所もある有様、2018年は何かと災害が目立った年なので、夏場の台風とかの影響なのかも知れませんが、自然の力でこうなるとは考えにくいのでチョット気になる部分です・・・。

*1:一応ブロガーなので、物書きに特化しつつMac対応のキーボードとしてHHKBを本気で買おうか悩んでたり・・・

*2:擬音で表すと「ギーッ!ギーッ!」って感じで、展望台とかで扱うには少々厳しい音量でして・・・。

*3:買う気満々で、K-30を持ち出して出掛けてたり・・・。

*4:当然、カメラ側も防滴仕様じゃ無いと意味ありませんが、K-30は防滴仕様なので問題なし!・・・いや、今までTAMRONレンズ使ってたから、防滴仕様なのに無意味だったんですけどね・・・。

*5:詳しくは下記の単行本見て欲しいのですが、東京駅から等々力駅まで疾走するバスで、東京駅で東急バスが見れる貴重な路線です。ちなみに約1.5時間の長旅でした・・・。

Surface3(Cherry Trail世代)にUbuntu18.10を載せてみた

先日の戯言に記載した通りSurface3を比較的安価に入手したので、Windows10が動いているにも関わらずLinux導入を目論み入手しました。
sylve.hatenablog.jp

Surface 3 (4G LTE + Wi-Fi) - 64GB

Surface 3 (4G LTE + Wi-Fi) - 64GB

しかし、どうやら調べて行くとSurface3・・・と言うよりは、Surface3が搭載しているCherry Trail世代のCPUでは何やらLinuxを利用するには手間な部分が存在するとともに、Surface3でLinuxを利用するにはいくつかの注意事項があるようです。

Cherry TrailとBay Trailは(Linuxを導入する上では)難のある世代らしい

Surface3で利用しているCherry Trail及び一つ前のBay Trailでは、何やらLinux導入には少し注意が必要なCPUのようです。

具体的にはUEFIに問題がありまして、BIOSからUEFIへの移行時期だったのかUEFIにも32bitと64bitの2種類が存在するようです。

これが何を意味するかと言うと、Bay Trail以降のCPUは64bit対応CPUにも関わらずUEFIが32bit版として導入されている場合があり、(UEFI 32bitだと)多くの場合Linux導入時に合わせて導入されるブートローダーが(UEFI=64bitとして扱われて)64bit向けの設定を行う故にLinuxインストールは行えるが起動が出来ない事象が発生するらしいとのこと。*1

問題の回避方法は技術力溢れる猛者により見出されており*2、また一部のLinuxディストリビューションではUEFI 32bitを搭載したマシンでも問題無く動作するよう改良されているので、一般ユーザー目線だと(多くのLinux開発者の力によって開発が進み)時間の流れと共にあまり気にせずともいい問題になりつつあります。*3

なお、Surface3に関してはUEFIは64bitのようで、特に気にすることなく心置き無くLinuxを導入することが可能な模様です。・・・えぇ、入れる「だけ」ならば・・・。*4

Surface3で動くLinuxディストリビューション選定

Surface3にLinuxを入れる「だけ」なら懸念事項はありませんが、Windowsのように通常のクライアントOSとして*5利用する場合は、Linuxカーネルのバージョンに注意する必要があります。

具体的には、Linux Kernel 4.8からSurface3のタッチパネル関連のサポートが始まり、Linux Kernel 4.10にて対応拡充が図られている模様です。

mag.osdn.jp
mag.osdn.jp

Linux Kernel 4.10自体が2017年2月19日公開なので、よっぽど保守的なディストリビューション以外は取り込まれているとは思いますが、一応利用しようと考えているディストリビューションLinux Kernelが何を利用しているか確認しておく必要があります。

・・・何が言いたいかと言うと、私が比較的扱い慣れているCentOSは、ベースとしているRed Hat Enterprise Linuxが利用しているLinux Kernelの情報を見れば察して貰えると思います・・・。*6

Red Hat Enterprise Linux のリリース日と収録カーネルの一覧 - Red Hat Customer Portal

(個人的に扱い慣れているCentOSがKernel的に厳しいとなると)下手に選定であれこれ悩むのも馬鹿らしいので、安直な選定ではありますが、利用ユーザーが多い=情報も豊富なUbuntuを導入してしまおうと思います。
Homepage | Ubuntu Japanese Team

Ubuntuの場合、16.10でLinux Kernel 4.8、17.04でLinux Kernel 4.10を採用しているのでLinux Kernelが古くてSurface3で使えないと言うことは無いと思われますし、サポート創成期に様々な知見が蓄積されているので、調べるにも情報が多いと言う利点があります。・・・ただ、近年は(CPUパワー的な意味で)重量級ディストリビューションになりつつある状況なので、もしかするとSurface3では少々スペック不足に陥る可能性もあります。

そうなると、Ubuntu派生ディストリビューションLinux Mint辺りを使うと幸せになるのかも知れませんね・・・。*7
https://linuxmint.com

Linux Mint 19: Desktops and Administration

Linux Mint 19: Desktops and Administration

閑話休題、今回はSurface3でLinuxを扱ってみたいと言う理由から、Ubuntu 18.10を利用して行こうと思います。全体的に重量級ディストリビューションと化していますし、末永く利用するなら一つ前のUbuntu 18.04が長期サポートのLTS版を使えば良いんでしょうが、まだまだSurface3でLinuxを動かすにはLinux Kernelを始めとした様々なコンポーネントのバージョンは新しい方が良いと思うので、あえてUbuntu 18.10を採用してみます。

Ubuntu 18.10 on Surface3での問題事項

Ubuntu 18.10をSurface3に導入して*8ゴニョゴニョとこねくり回していますが、案の定問題がチラホラ・・・と言うか、Ubuntu 18.04の導入記事で挙げられている問題のうち、いくつかはUbuntu 18.10でも発生しました。
terurou.hateblo.jp

具体的には、Wi-Fiが最初は使えているが利用途中で切断され、再接続が行えなくなる事象がUbuntu 18.10でも引き続き発生していました。*9

Wi-Fiの対処方法は明記されているものの、具体的にどのパラメータ設定が悪いのかは不明とのことなのでUbuntu 18.10環境で少し調べてみると、Wi-Fiパワーマネージメントの設定が元凶っぽい雰囲気。

Linux Mint 18.1でWi-Fiの省電力機構を無効化する - afnf.net

Ubuntu 18.10 on Surface3では上記サイトに記載されたWi-Fiパワーマネージメント無効化設定を施すと安定して使えている・・・と思う。*10

sudo vim /etc/NetworkManager/conf.d/default-wifi-powersave-on.conf
wifi.powersave = 2

その他、目につく問題

とりあえず、私が常用しても良いかな?と妥協出来る環境が整いましたが、すべての問題が解消された訳ではなかったり・・・。

  • 起動が非常に遅い。
    • LVM有効状態でUbuntu 18.10をインストールしたが、起動が妙に遅い。簡単に調べるとSurface3に限らず発生する事象らしい。
    • 対処方法はネット上に転がっているが、掲載されている記事と前提条件が異なるようなので私の中で同一事象か否かの判断付かず。*11
    • もしかして、単純にSurface3のeMMCが遅いだけの可能性もある?待ってれば起動するが、スペック不足以外の要因なら改善したい部分です。
  • 起動時にコンソール画面とスプラッシュ画面(Ubuntuロゴの起動画像)が高速切り替わり表示(点滅)する場合がある。
    • 1回だけ発生したが、起動時にUbuntuの起動スプラッシュ画面が超高速で切り替わり表示した。
    • 再現性が無いので調査しようが無いが、非常に気になる問題ですorz
  • バッテリー残量が表示されない。
    • Surface3のバッテリー周りのサポートが不十分なのか、バッテリー残量が全く表示されません。コマンドラインから「upower --enumerate」と叩いてもバッテリー関連の情報が表示されず。*12
    • 自宅内利用限定マシンですし、電源のmicroUSBケーブル外しても動いてくれるので現時点での用途で問題は無いが、バッテリー残量が不明と言うのはある種のバッテリー残量ロシアンルーレット状態なので改善出来るなら改善したい部分・・・。

贅沢を言うならばTwitterクライアントがあると個人的に幸せなんですが、サードパーティ排除に躍起になっているTwitterの動きを見るに、Linux使ってるならWeb版使えと強要されてる感があるので妥協しましょう。*13

環境は作った、どう活用しよう?

とりあえずは利用出来るだけの環境は整えたものの、残念ながら私はITインフラ屋であり、個人的興味からLinux環境を整えたもののソフトウェアのエンジニアでは無いのでクライアントOSとしてLinuxを使う意味はほぼありません。PHPやら何やらのフレームワークで開発を行う訳でも無いので、正直持て余す環境です。*14

そうなると、果たしてUbuntu18.10 on Surface3の環境をどのように有効利用していくべきか・・・。現在はGoogle Chromeを突っ込んでMacBookと同様にWeb閲覧は不自由なく行え、Simplenoteのクライアントがあったので戯言日記の草稿執筆も可能な状況ですが、はてさてどう活用していこうかしらね・・・。

・・・せめてバッテリー残量が確認出来るならiPad Pro/iPad miniに続く出先携帯用PCとして活用するのですが・・・。*15

*1:蓄積された情報を斜め読みしてざっくばらんに認識した結果なので、厳密な技術的観点からすると誤った認識なのかも知れませんが、UEFIに32bitと64bitの2種類があると言うのは確実な様子です。

*2:具体的にはUEFI 32bit向けの定義を差し替え・ねじ込むことで起動可能。

*3:Linuxを動かすのに枯れたハードウェア構成の方が良いと呼ばれる例かもしれませんね。最新のハードウェアで動かすには思っている以上の技術力が求められるので、猛者によって方法が確率されKernelに取り込まれていると私のようなど素人でもなんとかなります。

*4:なお、Cherry Trail世代でも32bit UEFIを採用しているモデルもあるらしいのでCherry Trailだから大丈夫・・・と言う訳では無い模様。しかも何をどのように見ればUEFIが32bitなのか64bitなのかは今の私の知見では判断出来ないので何をどうしたらいいのやら・・・。

*5:もう少し具体的に綴ると、ブラウザで適当にネットが見れて、メールくらいは見れて、TwitterなどのSNSが利用できるような状態。

*6:どうしてもRHEL系統を利用したければFedoraと言う選択肢があります。一応最新のFedoraなら新しいKernelを採用しているのでSurface3で問題なく扱えると思いますが・・・

*7:但し、Ubuntu 18.04ベースなのでまだまだ最新と言うかLTS版でサポート期間が長いと言えど18.10と比べるとチョット古い。

*8:その前に一応Ubuntu 18.10自体を仮想マシンで動作させて予習をしていますが・・・

*9:上記で紹介したサイトではサウンドバイスの問題も挙げられていますが、こちらはUbuntu 18.10では発生していないっぽい。

*10:今の所、Wi-Fiが切断されて再起動しないと再接続出来ない事象は発生していません。

*11:記事では「このような設定が入っているよ!」と書かれていますが、入っているはずの設定が根本的に異なるんですよね・・・。見間違いか、別の問題か・・・。

*12:出てくるのはline_power_ADP1(恐らくAC電源)とDisplayDeviceの2つ、両方とも詳細情報を表示させてもバッテリーに関する情報は出てきませんでした。

*13:ちなみに、草稿書き溜めに利用しているSimplenoteはLinux版クライアントがあるので、本当Twitterクライアントさえあれば常用しても良い環境なんですが・・・。

*14:つーか、ぶっちゃけWindows Serverエンジニアであり、OSの上に乗っかるミドルをゴニョゴニョすることが多いので、UNIX/Linux系統のエンジニアですら無いと。・・・いや、まぁ、Solaris触るしRHEL触るけどさ。

*15:iPad Proは大きすぎるがiPad miniだと小さすぎると言う場合にピッタリ!・・・と言うか、別にそこまでして無理して持ち出さなくても良いんですけどね。