Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

iPhone SEを壊してしまった・・・のでiPad mini4を調達してきた

2018年7月中旬に購入し、世間様では最近販売終了となり何やら人気小爆発しているらしいiPhone SEですが、ディスプレイにホワイトスポットが発生してしまったので、改めてディスプレイ交換を行おうと分解していました。
sylve.hatenablog.jp

・・・腰を痛めた状態で非常に痛い思いをしつつ交換したのが原因なんでしょうね、なにやらショートさせてしまったのか交換したディスプレイも交換前のディスプレイも点灯せず、早い話がトドメをさしてしまったようですorz

壊してしまったのは仕方ないのでSIMの事を考えよう

壊してしまったのもは仕方がないので、iPhone SEで利用してたSIMをどうするか考えることとします。
iPhone SEはほぼポケモンGO専用として利用していたので、プリペイドSIMであるIIJ mioを利用していました。7月中旬に開通、3ヶ月2GBの条件で利用なので10月末が使用期限です。一見すると、このまま期限切れ・・・なんですが、延長用に追加クーポンを調達し、適用させた直後なので*1無駄にデータ残量が残って期限も当分先と言う状況です。

IIJmioプリペイドパック nanoSIM IM-B215

IIJmioプリペイドパック nanoSIM IM-B215

/(^o^)\

なんとなくiPad miniが目に入る・・・(あっ・・・)

iPhone SEを破壊して2日後、腰痛とは別の通院で秋葉原に向かった今日、大体的に修理するか、SIMアンロックされた適当なiPhone SEを調達するか考えていると・・・、・・・iPad mini4が目に入りました。

いえ、私はiPad Pro 12.9inchユーザでして、ちっちゃいiPadは要らないのです。・・・ですが、自宅にあるNexus9がLineage OSをねじ込んで延命しているものの、レスポンスが著しく酷くて常用するのが厳しくなってきました。・・・単純に個体差なのかも知れませんが、チョット常用するには厳しい状況となってきましたorz

iPhone SEを壊してSIMが余り、自宅にある寝床タブレットのNexus9がレスポンス低下中、そして目の前にdocomo仕様と言えどCellular版のiPad mini4・・・。

f:id:sylvester:20181020164954j:plain

てへぺろ(・ω<)

今回衝動買いしたiPad mini4について

  • メーカー:Apple
  • 品番:iPad mini4 Cellular 32GB(MNWE2J/A)
  • 購入価格:税込31,800円(中古)

本体のみと普段よりも程度は悪い・・・んですが、意外にも傷は少なく良いものを手に入れることが出来ました。
世代で言うとiPad Air2と同じくらいなので随分と古めかしいモデルになります・・・が、miniシリーズは現時点でも後継モデルが出ていないため現行最新機種です。ドヤ顔で自慢出来ますよ!

入手した個体はdocomo仕様のSIMロックモデル、国内の腐ったカルテル*2が原因でSIMロック解除が実施不能なため、現状docomo系のMVNO回線しか使えません・・・が、幸いIIJ mioプリペイドdocomo系のMVNO回線なのでセーフです。

せっかく比較的いい状態の個体を入手したので、ケースやら何やらを調達してきましたが、液晶フィルムとケースは秋葉原で転がってる適当な安物・・・。しかし、お風呂の蓋は純正品が欲しいので・・・

Apple iPad mini 4 スマートカバー/ミッドナイトブルー/MKLX2FE/A

Apple iPad mini 4 スマートカバー/ミッドナイトブルー/MKLX2FE/A

奮発して純正品買いました。お風呂の蓋(スマートカバー)で5,000円はぶっ飛びました。ケースとガラスフィルム合わせて2,000円チョットなのにお風呂の蓋に予算振りまくりました。YATTAZE!*3

初代iPad mini以来のminiシリーズ、良いね!

過去に初代iPad miniを使ってたので、久しぶりに7.9型サイズのiPadに触れました・・・が、この可搬性に優れた筐体は素晴らしいものです。
・・・いえ、普段がiPad Pro 12.9inchと巨大なiPadを使っているので小型iPadすばらしい・・・と思うだけだと思いますが、片手で十分持てる重量というのは本当素晴らしいものです。素晴らしいとしか言えない!(iPad Pro 12.9-inchの半分なので・・・)

もちろん、陳腐化が進んでいるので私がメインで利用しているiPad Proと比べると絶対的な性能は低いですし、(Proシリーズで備わっている)Smart Connectorも無い、大きさ以外は見劣りする部分が目立ちますが・・・手頃なサイズと言うのは最大の武器です。

更に今回入手した個体はCellularモデル、iPad Proで思い知った何処でもネット接続と言う利便性を享受することが出来るので、腰を痛めた現状、持ち出すガジェットとしては最適な個体となります。・・・まぁ、出先でノマドの猿真似するには厳しいものがありますけど・・・。*4

ひとまずは、Nexus9の代替機としては十分、それどころかFire HD 8(2016)の代替にもなりそうなので手持ちのタブレット環境をキレイに整理してしまおうかと思っています。・・・いえ、購入直後に機器を手放すと痛い目に合う・・・と言うかXPS13で痛い目に合ったのですぐには手放しませんけど・・・。*5

とりあえず、もうスマホはバラさない・・・

調子に乗って痛い目にあったので、とりあえずもうスマホを分解して自分で修理するなんて真似はしませんorz
あと体調不良の時に修理とかしません・・・。つーか、もう日曜は洗濯したら不貞寝する・(´;ω;`)

*1:末永く大切に使おうと思って液晶を交換しようとしたのが仇になったよ!

*2:色々な思惑が絡み合ったりしてるんですが、利用者目線だとどうしても・・・ね・・・。

*3:いえ、お風呂の蓋便利なので・・・

*4:Bluetoothキーボードがあれば何とでもなりますが、余計な荷物になってしまうので個人的にはチョット微妙・・・と言うか、カバーと一体となったSmartKeyboardに慣れてしまい、別途キーボードを持ち歩くって行為の想像がつかないと言うか何と申しますか・・・。

*5:XPS13買ったYATTA!→ThinkPad T430s/Surface Pro3手放すよ!→XPS13の液晶が・・・→仕方ないのでMacBook買ったよ!って流れがありましてな・・・。

腰を痛めた日は・・・

久し振りに腰を痛めました。
昨日早朝に出社してお手洗いで座った瞬間に腰辺りの背骨が潰れたらしく、筋肉に干渉したらしく歩くと凄く痛いですorz

・・・通院+一晩寝て多少は改善したものの、今日は仕事を休むレベルで痛みましたorz*1

何が原因で腰を痛めるかワカランな・・・

今回は疲労が原因とは言われたものの、何が起因で腰を痛めるかワカランもんですねぇ・・・。

疲労と言われたものの、直近は法事で長距離運転はしたくらい、純粋に糞みたいな働き方*2が原因か、よく分かりませんが今週は通院以外での外出は完全自重の残念な生活を強いられることとなりそうです・・・。

とは言え、明日は(腰痛とは別の)通院が・・・

引き篭もり強制と言いつつ、早速明日は腰痛とは別の通院で外出の予定が・・・。
ある程度は痛みは落ち着きつつある状況ですが、流石に怖いものがあります・・・が、糞みたいな働き方を強いられてる以上は月曜日は出社しなければならないので、どのくらい動き回れるのかを試す良い機会と思って頑張って見ようと思います・・・。

*1:仕事行こうと思えば行けたかも知れないのですが、爆弾抱えた状態で行きたいとは思わないです・・・。

*2:糞みたいな働き方を強いられてます。Twitterでは吠えてますが、本当に糞。

格安SIMのOCNモバイルONE使い始めて4年が経過してた

今更気付いたんですが、まだ格安SIMが(知名度的な意味で)世間様に知れ渡る前から利用しているOCNモバイルONEの利用年数が、どうやら満4年を越えたっぽいです。
sylve.hatenablog.jp

ついでに、そんなOCNモバイルONEもサービスインして満5年を越えたらしいです。おめでたい!
www.ntt.com

だから、常時ネタ切れ感漂う戯言日記のネタにするよ!*1

根本的にOCNモバイルONEって何か。

大手プロバイダのOCN(NTTコミュニケーションズ)が運営しているMVNO回線(格安SIM)です。NTT系列なので、格安SIMの中でもサブブランドと呼ばれている類(auのサブブランドであるUQ mobileや、softbankのサブブランドであるY!mobile)のように親会社(NTT docomo)から優遇されている格安SIMと思われそうですが、ところがどっこい優遇も何もされず、他の格安SIM同様に安かろう悪かろうを突き進む格安SIMです。・・・いや、厳密には同様と言うよりは(格安SIMの中では)若干割高な部類となりますね・・・。*2
www.ntt.com

サービスイン直後は(インターネット関連企業としての)知名度の高さからシェアは多めでしたが、最近は後発組の楽天モバイルやLINE mobileに追い抜かれ、更には大手プロバイダと言う立ち位置から大手を何かと叩きたくなる残念な輩から(高い・通信速度が遅いと)ネガティブキャンペーンが行われているので、それなりのシェアはあるがいまひとつパッとしない格安SIM・・・と言ったところでしょうか。

現在私が利用している契約プランについて

長期利用の間で契約プランを見直し変更したりしていますが、現時点では以下のような契約プランを結んでおります。

  • 月単位3GB/月コース
    • データ通信専用(音声通話利用不能)
    • SMS対応*3
    • 容量シェアオプション追加*4
    • MUSICカウントフリーオプション追加

容量シェアやらSMSやらオプション費用が発生していますが、大体1,800円くらいの維持費になります・・・が、プロバイダとしてOCNを使っていると若干の割引きが入ったり、050PlusなるマイナーなIP電話を利用していると若干の割引きが入ったり、根本的に明細がネット周り合算扱いなので細かい値引き後の金額はよく分からんのですが、通話出来ないプランとしては若干割高と言ったところでしょうか。

SMSオプションはアンテナピクト問題と呼ばれる、無駄にバッテリーを浪費してしまう問題を回避するために付与しています。・・・もっとも、最近はあまり発生しないと呼ばれていますが、SMSオプションが無いと電波状況が正しく表示されない問題も発生する場合があるため、どの格安SIMを使うかに限らずSMSオプションはつけておいた方が良いでしょう。

MUSICカウントフリーは最近(2018年8月)に提供され始めた特定の通信はデータ通信量としてカウントせず、使いたいだけ使える機能です。私の場合はSpotifyAmazon Musicが対象*5サービスとなるので、地味ながら重宝しています・・・が、明示的に利用申請を行わないと有効にならない無料機能なので、たかが設定ポチポチする程度ですが標準で使えないのはイケてない部分です。

OCNモバイルONEの良い点・悪い点

無駄に年数だけ経過している感はありますが、1つのMVNO回線を日常的に長期利用しているユーザの戯言はあまり無いと思うので良い点やら悪い点やら適当に殴り書きしていきます。

OCNモバイルONEの欠点

普通は利点・欠点の順に綴るんでしょうが、先に悪い点を綴っておいてOCNの回し者じゃ無いよーってのを露骨にアピール。・・・いえ、OCNの回し者だったらAmazonでは無くて成功報酬型でもっと利益率のたかs・・・うわなにするのやめt(ry*6

  • 先に綴ったとおり、格安SIMとしては高い。
    • これは先に綴ったとおりですが、他の格安SIMでも提供されている1ヶ月データ専用(通話非対応)3GBと言う契約プランの提供価格は大体が1,000円前後ですが、OCNモバイルONEは微妙に高い約1,300円・・・。微妙な差と言えど、割高となるのはローコストでスマホを維持して行こうと考えているユーザーからは結構嫌われそうですね・・・。
  • (他の格安SIMと同様に)通信速度が遅い。
    • 測定方法にもよりますが、OCNモバイルONEはベンチマーク上(所定の通信速度測定方法)の速度が非常に悪いことで有名です。別に疎通不能と言う訳では無く、通常利用する範囲では問題無く使えるのですが、インターネット上では速度至上主義者が多いため、ネガティブキャンペーンの原動力となってしまっています。
  • 目立った特徴が無い。
    • 最近、Amazon MusicSpotifyなどの音楽配信サイト利用時にデータ通信量が消費されない「カウントフリー」なる機能が実装されましたが、そんなサービスは他の格安SIMでは当然のように*7提供されています。差別化と言う観点からすると、OCNモバイルONEは目立った特徴が無い没個性的な格安SIMと呼べます。

OCNモバイルONEの利点

悪い点を綴ったら良い点も書いていこう・・・と思ったのですが、長期利用していても思いの外良い点って少ないんですよね・・・。

  • ターボOFF(低速通信モード)の通信速度が安定している。
    • 呼び名は格安SIMの提供事業者毎に色々とありますが、ターボOFFモード(別名低速通信モード)の場合の通信速度が非常に安定しています。低速通信モードだと最大200kbps(0.2Mbps)しか速度が出ませんが、変に通信制御を行わないのでradikoを外出先で聴く場合には安定して受信出来るため、大変重宝しています。
    • 他の格安SIMだとターボOFFではまともな通信が行えなかったり(旧freetel)*8、何らかの通信制御が行えて同じくまともに利用出来なくなったり(Wireless Gateの250kbps固定プラン)、イマイチなことが多いのでターボOFF状態で(200kbpsと遅いと言えど)まともに使えると言うのは素晴らしいことです。*9
  • 他にはあまり目にしないデータ通信量の日単位付与プラン。
    • 通常、格安SIMは1ヶ月にどのくらいのデータ通信量(例えば3GB)が与えられ、使い切ったら追加で俗に言う「ギガを買う」と言うことをするか、来月まで強制低速通信モードで乗り切る必要がありますが、OCNモバイルONEでは日単位でデータ通信量が付与される契約プランがあります。
    • もっとも、1ヶ月3GBを30日分割するイメージなので、1日に付与されるデータ通信量は少なく110MBから170MBなので、下手な使い方をすると一瞬で消費してしまいますが、1日耐え凌げば高速通信が可能になるので月末に残りデータ通信量を気にせずに済む利点はあります。
  • 地味にグローバルIPアドレスが付与される。*10
    • 一部のマニアックな使い方をする人しか恩恵を受けれない点ですが、グローバスIPアドレスが付与されます。通常は(!?)プライベートアドレスが付与されるので、チョットお得!・・・ですが、固定回線ならばまだしもスマートフォン用のインターネット回線でグローバルIPアドレスが付与されても・・・と言うのが実態。よほど行儀の悪いゲームやアプリを利用していない限り一般的なユーザーがグローバルIPアドレスが利点となり得ることはほぼ無いでしょう。
    • ・・・まぁ、OCNモバイルONEのSIMをVPNルーターに突っ込んで利用する場合には重宝しますが、スマートフォンで使う分にはあまり利点にはならない点です・・・。*11

長期利用してきたOCNモバイルONEは、常用に値するか格安SIMか、安かろう悪かろうの格安SIM

4年以上も特定の格安SIMを使い続けていますが、ぶっちゃけ「普通に利用する分」には何も困りません。
「普通に利用する」の定義は人それぞれですし、私の場合は主にネット利用がメインで通話は全く利用していませんが、通勤時にニュースを確認し、たまにTwitterを起動させて閲覧したり投稿したり、スマホゲーム*12も遊んだりしていますが、困ったことは数えるほどしか存在しません。

数少ない困ったことも格安SIM全般的に言えることですが、アプリのインストールやスマホゲームなどで大容量のデータをダウンロードすることが発生した時くらいです。ただ、気の利いたゲームだと「何月何日の何時からメンテナンスを行います!」と計画的に告知の上でメンテナンスを行うので、メンテナンスが行われる日は公衆無線LANや自宅の無線LAN経由でゲームを遊ぶようにすれば良いだけなので大した問題ではありません。*13

通信速度については、ベンチマーク上(所定の通信速度測定方法)の速度は他の格安SIMに比べると低速ですが、実際にニュースを見たり、Twitter見たり画像付きで投稿したりする分には通信速度が遅いと言う問題は顕著に現れてきません。通信速度が求められるのは、先の通り出先でゲームのデータをダウンロードしたり、何らかのアプリをインストールしたりする場合のみです。・・・とは言うものの、デジタルガジェットに詳しい人々ならまだしも、深い意味も知らずに「ギガが減るwギガが減るwww」と草を生やす・・・と言うのは言い過ぎですが、デジタルガジェットに不得手なユーザもまだまだ多いのも事実、そのようなユーザからすると通信速度が遅いと言うのは死活問題に発展しかねない問題のため、暴論だがそう言った観点からするとスマホヲタク以外がOCNモバイルONE(と言うよりは格安SIM全般)を利用するのはまだまだ時期尚早なのかも知れません。*14

プロバイダがOCNユーザは問答無用でオススメだが・・・

過去の戯言では「割引き」周りの世間様が気になりそうな話を一切合切していませんでしたが、OCNモバイルONEは既にプロバイダとしてOCNを利用しているユーザ以外は一切合切値引きが無かったり・・・。

格安SIMは、提供事業者のサービス加入だったり、特定条件を満たしたりすると僅かばかりの割引きが入りますが、OCNモバイルONEの場合は特に大きなキャンペーンなどが無い場合は既にインターネットプロバイダとしてOCNに加入しているユーザのみ(厳密には光回線の場合)セット割引きが初めて効きます。・・・が、あまり大した値引きにはなりません・・・。*15
www.ntt.com

ついでに、IP電話の050 Plus加入でさらに微妙な割引きが効いたりします。*16
www.ntt.com

・・・まぁ、厳密にはいずれもOCNモバイルONE自体の値引きにはならないんですが、インターネット回線周りをOCNで固めているユーザが格安SIMを検討するならOCNモバイルONEは有力な選択肢となります。・・・まぁ、値引き云々を勘定しても他に安価な選択肢は山のようにありますけどね。*17

格安SIMの選択肢としては決定力不足があるものの、無難な選択肢の一つ

OCNモバイルONEはNTT系列の格安SIMで、一見するとサブブランドのように思えますが優遇も何も存在しない没個性的と言っても過言では無いレベルの格安SIMです。
コスト面では(大手の通信キャリあよりは相当に安価な価格ですが)他の格安SIMより若干割高となるため、コストを最優先として考えている方は端っからOCNモバイルONEは選択肢から外れるでしょう。

目立った特徴も無く、サブブランドのような速度優遇も無く、格安SIMの中では割高と良いことが無いようにも見受けられますが、OCN自体が老舗と読んでも差し支えがないレベルの通信事業者なので、通信不能なレベルに陥ることはなく、遅くともしっかり確実に通信してくれるので、通信速度を重視しなければ悪くは無い選択肢になり得ると思います。*18

*1:書くネタが無いことを積極的にネタにするブロガーの風上にも置けないブロガーが私でございます。

*2:1ヶ月データ通信量3GBと言うのがどの格安SIM(MVNO回線)でも容易されていますが、他は税込で1,000円程度ですが、OCNモバイルONEは確か1,300円くらい・・・。

*3:電話番号でメッセージが送れる、世間様的にはショートメールのような機能です。

*4:家族と容量を分け合う機能ですが、複数台スマホを所有している場合にも便利です。ただ毎月容量シェアオプション使用料としてそれなりの費用が発生します。

*5:出来ればradikoをMUSICカウントフリーの対象に加えて頂けると大変助かるので、OCNさんお願いします。

*6:つーか、そう言うことやってるならもっと戯言日記の内容が偏って変なことを綴ってるって・・・。

*7:若干の擁護をすると、まだまだカウントフリー機能は多くの格安SIMでは提供されていません。ただ、LINEモバイルやmineoが提供し、同じくプロバイダが胴元のBIGLOBEモバイルではAbemaTVなどの映像サービスがカウントフリー対象だったりします。

*8:「旧」と付けている理由は、一度潰れたため。現在は格安SIM部門は楽天モバイルが、スマートフォン自体とfreetelと言う名称はMAYA SYSTEMなるところが引き継いでいます。

*9:嘘のような実話。特に旧freetelは裁量制プランでターボON状態で使えば使うほど費用の発生するプランだったんですが、明らかにターボOFF状態では使わせないよう(=ターボONでジャブジャブ使わせようと仕向け)悪質な事やってる感が満載でした・・・。

*10:2018年10月時点、あまり目立たない点だけど地味にグローバルIPアドレスが振られます。

*11:ただ、格安SIMグローバルIPアドレスが付与されるSIMは数が限られるので必要な人にとっては見逃せない点にはなります。

*12:OCNモバイルONEを利用したスマホでは、ポケモンGOアズールレーンの2本を主にプレイしています。・・・まぁ、ポケモンGOは最近はメインスマホでバッテリーが尽きた場合の代替と言う意味合いが強いのですが・・・。

*13:現在メインでプレイしているアズールレーンは結構親切丁寧にメンテナンス日程の告知があります。・・・過去にメインでプレイしていたデレステスクフェスは気付いたら「更新データがあるので再起動します!」と言うパターンなので油断していると俗に言うギガが減る状態になります・・・。

*14:いや、まぁ、回線を意識せずに使えれば一番良いのですが、まだ時代はそこまで至ってないので適宜LTE回線か、公衆無線LANまたは自宅の無線LANを使い分けて使う必要があります・・・。

*15:OCNモバイルONE1契約に付き光回線側が200円値引きになります。・・・大体1回線に複数SIM割り当て容量シェアでの利用がメインと思われるので複数回線ってのはあんまり考えづらいので、実質的には200円値引きが限界か・・・

*16:こちらはセットで契約すると050 Plus側が150円値引きになります。・・・が、マイナーなIP電話なんて誰が契約するんだよ!・・・固定電話替わりに俺が契約したよ!

*17:あまり利用せず適度に安価な回線を求めているのならば、スマホ側の制約(動作条件)は厳しいもののサブブランド扱いで回線速度が早くてそれなりに安価なUQ mobileがありますし、他に速度以外で無難な選択肢としては通信事業者としては老舗のIIJが提供するIIJ mioがありますし、コスト優先ならば星の数ほど格安SIM事業者ありますし・・・

*18:老舗だから良いと言う訳ではありませんが、radiko.jpアプリを利用時の挙動で他より良いと思えたので若干贔屓にしています。