Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

デ・ジ・キャラットのコラボレーションカフェに行ってきた(`・ω・´)

秋葉原を訪問される方なら一度は目にしたことがあるであろうオタクショップのゲーマーズのマスコットキャラクター、その名はデ・ジ・キャラット*1
今でこそショップのマスコットに収まっていますが、過去には深夜アニメから始まり、学生の長期連休(夏・冬・春休み)に合わせて散発的に単発アニメが放送されたり、ゲームになったり、気付けば劇場版が制作されてたり、ドラマCDなんかが作られちゃったりキャラクターソングが作られて横浜アリーナでライブやってたり、結構イケイケなコンテンツだったりします。*2

閑話休題、そんなデ・ジ・キャラットが発表されてから20周年とのことで、コラボレーションカフェを展開すると小耳を挟み、予約の上で(コラボカフェに)行ってきました。
www.broccoli.co.jp

そもそもデ・ジ・キャラットとは何か?

近頃の若い子は知らないかも知れませんが、デ・ジ・キャラットは2000年前後に(一部のオタクに)流行した今で言うところの萌えコンテンツです。
話が長くなるどころか、私自身が元々デ・ジ・キャラットのイラストサイトを運営してた身なので*3ドン引きレベルでアレコレ言い出すのが容易に想像出来るため細かい話は自重するとしますが、ある意味私が人生の道を誤った根本原因のコンテンツです。

一応ザックリと主要キャラクターを綴っておくと、猫耳帽子メイド服がデ・ジ・キャラット(通称でじこ/宇宙人)、トラ猫耳帽子ワンピースがプ・チ・キャラット(通称ぷちこ/宇宙人)、うさ耳がうさだヒカル(ラ・ビ・アン・ローズ/地球人)、パンダ娘がピョコラ・アナローグ・三世(通称ぴよこ/宇宙人)です。ちなみにセットで書かれることのある黄色い丸い物体はでじこの下僕のゲマ、今時の子だとラブラインサンシャインのリトルデーモン(の装飾なし)と呼んだ方が分かりやすいのかも知れません。*4

ザックリとした設定はあるものの、アニメや作品毎に*5細かな設定が色々とある割とフリーダム設定ですが、概ねでじこぷちこが地球に修行名目でゲーマーズで働いてる・・・と言うのがザックリとした共通の設定です。

今でこそアニメ作品が作られた後に、謎のキャラソンが作られ、アイドルグループさながらの声優グループが登場するまでが一連の流れとなっていますが、デ・ジ・キャラットは2000年前後の時代に同様の取り組みを行い、繰り返しライブを実施していました。*6

時代の流れとともに一時期の熱狂は冷めてしまいましたが、それでもマスコットキャラクターとしては活動を続け、自ら「おっさんホイホイ」と自虐に走りつつもオタクの心を掴み続け、現在に至ります。

そんなコラボカフェに行って来ました

抑えめに綴りつつもアレコレ綴ってしまいましたが、そんなデ・ジ・キャラットコラボカフェに行ってきました。
カフェ自体は普通なのですが、会場となっているCafe ASANさんは比較的コラボカフェを展開されているようです。ノマドにも優しい電源・Free Wi-Fi完備とのコトなので、アニメコラボを実施していない場合にも個人的に訪問してみたいカフェです。

コラボカフェ期間中は要予約とのコトですが、状況次第では予約無しでも入店可能らしい・・・。・・・実はTwitter上でフォロワーさんが続々訪問してて「ぐぬぬ・・・」となってたのは公然の秘密です。*7

入店し、予約の旨を伝えて座席に着くと、コラボメニューが・・・。
f:id:sylvester:20180218140307j:plain

いずれも往年コンテンツを楽しんでた身からすると反応せざるを得ないキーワードが並んでおりワクワクテカテカします。

f:id:sylvester:20180218144258j:plain
選択したのはD.U.P.三者三様プラスαスフレホットケーキ+ドリンクのセット、美味しゅうございました。まぁ、約2,000円なので懐的にはチョット厳しいのですが、モノ自体はCafe ASANさんで通常提供されているスフレホットケーキなので美味しゅうございます。*8

f:id:sylvester:20180218140850j:plain
コラボカフェ期間の特典としてブロマイドが貰えるのですが、でじこと(立場上はぴよこの部下の位置付けとなる)クウ・エアハルトさんでした。

店内ではデ・ジ・キャラット系の楽曲が流れており、スフレホットケーキを待つ間に「これ懐かしい!」、スフレホットケーキを食べつつ「うおおおぉぉぉ!」、飲み物飲みつつ「ライブバージョンか!!!11」*9と非常に楽しめる空間となっております。タマラン、タマランぞー、クリーンヒット世代の人にはこれはタマラン空間だぞー!

あと、コミュニケーションノートも置かれてたのですが、皆さんステキ絵ばかり描かれてて驚きと申しますか、もはや私には画力が無いので俺様参上と綴りたくても何も描けなくて悔しいと申しますか、フォロワーさんを見つけて*10ニヤニヤしてみたりと申しますか、見てて楽しいですなぁ・・・。

色々な感情が出てきて上手く綴れないが良かった

懐かしいこととか、こう言うのあったとか、オタクとしては純粋に良い感情が頭をめぐり何をどう戯言日記に残せば良いのかがよく分かりませんが、コラボカフェ良かったです。

Cafe ASANさんの雰囲気から、あまりコラボカフェっぽい感じは(店内BGM以外は)薄かったのですが、個人的にはこのくらいの雰囲気*11がちょうどいい気がするので、今回のコラボカフェを楽しむことが出来ました。

ただ、デ・ジ・キャラット20周年と言う長い間に、私はデジタルガジェット系のオタクとして秋葉原を闊歩するようになり、原点となるデ・ジ・キャラット(と言うかアニメ・マンガ系統)に対してはご無沙汰気味となってしまっているので、20周年を期に、少しはゲーマーズに足を運んででじこ様に貢いで行かなければ・・・・とチョット思ったり思わなかったり。

今後、25周年・30周年と長きに渡ってデ・ジ・キャラットと言う作品が続くことを祈りつつ、どのようにまとめれば良いのか分からなくなったので今日の戯言日記はこれで締めようと思います。

*1:作品名であり、猫耳帽子のキャラクターの名前、数年前までは駅前にデッカイ看板が設置されてたので、キャラクター名はともかく(なんか以下にも萌えーってキャラの看板があったなーと)まだ記憶されてる方も多いかも・・・。

*2:戯言日記を綴るに辺り思い返してみると、デ・ジ・キャラットは結構幅広く展開してたんですねぇ・・・。

*3:なお、その頃は別の名前(ハンドルネーム)で活動してたので、いくら「シルベスタ岡崎」で探しても出てこない・・・はず。

*4:ゲマかな?と思いつつ調べてみると、どうやら本当にゲマらしいですね、ラブライブサンシャインのリトルデーモンって・・・。

*5:深夜アニメ・TBS版・ゲーム版は若干の差で済んでいますが、同じアニメ版でも深夜アニメ・TBS版とテレ東版では結構な差が発生してたり・・・。

*6:驚くことに、女性声優グループに限らず、(細かく綴ると話が拗れるので「男性」と括ってしまいますが)男性声優グループも構成され、男性にも女性にも媚び・・・ウケる作品となっていました。

*7:あの人も、この人も、その人も!?と言うレベルで訪問してて、でも私は予約組なので我慢しつつも私もお先に行きたいような・・・と悶々としてたり。

*8:いえ、この手のコラボ系では「このクオリティで大金取るの!?」と言う系統が多いのですが、ドリンク+特典のブロマイドを考慮すると(原価厨的な思考回路はアレゲですが)結構妥当な価格と思えます。

*9:確かOnly one No.1がライブバージョンで流れてた気がします。

*10:誰とは言えませんが、ワタシ見つけましたわ!

*11:好きな方も居るのであまり悪く言うのもアレですが、コッテコテにこれでもかって次元でキャラクターを盛って飾ってアピールしたコラボカフェは少々苦手です・・・。

BOSE SoundSport Freeを数日使った雑感を殴り書きする

先日購入したBOSE SoundSport Freeですが、通勤で利用したり、帰省時に利用したり、休日に利用したりとすっかりメインで利用している状況です。
利用し始めて1週間チョットと短い期間ですが、ザックバランにBOSE SoundSport Free・・・と言うよりかは完全ワイヤレスなイヤホンの雑感を綴っておこうと思います。
sylve.hatenablog.jp

雑感を綴るまでの利用シチュエーションについて

購入して1週間チョット、それなりに利用してきましたが主な利用状況は以下の通りです。

  • 通勤時のお供として
    • 朝夕の通勤ラッシュ時間帯での使用感
  • 終業後の寄り道で秋葉原近辺訪問のお供として
  • 休日の移動のお供として
  • 帰省時の移動時のお供として

都内在住なので、世間様同様に超満員の通勤電車を利用しています。その為、Bluetooth接続の機器が(超満員=多くのスマートフォンに囲まれて)様々な電波が飛び交う状況下で*1問題無く利用できるか否か・・・を通勤電車に乗車するだけで試すことが出来ます(白目)

通勤のお供だけですと(都内在住なので長くても1時間チョットの通勤時間なので)バッテリー駆動時間的に問題ないかはあまり確認し難いので、仕事帰りに無理矢理秋葉原に寄り道して長時間利用した場合にどうなのか、ある程度のベンチマーク的なことを実施してみました。・・・まぁ、それが起因でXperia Z5 Compactを買うことになるt・・・おっとゲフンゲフン。*2
sylve.hatenablog.jp

その他、3連休に帰省したり、休日に利用したりで平日の通勤以外のタイミングで(主にバッテリー面で)問題無く利用出来たか否かを確認してみたのでザックリと綴っていきます。

平日通勤時に問題が発生したか否か

基本的に、自宅を出てから職場に到着するまで(帰りはその逆で職場から自宅に到着するまで)の片道約1時間チョットの間、音楽を聴くために利用してきましたが、接続面で大きな問題が発生していません。
朝夕の通勤ラッシュの時間帯で、少しずつこの手のBluetoothなワイヤレス機器が浸透しつつある状況下ですが、切断されたり、片系統だけ途切れたりの問題は発生しませんでした。・・・極めて稀に片系統だけが瞬断することが数回発生していますが、全く接続出来ないと言う状況は発生していません。*3

電波障害的な問題面以外ですと、今まで利用してきたIE80のようなカナル型ほどの密閉性が無いので、外部からの騒音がよく聞こえてしまいます。安全面では大変良いことですが、IE80を利用していた頃ほどの遮音性は無いのでノイズキャンセル搭載の製品を買ったほうが良かったかも・・・と後悔することはあります。*4

仕事終わりの寄り道でバッテリーが尽きることは無かったか否か

仕事帰りに秋葉原に寄り道してアレが欲しいこれが欲しい(よっしゃ!買ったで!)と見て回る事が頻繁にあり、そうなると職場を出てから家に着くまで3時間近い寄り道*5をすることがありますが、約3時間利用した状態でBOSE Connectと呼ばれるユーティリティ経由でバッテリー残量を確認すると、約70%の表示・・・。製品仕様では約5時間と聴いていたので、もっと減っているものと思っておりましたが、意外と残量が残っててチョットビックリしています。

果たしてこの表示を信用しても良いのか否か・・・、この表示を鵜呑みにすると1回の充電で5時間以上持ち堪えることになるので一体どうしたものか・・・と思いつつ、少なくとも仕事帰りの寄り道程度ではバッテリーが尽きることは無いので、私の利用用途では問題無さそう・・・と言うのがわかりました。

また、寄り道で秋葉原・・・と言う事は、商品購入時に店員に言われたことですが「秋葉原のような人が密集する場所ではBluetoothは安定せず、途切れたり切断したり問題が発生することがある」と警告を受けましたが、少なくとも秋葉原訪問している間にトラブルは発生しませんでした。平日夜と言う条件が有利に働いたのか、はたまた運良く混雑時に切断されなかったのか、真相は不明ですが店員曰く秋葉原と言う特殊な立地でも問題無く利用出来たので、SoundSport Freeに関してはあまり気にせず多少混雑した場所でも利用することは可能なようです。*6

唯一長時間利用で気になった点は、SoundSport Freeを装着していると少々耳が痛くなってくると申しますか、本体重量が耳の下部に集中してしまう関係か、単純に密着感を強める目的でLサイズの(大きめの)イヤーピースに交換*7しているのが原因か分かりませんが、耳の穴の下部が痛くなることがあります。・・・個人的にはMサイズとLサイズの中間くらいのサイズが欲しいところなんですが・・・BOSEさん、サイズ拡充してくれませんかね・・・。

休日や帰省時の移動のお供として

2月の3連休に(散財しましたし、暇ですし、娯楽が無いと言うのは言い過ぎですが典型的な)田舎に帰省したので、その差異に利用してみましたが、幸か不幸か東京都のお隣千葉県の田舎なので移動時間は短く(寄り道して通常より時間は掛かったものの)2時間チョットで移動が完了してしまいましたので、バッテリー面では問題が発生するかどうかは十分把握すること出来ませんでした。

とは言え、通常利用する分には問題無い上、一応ヘッドセットとして利用出来るため音楽を聴いている途中で電話を受けても、そのまま受け答えすることが可能です。
その際、口元からイヤホンまで距離はあるものの特に問題無く会話することが可能です。ただ、ヘッドセットとして利用している場合はモノラルとなり、右側からしか聴くことが利用出来ないので「左側から音が聞こえねええ!!!11」と一瞬驚きました・・・。*8

唯一欠点と思えたのは、Bluetooth接続専用故に接続される機器が限定される為、汎用的にイヤホンを利用することが出来ないため、実家側の作業環境PCと接続することが出来ませんでした・・・。

バッテリー駆動時間は大体5時間でした

私がSoundSport Freeを購入した理由として、バッテリー駆動時間の長さを挙げていますが、幸か不幸か今日バッテリーが尽きるまで使い続ける機会がありました。
通院等で午前11時頃にバッテリー残量100%で音楽再生開始、ずっと秋葉原を巡り続け、途中お昼で久し振りにケンタッキーでお肉を貪りつつ、戯言日記の草稿をボチボチ綴り、再び秋葉原に繰り出して、謎袋の類に手を出しかけつつ午後3時半過ぎに秋葉原を離れ、途中寄り道しつつ帰りの電車でバッテリーが尽きました。

厳密には「バッテリーロー、充電して下さい」と言うアラートに従い充電しましたが、実際にはもう少し再生し続けることは出来そうな雰囲気でした。・・・ちなみにバッテリーローのアラートが発生したのが大体午後4時過ぎ、大体5時間くらいのバッテリー駆動時間でした。・・・おぉ、メーカー公表値に近い数字が出てきた・・・。

ワイヤレスイヤホンは良いぞー

今までワイヤレスは色々と難癖を付けて避けてきましたが、使ってみれば意外と悪くないものです。勿論、音質を最重要視するような人は(ワイヤレスは)選択肢に挙げることさえ憚れるような禁忌と思われますが、そうでは無い多くの人々にとっては煩わしいケーブルから開放される素晴らしい商品なので、機会があれば(今利用しているイヤホンが不調となったら)ワイヤレスイヤホンの導入を検討してみると良いかも知れません。・・・と言うか、少なくとも私はこの経験から、(SoundSport Freeに限定せず)ワイヤレスイヤホン良いぞーと興味がある方に布教して行こうかと思っています。

・・・まぁ、この戯言で綴ってるので本来はSoundSport Freeを薦めるべきなんでしょうが、如何せん中古以外では価格の問題があるので、バッテリー駆動時間の短さはあるものの他の商品(価格が熟れてきたONKYO W800BT辺りとか)をオススメしちゃうと思いますが・・・。

*1:スマートフォン1台があるだけで、無線LANBluetoothと接続できそうな機器へ接続を試みるべく意外と電波をユンユンとドバドバ出してたりするので、競合やら電波障害やらが発生しても不思議では無い状況です。・・・普段は意識しないコトですし、利用者が明示的にBlueooth切ってたりするかも知れませんが、考えてみれば満員電車の電波状況って結構アレゲなんですよね・・・。

*2:記事にも綴っておりますが、SIMフリー機が思ったより安かったのでつい・・・

*3:突如一瞬だけ右側だけが途切れたり、右から左へパンを降るかのように瞬断したり不思議なことが発生しましたが、再現性も無く、混信が原因なのか他の要因なのかよく分かりません・・・。

*4:IE80+COMPLYのイヤーチップの組み合わせが優秀で遮音性が高かったのかと言うと、それほど遮音性があった訳ではありませんが、それでもある程度ノイジーな騒音を遮断してくれるので割と重宝していました。

*5:午後6時に早々と職場を出たとすると、午後9時に帰宅するレベルなので、何やってるんだ・・・と突っ込まれそうですが、夜遅くまで開いてるヨドバシカメラと言う魔境が秋葉原にありましてな。

*6:これがイベント会場や電話回線の輻輳上等なコミケの類の会場の場合はどうなるかは知りませんが、通常の利用シチュエーションで問題が発生することは無いかも・・・。

*7:右耳がMサイズだと少し小さくて音の定位置がズレてしまい右側だけ変に聞こえることがあるので、大きめのLサイズにしたのですが・・・

*8:いや、説明書を見ろと言われればそれまでなんですが・・・。

ROM焼き焼きが楽しめるらしいのでXperia Z5 Compactを手に入れた

仕事をしつつサボりつつ*1Webを見ているとLineage OSの対象デバイスXperiaシリーズで動きがあり、どうやらXperia Z/Z Tablet/Z3+/Z4 Tablet/Z5/Z5 Compactと多くのデバイスが追加されました。*2
juggly.cn

ただ、対象機種は増えているものの手持ちのXperia Z1f(Z1 Compact)は相変わらず動作対象には含まれず無念です・・・が、そうかZ4以降も動作対象となったのか・・・と感心しておりました。

場所は代わり仕事帰りの秋葉原イオシス、海外版のXperia Z5 Compactが1.8万~*3と格安となっております。・・・SIMフリー機でSONY製でZ5Cが1.8万なら悪くは無い。

f:id:sylvester:20180215210607j:plain
f:id:sylvester:20180215211004j:plain

・・・思わず衝動買いに至ったのはいつものことですし、こういうことをするからお金が貯まらないのは自覚しているのですが・・・、・・・この子007モデルだったのか・・・。

今回衝動買いしたXperia Z5 Compactについて

  • メーカー:SONY
  • 型番:Xperia Z5 Compact(E5823)
  • 購入価格:税込み21,800円(中古)+898円(アクセサリー)

海外版Xperia Z5 Compactです。・・・意図せず007モデルのようですが、中身は至って普通のモデルでした。国内SIMロック版と比べ、おサイフケータイ非対応・ワンセグ非対応・周波数帯域未最適と言う有様ですが、SONY製プリインストールアプリ以外の余分なアプリは含まれていないので格安SIMを挿して利用する場合には最適な機種です。・・・まぁ、LTE Band1/3しか受信出来ないので、東名阪以外は格安SIM挿しても厳しいかも知れませんが・・・。*4

中古個体で入手したので、それ相応の傷は見受けられますが、電源ボタンのマーキングが消えかけている以外の問題は無く、幸いROM書き換えなどを行った痕跡も無さそうなので、それなりの個体をゲット出来ました。・・・まぁ、SIM挿さない予定なので買う意味があったのかと言うと相当微妙ですけど。*5

同時購入のアクセサリーについて

本当は買ったその日にアクセサリーを調達したかったのですが、旧機種故に在庫状況が芳しくないのでAmazonで以下のアクセサリーを発注しています。

ガラスフィルムもケースも価格最優先+Amazonプライム対応で発送が早い商品を選択しました・・・が、旧機種向けと言うこともあり非常に安価に揃えることが出来ました。

ケースもフィルムも安かろう悪かろうと思っていましたが普通の商品で、更にハードケースに至っては約500円なのに2つもケースが付いてきました。*6

Lineage OSを突っ込もうと思いつつ懸念事項が1点

通常、メーカー標準ROM以外のデータを書き込もうとすると、ブートローダーのアンロックやら何やら*7面倒くさいことが必要となるのですが、その過程でDRMが失われてしまうとのことです。
DRMが失われると何が問題なのかと言うと、大雑把に言うとXperiaのカメラのノイズキャンセルが無効化されて写真が見るに耐えられない有様となったり、Xperiaでは割と標準設定されているX-Reality for mobileなどの高画質モードが利用出来なくなったり、早い話がLineage OSの利用を辞めても元の機能が利用出来なくなってしまうことがあるとのことです。

androplus.org

勿論、世の中のギークな方々があの手この手で復元させたり、回避させたり対策を考えているようですが、元に戻そうとしてもDRMが失われて元に戻せないという状況になってしまうと悲しいので、ROM書き換えについてはもう少々情報収集を行った上でチャレンジしようと思っています。*8

また無駄にガジェットが増えてきたので処分しないと・・・

見境無くガジェットを手に入れている感があり、いい加減にXperia Z1f/Nexus5を処分しなければ・・・とか思ったり思わなかったり。
パソコンと異なりスマホの類は小さく嵩張らないので、気付くと前回捨てそびれたHTC J ONEやらXperia AX*9やらがジャンクボックスの中に残ってたり、意外と溜まってしまっているものです・・・。新しくものを購入したのなら手持ちのものを処分するようにしないと酷いことになりそうなので、大枚叩いて1台無駄にスマートフォンを購入したので、不要のスマホを処分したいところです。

それはそうとストレージ強化しました

近い将来、Xperia Z5 CompactのROM書き換え・・・と言うかDRMバックアップやら何やらの悪行を行うと思われるので、こっそりThinkPad T440sのストレージを強化しました。

・・・えぇ、数か月前に色々あって持て余してたM.2 SATA接続のSSDを改めてT440sに追加して、データ専用ストレージとして*10再構成しました。

データ用としては少ない120GBと言う容量ですが、データ保存領域があればThinkPad X201sを利用してた頃のように(何でもかんでもシステム領域として利用しているSSDの)領域を食いつぶすようなことにはならないと思うので良いでしょう・・・。

*1:仕事しろ仕事ってツッコミは不要ですよ。

*2:リンク先の記事ではXperia Z3+までしか記載されていませんが、LineageOSのサイトを見るとXperia Z5系統も明記されています。

*3:何かの見間違いかと思いましたが、状態が悪いランクが1.8万からだったので悪い癖が出てしまいました。

*4:もしかするとBand28が受信出来るかも知れませんが、プラチナバンドが掴めないので電波状況は厳しいと思われます・・・。

*5:無駄金払ってヨドバシ480円SIM辺りを突き刺しても良いのかもしれません。

*6:何やらサービスとかメッセージカードが入っていましたが、ケースは早々壊れたりしないと思うのでイラナイ気が・・・と思いつつ、安かろう悪かろうで簡単に壊れちゃったりするんでしょうか?

*7:ブートローダーアンロックが何ぞ?と言うのは、話が脱線どころか下手するとそれだけで1本戯言日記の記事が書けるので割愛しますが、スマホの場合は面倒な手順を踏まないとROM書き換えが行なえません。

*8:ギリギリまだアップデートが配信されたりしているので、半年後くらいにROM書き換えをやろうかなぁ・・・と。

*9:痕跡から、どうやらXperia x 初音ミクのキャンペーン時期にXperia限定コンテンツをダウンロードしようと思ったが当時利用してた海外版Xperia Z5 Premiumでは(海外版故に)非対応と言う扱いだったから買った・・・ような雰囲気でした。

*10:当初、システムディスクに設定したところ、不意のタイミングでシステムファイルがぶっ壊れてWindowsが上がらなくなってしまったので、システムディスクとしては使えず・・・。