Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

ESXiでUSB NICを利用したいので使えるようにした

在宅勤務中にUTM*1に興味を持ってしまいまして、普通にインターネット接続するのとは別の実験専用ネットワークが必要となりました。

やり方は様々ですが、手持ちでYAMAHA NVR500とL-03Dを持て余しているので、純粋にもう1つインターネット接続可能な小規模ネットワークを作ってしまおうと思い、以下のようなネットワークを目論んでいます。*2

Flet's            MVNO SIM(OCN Mobile One)
 |                      |
[ONU]              [L-03D]
 |                      |
 |(LAN2)          (USB1)|
[RTX1200]         [NVR500]
 |(LAN1)           (LAN)|
 |                      |
 +------[ESXi 7.0]------+
 |(OnBoard)    (USB NIC)|
 |                      +---[UTM検証機(VM)]
 |                      |
各種機器            テスト用仮想マシン郡
/仮想マシン郡

今回ThinkPad T440pをESXiサーバにしている都合上、NICを増やす場合はUSBを利用する必要があります。・・・ESXiは基本的にIntelNICしか使えず、カニさんマークでお馴染みのRealtekNIC*3を使おうとするのならばカスタマイズISOファイルを作成してインストールに望む必要があります。
sylve.hatenablog.jp

そんな状況下、根本的な問題としてUSB NICは使えるのか。*4

結論から言うとUSB NICイケる

ESXiを導入した機器のコンソール画面には黄色と灰色の如何にもCUIと言うような画面、実際の操作はWeb UIからと言う状態でUSB接続のNICが使えるかと言うと、結論としては使えます。

USB NICのESXi向け汎用ドライバが公開されているので、ドライバを適用してしまえば利用可能です。
flings.vmware.com

但し、注意点としては動作条件として以下のように綴られています。

VMware ESXi 6.5, 6.7 & 7.0
USB Network Adapter with AX88178a, AX88179, RTL8152 or RTL8153 Chipset

利用可能なUSB NICの条件としてチップが限定されています。
多くの場合はASIX/Realtekのいずれかが採用されていると思われますが、どうやらUSB NICの選定に注意する必要がありそうです。

それではどうやってUSB NICのチップを特定するのかと言うと・・・、・・・とりあえずWindowsなりLinuxなりでぶっ刺してみて認識されるデバイスを確認するのが手っ取り早い気がしますが、調達前に知りたいとなると・・・ぐぐるしか無いかも知れません。

例えば私の環境下で余っていたUSB NICのEDC-GUA3-Bは、Googleに「(カラーリングを意味する型番を除いた)*5EDC-GUA3 Chip」のキーワードで検索すれば先駆者様の記事が出てきて、AX88179を採用している・・・と言うことを知ることが出来ます。

デバイスドライバの適用方法

適用方法については、先日綴ったESXiのパッチ適用方法に似ています。
sylve.hatenablog.jp

個人的な方法としては以下の感じです。

  1. USB NICのドライバをダウンロードする。
    1. 先のページ左側の「I have read and agreed to the Technical Preview Licens」のチェックを付ける。
    2. 適用したいESXiのバージョン(に合うドライバ)を選択する。(ESXi 7.0ならESXi700-VMKUSB-NIC-FLING-(以下略)を選択する。)*6
    3. 緑色の「DOWNLOAD」ボタンをクリックする。
  2. ESXiのWeb UIからダウンロードしたドライバ(ZIPファイル)をデータストア上にアップロードする。
    1. ESXi WebUIにログインする。
    2. ストレージ→データストアのデータストアブラウザから任意の場所にドライバ(ZIPファイル)をアップロードする。
  3. ホスト→アクション→サービス→SSHの有効化をクリックする。
  4. TeraTermなり何なりでESXiサーバにSSH経由でログインする。*7
  5. コマンド入力:esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/(データストアのストレージ名称)/(ドライバ格納ディレクトリパス)/ESXi700-VMKUSB-NIC-FLING-(中略).zip
  6. 少し時間を要した後に表示されるInstallation Resultで「The update completed successfully(早い話が正常終了)」のメッセージを確認する。
  7. Installation Resultの中に「Reboot Required: true」と再起動が必要とのメッセージも出力されているのでESXiサーバの再起動を実施する。
    1. 再起動前に起動中の仮想マシンをすべてシャットダウンしておく。
    2. (Web UI上の)ホスト→アクション→メンテナンスモードへの切り替えをクリックして、メンテナンスモードに切り替えておく。
    3. Web UIから再起動を選ぶなり、SSH画面でrebootと叩くなりで再起動する。
  8. 再起動中にUSB NICを差し込んでおく。
  9. 再起動後、WebUIからネットワーク→物理NICタブで対象のUSB NICが認識されていることを確認する。*8
  10. とりあえず再起動終わってUSB NIC認識を確認したらメンテナンスモードを解除しておく。

認識さえされてしまえばこっちのものです。
ESXi上で新しい仮想スイッチを作成して、関連付け(リンクアップの追加)して、ポートグループの設定を済ませてしまえば完了です。*9

何か小綺麗に記事まとまってるが、出典はある

珍しく戯言日記にしては小綺麗に内容がまとまってる・・・と自画自賛をしてみるが、なんのこたぁ無い、先駆者様の素晴らしい記事があっただけです。
tech-mmmm.blogspot.com

しかし、デフォルト無効化されているSSHを有効化させてコマンドラインを引っ叩く必要があるのは正直手間だなぁ・・・。
ラクすることばかり考えるなとかお叱りの声が飛んできそうですが、せっかくWeb UIがあるのだからWeb UI上で適用出来たりしないのかしら。

ホスト→管理→パッケージタブで「アップデートのインストール」と言う項目があるのので、実はWeb UI上から適用できそうな気がしなくはないのですが、早々に手順見つけてSSH有効化させて適用させてしまったので割と後の祭り・・・。*10

まぁ、ひとまずは先駆者様の記事のお陰で私のやりたいことを達成することが出来たので、ヨシ!(現場猫感)

*1:統合脅威管理(Unified Threat Management)、端的に表現するならばゲートウェイとして動作させるタイプで、これ一つでネットワーク傘下の機器を守ってやるぜ!的なセキュリティソリューションです。

*2:クローズドなテスト環境をVM内で作って、UTMのルータ機能で既存ネットワークとブリッジさせれば・・・とか思いましたが、残念ながら環境組んだ後に気づいたのだ!・・・つーか、それ今回の戯言日記の根底が崩れてしまう訳でして・・・。

*3:2000年前半にBSDユーザだった人からすると親の仇のように毛嫌いするベンダーですが、なんだかんだで広く利用されているベンダーです。

*4:いえ、そもそもの用途を考慮するとUSB NICなんて利用するとかあり得ないようなソフトウェアなんですけど・・・。

*5:-Bがブラック、-Wがホワイトです。

*6:ESXi6.5/6.7/7.0の3つが対象です。それより前のバージョンを利用している場合はESXi本体のバージョンアップ検討が必要です。

*7:そう言えばWindows10 1803辺りからOpenSSHが内包されて少し準備が必要らしいのですがPowerShellからsshコマンドが叩けるらしいですね。

*8:ドライバ欄で「uether」とされているNICがあればそれがUSB NICです。

*9:仮想マシンからNVR500側のネットワークに繋ぎたいだけなのでこれだけで済ませましたが、VMkernel NICの設定でIPアドレス持たせればテストネットワーク側からもESXiサーバを見ることが出来る・・・と思う。目的を達成したのでそれ以上のことを試していないだけですけど。

*10:次回適用する機会があったら・・・と思いつつ、多分忘れてまたぐぐってコマンドラインで適用する手段を取りそうだなぁ・・・。

そろそろYAMAHA RTX1210が欲しい衝動に駆られる

思えば現在の単身者向けのマンション(集合住宅)で光回線を利用するからとRTX1100を中古で入手してから、YAMAHAルータとのお付き合いが始まりました。*1
sylve.hatenablog.jp

その後RTX1200を入手して使い続けていますが、特に不具合は無く安定して利用し続けています。年式的にそろそろ新機能追加はありませんが、セキュリティ周りのアップデートは細々と続いているので現時点でも安心して利用可能と申しますか、ネットワーク機器はそう頻繁に買い換えるようなものではありませんが長く利用し続けられそうで素敵なことです。
sylve.hatenablog.jp

ただ、流石にそろそろ時代の流れについて行けていない感が拭えません。具体的には「v6プラス」に対応せず、現状IPoE接続でIPv6には対応しているものの、IPv4 over IPv6には対応出来ず*2に足踏みしている有様です。
www.rtpro.yamaha.co.jp

そのため、そろそろ時代の流れに付いていくためにも新しいルータに手を出すべきか・・・と思った次第です。

秋葉原を物色するとRTX1210があった

中古ルータの専門店を覗いたりすると、RTX1210が見つかりました。

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: Personal Computers

現在利用しているRTX1200の純然たる後継機種であり、現行モデルです。しかも「v6プラス」に対応しているモデルなので、数年間はなにも気にせずに利用し続けることが可能です。
・・・まぁ、お値段5万円以上でとてもじゃないけど手が出ません。私の今月の浪費予算は月初にも関わらず0円で完全枯渇状況です。*3

まぁクレジットカードの利用状況から買えない訳ではありませんが、それを繰り返して支払い状況が酷いことになってると言うか、チョットずつ増えてるはずのお賃金*4が浪費に消えているので流石に自重です・・・。

絶対的なお値段がお安いRTX830でも・・・

本日は秋葉原で在庫を見かけることが出来ませんでした・・・が、姉妹モデルでRTX830という手もあったりなかったり。

位置付けとしてはRTX1210の弟分ですが、登場時期の都合でファームウェアのリビジョンはRTX830の方が新しかったりします。*5
一般的なご家庭で使う分には(RTX1210と)そこまでの違いは無いのでコチラがあったら買ってしまっても・・・と思っていますが、こちらは内蔵スイッチのポート数が少ないのでRTX830を調達した場合は追加でネットワークスイッチを買う必要があります・・・。
そうなると中古RTX830+適当な8ポートくらいのネットワークスイッチの合計金額が中古RTX1210の金額を上回るか否かと言うジャッジが必要となりまして、だったらRTX1210で良いや・・・と言う思いがあったりなかったり・・・。

ルータ買い替えたらconfigを見直したいな

すぐルータを買い替えるという訳ではありませんが、もし買い替えるとしたら一度configの内容をキレイに書き直したいところです。
現在適用しているconfigはRTX1100の頃からの注ぎ足しで作ったconfigで、自分で書いたりWebコンソール経由で反映したりグチャグチャのメチャメチャでスパゲッティ状態になってたりします。
それが原因で以前NVR500とL2TPVPN張ったときに変な挙動を示したり、VPN接続用の設定が5台分*6もあったり、思う部分がモリモリあります。

しかし、昔はゴリゴリと自分でconfig書いていましたが、なんだかんだでWebコンソールでらくらく設定と言うのは素晴らしいことです。・・・えぇ、最近再びゴニョゴニョやり始めたNVR500*7はシリアルケーブルを持ち出さずにWebコンソールでほぼ全部の設定をゴリゴリ入れちゃったりしてたりしてなかったり。

*1:OCNのポカで実際に光回線を正式に利用するまではもう少し時間が掛かりましたけど・・・。

*2:少々RTX1200 IPoEでアクセスがあるようですが、件の記事では純粋にIPv6接続対応わーいってだけで、v6プラス云々の話ではありません。

*3:先月はモニター買い替え+ESXiサーバ用にノートPC衝動買い+ストレージで1TBのSSDと散財の限りを尽くしました。お陰様で給付金が消し飛んで足が出ました。

*4:雀の涙です。でもチョビっと増えても「じゃけん、年金保険税金でガッツリもろてくでー」とゴッソリ持っていかれるので正直なトコロ増えた感じしねえ・・・。

*5:RTX1210が14.x系、RTX830は15.x系です。

*6:多分iPhone/Xperia/iPad/MacBookPro 13-inch/業務用PCとして使ってたノートの5台分、全部同時接続することは無いので1つのアカウントに集約・・・は、集約させ過ぎですが、もう少し絞りたいトコロ・・・。

*7:チョット無償で使えるUTM周りを試すのに、通常のルートとは別に1つDGW立てて外部に繋げるルートが欲しくてですね。

支給品の業務PC交換によりWebカメラ難民になりかけた

先月購入した4Kモニター衝動買いの日記で触れたとおり、昨今の在宅勤務により無駄に負荷の高いセキュリティ重視のテレワーク向けセキュリティ最重要視なリモート操作ツール*1だったり、TeamsやZoomなどでビデオ会議だったり高負荷な処理が続き、貸与されている業務用のモバイルPCではリソース面で厳しくなってきました。
sylve.hatenablog.jp

具体的な話は業務に関連するお話なので省きますが、BSoD*2が出たり、(モバイルノートなので)適当に置いていたら排熱が上手く行かずに熱暴走したり、後者の熱暴走は完全に自業自得ですがリソース不足でBSoDが出てくる有様です。

そんな中、事業継続緊急対策助成金が通ったようで会社から新しいPCの支給を受けることが出来ました。・・・まぁ、BSoD出ると言うのは我々の業界では大変な問題なので*3普通に支給されましたが・・・。
www.shigotozaidan.or.jp

支給されたPCはデスクトップPCです。・・・ん?こいつってビデオ会議で必要なWebカメラ・・・無いじゃん・・・。

今はビデオ会議全盛期

コロナ渦によりテレワーク勤務がある程度は浸透し、TeamsやZoomでのビデオ会議がそれ相応に利用されているように思えます。身近な事例としては、4月の異動で配属となった現場ではTeams、自分の所属会社ではTeamsとZoomの併用*4でビデオ会議を行っています。

ただビデオ会議と言えども(映像を出さない)音声のみの会議も可能なのでWebカメラが無くとも会議自体に参加は可能ですし、そもそも論ですが映像込み・音声のみの混合会議も可能です。・・・が、どうもビデオ会議をやりたがり気味でして、そして顔出し=Webカメラが必要なパターンでの打ち合わせをやりたがりと言うオチがあります。幸か不幸かスマホWebカメラ化するアプリなんてものがありますし、最悪は今や一人一台当たり前のスマホにZoomなりTeamsなり入れてスマホのカメラで参加できますので、技術的にはどうにでもなります。

技術的にはどうにでもなりますが、私の利用している貸与PCはあくまでテレワーク用であり、客先が準備した専用ツールでリモートワークを行う状況下、あまり下手なソフトウェアは導入出来ません。別にスマホWebカメラ化するiVCamなどが信用に値しないとか思っていませんが、万が一の事故を考えると下手なソフトウェアを業務用に支給されたPCに入れるのは避けるべき行為です。*5

そんな事情から、(スマホなどのカメラを利用するソフトウェアなWebカメラではなく)物理的なWebカメラを調達する必要があります。・・・えぇ、出来ればLogicool辺りの名の通った然るべき製品を・・・。

Webカメラが売ってない・売ってても怪しいメーカー

以前までならWebカメラなんて捨て値で販売されているものでした。なんだかんだデジタルガジェット民は今も大好き秋葉原なら、1,000円出せば訳の分からぬ出処怪しい中華メーカー製が、2,000円出せばLogicoolのローエンドモデルと言う上等品(!?)が手に入りました。*6

しかし現在はコロナ渦によりWebカメラに対する空前絶後の需要が発生しているため、普通に探してもWebカメラが見つかりません。・・・正しくは、それなりに名の知れたLogicoolのような有名メーカー品の安価なモデルが根絶している有様です。

まずはヨドバシカメラ、店頭からは根こそぎ在庫が消えてELECOM製の3,000円コースのチョット割高なWebカメラかメーカー名不詳の怪しげなWebカメラくらいしか見つからず。それならばとヨドバシカメラ.comで探すも似たり寄ったり。安くてLogicool製と私の無い物強請りにジャストミートするLogicool C270n*7は予定数販売終了(早い話が品切れ)と言う文字が輝いている有様です。

それならばAmazonを覗くと足元見た転売ヤー無双でC270nは定価の倍以上の金額が付けられている有様、その他は突発需要により割高な中華製のWebカメラが乱舞する様相で一種の地獄絵図です。

その他の通販ショップは利用してないので他の通販系ではどうなっているのかは知りませんが、安価で名の通ったメーカー品は基本的に根絶している有様です。

探せば売ってたが難民になりかけた・・・

少しこの日記を寝かせてしまったので現在の(リアルタイムな)状況は分かりませんが、細々としたものをした買い物で秋葉原に行ったタイミングでBUYMORE(パソコン工房)にLogicool C270nが運良く売ってたので妥当な価格(ヨドバシよりは割高ですが2,000円チョットの金額)で確保出来ましたが、(C270nに関して言えば)家電量販店を覗いても見つからず、通販を見ても見つからず、あったと思ったら悪質な転売価格と酷い有様です。

少し前までなら「Webカメラが馬鹿売れ?ノートやタブレットなら大体付いてるのに大変だねぇー。」と他人事で居ましたが、まさか自分自身がWebカメラを探して不様に慌てふためく失態を晒すこととなるとは思いませんでした。
また、そろそろ需要が一巡してテレワーク解除となり始めた時期と思って(有名メーカー製のWebカメラが)手の入るかと思ったら未だに需要は衰えず、同じような考えの人が多いのか(上記でヨドバシで在庫として見かけたコスパが微妙のELECOMが三流メーカー扱いかどうかはさて置き)一流メーカーのローエンドモデルに果てしない需要が未だに発生していると言うのは恐ろしい状況です。

しかし・・・まぁ・・・あれですね。対岸の火事だと思って油断していると酷い目に合うぞと言うか、若干選り好みしているので勝手にWebカメラ難民になりかけたと申しますか、そもそも支給品と言えど何故Webカメラ無しのデスクトップPCなんてモノに手を出してしまったのk(ry*8

*1:専用VPN+RDPクライアントかと思ったら専用のリモート操作ツール使えって話になってます。・・・これが使い勝手が非常に悪くてねぇ・・・。

*2:ブルースクリーンとか、ブルーバックとか言うWindowsを利用してて調子が悪い時に出てくる悲しき画面。

*3:一般的な会社さんではどのような扱いとなるのか分かりませんが・・・。

*4:提案向けに両者のビデオ会議の使い勝手を知っておきたいと言う理由でダブルスタンダードな状況になってます。優勢なのはセキュリティで一悶着あったZoom、Teamsは今一歩と言う感じ。

*5:何を理由にイチャモン付けられるかは分かりませんし、些細な小さい問題でも注意を払うことは大切なことです。

*6:ソースは俺の記憶と言う、もっとも信頼できない情報なので留意が必要ですが、下手すればバッタモン(謎メーカー品やメーカー倒産品など)がワンコイン前後で流れてた気がします。

*7:Logicool製と言う有名ブランド品、それでいて価格は約2,000円前後と素晴らしい製品です。・・・普段は(C270nか知りませんが)似たようなモデルが山のように転がってるのですが・・・。

*8:あまり裏事情は綴れませんが、どうやら(助成金での機器配布だけど変に勉強会だ何だと面倒事やっちゃってる状況下から機器貰う=レポート作らされるんじゃないかと言う)疑心暗鬼から積極的に手を出さない中、BSoDとかガチ過ぎる理由でPCクレって言い出す輩が居たから支給されたって話デスッテヨ。ちなみにガチ理由過ぎるのが要因か、あるいは実際にビデオ会議中に熱暴走でブチッと切れたのが影響してるのか、支給PCについて何かレポート書けとか面倒事は今の所何も言われてません。