Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

複合機をMF262dwに買い替えしました

以前から検討していた複合機の買い替えですが、年末調整の季節で関連書類を提出せよとのお達しで、何枚か書類を出さなければならない状況となりました。*1
sylve.hatenablog.jp

重たい腰を上げてヨドバシカメラビックカメラを覗き見たのですが、いまいち気になる商品が見つからず。選り好みをしている場合では無いのですが、購入するのであれば自分が納得したもの*2を買いたい!・・・と考えてしまい、期日はどんどん迫る有様です。

安価な複合機は無い訳では無いのですが、あまりにローエンド過ぎて「だったらもう少し予算を・・・」と欲張り、最終的にインクの目詰まりが無いレーザー複合機であるCanon Satera MF262dwをAmazonで注文しました。・・・家電量販店に行った意味がねぇな・・・。

セール品でも安価な複合機が見つからねえなぁ

入手時期は11月初旬でこの戯言日記の草稿を温めすぎた感が拭えませんが、年賀状シーズンと言うことから時期が悪かったのか、安価な複合機を見かけることがありませんでした・・・。

具体的には実売価格が5,000円コースの非常に安価な型落ちインクジェット複合機を狙っていましたが、全くでは無いものの探したタイミングでは見かけることがありませんでした。目標金額を10,000円前後にしても選択肢が少なくて、複合機ってそんなお高い商品だったっけ?と頭を抱えるレベルです。

別に安価なモデルが無いわけではありません。ビックカメラAKIBAではEPSON EW-052Aが約7,000円前後で販売されていましたし、更に前の話ですが現在の住居先の最寄り家電量販店ではCanon TS3330が6,000円前後で販売されていたように記憶しています。*3

しかし、このレベルの製品になると近年ではローミドルエンドまで標準搭載されている両面印刷機能が省かれていたり、背面給紙限定だったり*4安かろう悪かろうで妥協せざるを得ない部分がチラホラと出てきてしまいます。・・・と、言うか最近はほぼ両面印刷が標準機能*5なんですね・・・。

最終的にローエンドのレーザー複合機に・・・

悩みに悩んだ結果、Canon Satera MF262dwを購入しました。

この機種は、今年(2020年)の9月に「レーザー複合機で安価なモノないか調べたが、MF262dwってのしかねぇな。」と悪態ついた戯言日記でピックアップした機種そのものだったりします。

本音を言うと価格を最重要視して旧型のMF232wを狙い、実際問題Amazonアウトレット扱いの商品*6で破格の1.2万円前後と言うお値段に大変心を惹かれたのですが、後継機のMF262dwも家電量販店価格よりはチョットお安い約1.7万円前後だったので、+5,000円で新型で両面印刷対応なら新型買っちゃおう!・・・とMF262dwを買った次第です。

選定理由は2020年9月の戯言の通り、「ネットワーク(無線/有線LAN)対応」「両面印刷対応」の2点に加えて、レーザー複合機なので実質的にコピー機としても利用可能・印刷コストが低い*7・たまにしか印刷しないのでインクの目詰まりが無い・カラー印刷は行わないなどがあります。

設置場所の準備が大変

入手したMF262dwは多分レーザー複合機としては小型の部類です。・・・ですが、従来利用してきたインクジェット複合機からすると「クソデカ」と表現するのが最適なくらい大きなサイズとなります。

配送されたダンボールの時点で各辺50cmと大きな箱、搬入時点で集合住宅のドアギリギリのサイズになるかと思うので、搬入の時点で泣きを見るかも知れません。

梱包を解いた後も本体サイズは各辺40cm前後、私の場合はローサイズの書庫の上に設置できましたが、ローサイズの書庫の横幅がギリギリ複合機より小さいため、サイズ感を見誤った感が拭えません。

本体重量が10kg以上と重たい機器なので、下手な場所には設置できません。間違えても私が今までインクジェット複合機を置いていた棚の高い位置に置くのは「危険が危ない」なので、素直に低い場所に設置しましょう。*8

もしかすると設置場所確保のために大掃除が必要になるかも知れません。逸般の誤家庭で導入する場合は設置場所確保にご注意下さい。

普通に使えるって素晴らしい

注文し到着した当日にMF262dwを設置しましたが、可もなく不可もなし。普通のモノクロレーザー複合機です。
カラーやグレースケールの資料だと、複合機側で頑張っちゃうようでハッキリクッキリと出ない場合もありますが、まぁそんな仕様と言うことで諦めましょう。*9

意外と良いと思えたのが両面印刷機能、無駄に紙を使わずに済むので(そこまでエコ至上主義者ではありませんが)無駄に何枚も紙を浪費せずに済むので素晴らしいの一言です。
また、冊子モードで印刷すれば90度回転するホチキスがあれば冊子タイプのコピ本*10も簡単に作れます。・・・えぇ、本来は(!?)技術系の薄い本作成用に使われることの多いRe:Viewで作った仕事のレポートデータを使って印刷したら(回転型のホチキスが無いので製本までは行っていませんが)いい感じにコピ本っぽいものが仕上がりました。

地味にIDカードコピー機能が結構便利な気がします。当分免許証などをコピーする必要が無いので有効活用する機会はありませんが、住所を書き換えて両面コピーが必要な場合には役立ちそうな機能です。

またApple製品だとAirPrintに対応しているのでドライバレスでスキャナ機能含め利用可能です。Windowsの場合は専用デバイスドライバは必要ですが、家庭用複合機と異なり不必要なゴミアプリは導入されないので、余計なモノを入れてほしくないと言う方もご満悦です。

ちなみに書類は作り終わりました

無事に買い替え出来たので、新しい複合機で遊べそうです。
冊子モードを有効活用すれば技術よりの薄い本もコピ本形式で作れそうなので、変に刺激を受けてナニカ悪いことをやらかすかも知れませんし、いつもどおり何もしないかも知れません。・・・えぇ、同方が居ないので(更に技術系薄い本となると、数少ない知り合いの方の中でも興味を持っていただけそうな人が思いつかず)確実にボッチ参加の未来が見えて苦労しそうですしおすし。

そんなこんなで余計なことで妄想膨らませていますが、大丈夫です。本来の目的は忘れていません。無事作り終わってます!

・・・複合機到着して書類作り終わったーと油断して、最終的な提出がギリギリになった「オチ」がありますが、期限内の提出なので問題ありません(白目)
・・・あ、そしてこの戯言日記も11月中旬には仕上がってたのに公開が超がつくレベルで遅れたと言うオチも・・・。*11

*1:なんで買い替えなければならないのか。理由は過去の記事を参照ですが、早い話が給紙トレーは割れ、給紙ローラーが劣化で滑り、無理しないと印刷出来ない(一般的に壊れていると言う)有様なのです。

*2:理想はあれど主に価格。安ければ安いほど良い!安い=絶対正義!

*3:Canon TS3330は台数限定の特価品なので、通常時はもう少しお値段高いかも。

*4:昔は背面給紙が当然だったのですが、例の壊れたボロい複合機が前面給紙だったので前面給紙は譲れなくてですね・・・。

*5:最近の複合機事情を知りませんでしたが、正真正銘のローエンドを除くと両面印刷は搭載してて当たり前の機能で驚きました・・・。

*6:怪しい業者や中古品ではなくAmazon公式のアウトレット商品、商品ページでは「中古商品」の扱いとして表示されることがあり、箱潰れ・本体に微細なキズなどの訳アリ品です。

*7:利用するトナー次第ですが、公式曰く1ページ辺り約3.5円、同じCanon製インクジェット複合機のTS3330は好条件でも1ページ辺り14.1円(但しカラー設定)らしいので、モノクロである点を除いても悪くない。

*8:物理的に高い場所に置けない+合板素材で10kgの重量にそもそも耐えられない・・・。

*9:主に画像系。年末調整の資料もカラーベースの資料で、ラスターデータなのでどうしてもモヤッと感はあります。

*10:普通のコピ本(!?)はA4に2ページ印刷して折りたたんでホチキス留めかと思いますが、折りたたんだ内側のページが勿体無いのです・・・。

*11:いえ気づいたら12月に入ってまして&散財日記の更新を優先していたらでしてね・・・。

2020年11月分の散財結果をまとめておく

2020年から開始した散財日記の月次記録、通常更新回は今年がこれで最後か(年間合計のまとめに合わせるか)、来月も一応綴るか(年間合計まとめは別にするか)決めていませんが、とにかく11月分です。

先月は主にRTX830が起因で大幅な赤字となり借金生活となりました。それ以外でも、2020年6月の4Kモニター買い替えの尾を未だに引いているため、常時借金生活となってしまいました。
そんな中、どんな結果に終わったのか・・・と言うか、業務電話のPixel3をiPhone XRに買い替えたと言う日記の時点でお察し案件ですけど・・・。

2020年11月分の散財記録

sylve.hatenablog.jp
sylve.hatenablog.jp
sylve.hatenablog.jp

一応、今月の目標予算は0円です。・・・Kindle漫画で足が出るのは予期していましたが、まさかiPhone XR買っちゃうとはなぁ・・・。そしてそれが呼び水でAirPods Proまで買っちゃうとはなぁ・・・。

いえ、iPhone XRは(同じ機種にするかは別に)いつか発生する出費なので数兆歩譲ってヨシとしましょう。でも「持ち歩くスマホが全部iPhoneになったからAirPods Pro買おう」と言うのはバカのやる行為ですね・・・。いや、選択肢としては悪くないです。業務電話の掛かってくるiPhone XRでも、完全プライベート用途のiPhone 11 Proでもどっちでも電話が掛かってきたら切り替えて受けれるので便利ですよ。便利ですが、その程度の利便性のためだけに3万近い出費と言うのは馬鹿がやることです。近年の傾向で謙ると言うかセルフディス自重しろと言う傾向が続いているのですが、今回ばかりは頭ごなしに理不尽にセルフディス出来ますね(白目)

記入漏れ

今月、ギリギリのタイミングで1件衝動買いしています・・・。

Raspberry Pi 4B買っちゃいました。
チョット悪いこと*1に使おうと思っているので戯言日記ではこれ以上登場する予定はありませんが、メモリ4GBモデルです。8GBモデルも考えたのですが、今回の用途を考えるとRaspberry Pi 4Bの中で一番中途半端な容量のモデルを選択しました。

チョット派手に散財してケース*2に3,718円、Raspberry Pi 4B(RAM4GB)+電源は千石電商のセット商品で9,080円です。
ケースで選択を誤らなければ(!?)なんとか1万円に収まったのですが、まぁやりたい放題やりまくっていつもどおりの結果です。

集計結果

2020年11月の合計浪費金額は96,804円です。前年比+2件、+67,284円の大増額となっております・・・。
大増額理由は昨年(2019年)11月は安っぽいキーボード・マウスセット1件のみ、しかも1,000円チョットの価格なので実質的に0件0円条件なので、純然たる増加と呼べます。

借金生活については、前借り何なりで(2020年12月の予算が7,296円だったので)都合89,508円が残ります。2020年12月の予算は0円、2021年1月以降は年末に予算見直しを行いたいと考えているので*3どのくらいのペースとなるかは未定ですが、繰越借金が89,508円となります・・・。

集計結果から、2020年は赤字確定です。現状3.5万強の赤字ですが、2020年12月が予算0円扱いとなったので恐らく赤字増大は確定です。ただし、目測で浪費合計金額が約52万(4万*12+足が出た約4万)と、金額面では結構出ていますが昨年から半減*4しているので、記録として残す+明確に予算を定めると言うのは悪くない行為なのかも知れません。

書けてない出費

戯言日記の草稿を書き綴っているSimplenoteにしかまだ記載されていませんが、年末調整の書類関連でプリンタが必要となったので、モノクロレーザー複合機を購入しています。
・・・いや、確実に必要な出費なので「衝動買い」とか「浪費」とかと無縁の話なのでカウント対象外ですが、Canon MF262dwを購入しています。

極めて普通のモノクロレーザー複合機ですが、一応ビジネス用途向けの機種なので有線LANを搭載し、デバイスドライバーも家庭用のモデルのように無駄なユーティリティが入らず必要最小限のもののみ入る仕様のため、ガジェットオタク観点としては悪くないモデルです。

*1:RetroPie入れて、法的面で問題のないROMを収集してゲームコンソール・・・を考えています。

*2:SilverStone製で4,000円近い価格のケースを買っちゃいました。

*3:現状維持の4万/月を予算とするか、削減して3万/月とするか・・・。

*4:無駄遣い金額が年間50万ってのもインパクトある数字ですが、去年の実績である100万オーバーってのもなかなか酷い・・・。

2020年11月のKindle衝動買い記録まとめ

月末が近いので綴っておきましょう。Kindle浪費日記の月次報告です。

毎月のことですが、0円(無料本)以外の販売されているKindle本(Kindle漫画)に対し、どれだけ浪費したかを振り返る、反省会と言う名目のセルフディス記録です。先月は1,133円も浪費に勤しんでしまいましたが、果たして今月はどうなるのか・・・。

今月入手した電子書籍(漫画)

  • 入手元:Amazon.co.jp
  • 商品名:今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画(6)
  • 浪費額:660円

腹筋フェチなフーリーさんの暴走記録第6巻(違)
良くも悪くもいつもと同じ・・・ですが、心情の変化から見ている方のニヤニヤが増えていく巻でもあります。国王様も言ってますが、はよ挙式上げろwww
基本ニヤニヤ系、チョットだけシリア「ル」な展開*1がありますが、ブラックコーヒー片手に読むと丁度いいかも知れません。

金田一少年の事件簿の裏事情、見る限り今回が最終巻の様子です。
相変わらず事件の裏側の忙しさと言うか、若干マンネリ感を感じ始めたタイミングでのフィナーレなので、評論家でも何でも無い身が謎の上から目線で言うのもアレですが、退き際を間違えず終了を迎えられたんじゃないかと思います。*2

集計結果

2020年11月は2冊、合計金額は1,086円です。浪費金額面では前月割れなので浪費金額が減っていることは良いことです。

引き続き新刊購入でフルプライスが目立ちますが、新刊発売当日と言うよりはチョット気づくのが遅れて買った・・・と言う感が出てきました。この調子で購入する時期が遅くなり、Amazonでの値引きが入るタイミング*3で購入するようになれば、私の浪費的な面では支出が低くなるので良い傾向と呼べます。

一方、浪費面で好ましい傾向は初版の売上が重要なコミックでは厳しい判断です。初版の動きが悪ければ、最悪は打ち切りなどになりかねないので、本来であれば積極的にフルプライスで真っ先に購入すべきでしょう。
今回入手しているコミックも、それなりに巻数が出ている作品=楽しませていただいている作品=応援している作品と言うことになるので、節約に勤しむのは結構なことですが過度に進めると(私一人じゃ何一つ変わらんと言う事実はありますが)好きな作品を打ち切りに導く行為にもなるので、可能な限り早い段階で購入したいところです。

毎月のように「浪費削減!新刊購入は悪!」みたいなことを綴り続けてきましたが、余程のことが無い限りは1,000円チョット/月と言う範囲での出費に収まっているので、少し予算を増して月1,500円くらいまでならKindle本を購入しても目くじらを立てる必要は無いのかも知れませんね。

*1:いやシリアス展開ありますが、この作品の場合は故意に誤字った「シリアル」と表現した方が似合ってる感がw

*2:いえ、Amazon.co.jpのレビュー欄では批判家気取りがドヤ顔で「駄作!」とか吠えてますので・・・。

*3:あるいはポイント還元増量とかでも良いですね。次回購入時にポイント利用で少しお安くなります・・・が、ポイント目当てで買うようになってしまうと本末転倒なので少し注意・・・。