Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

毎度おなじみLinux専用PC衝動買いのお話です

人生で何十回目かのLinux専用パソコンが欲しいネタです。・・・戯言日記に綴っただけでも何度目だよ・・・。*1

今回はKali Linuxで自宅内で余らせている無線LAN APを攻撃してみたいと言う謎の思惑が発端となっています。
Kali Linuxクラッキングツールがプリインストールされた、ペネトレーションテストに特化したLinuxディストリビューションです。正しい知識とモラルを兼ね備えた技術者が利用すると、コンピュータ関連の安全管理に大活躍する素晴らしいLinuxディストリビューションです。

腐ってもIT技術者を生業としている身ですが、意外とクラッキング周りの具体的な手法は知らないので、興味を持ったことを足掛かりに少し悪いことを覚えてサーバーエンジニアからワングレード成長したい・・・とか思ったり思わなかったり。・・・えぇ、成長する方向を間違えてスクリプトキディ*2にならないよう注意しなければなりませんけど・・・。

そんな訳で、Kali Linuxで遊ぶためだけの専用PCを今回は衝動買いした次第です。

今回衝動買いしたPCについて

とりあえず、今年何台目か考えるのは辞めるとしてまたPC衝動買いしています。しかもSurface Pro 7とかお前今年何台目のSurface端末だよ!*3
今まで買ってきたLinux用と称するPCは骨董レベルの旧型PCを捨て値・・・とは言い難いですが、比較的新しめのSurfaceとしては捨て値と呼べるくらいの金額で買ってきました。
捨て値とは言えど、Surfaceはそこそこブランド力があるようで他の中古PCとしては若干割高*4です。

Surfaceブランドで6万チョットと捨て値ではありますが、程度はそれなりです。ボディに擦り傷はあるものの、液晶には圧迫痕・ドット抜けなどは見受けられず良好な状態です。更に本来は別売のType Coverも付属しているのが地味ながら有難い点です。Type Coverは中古入手でも7,000円〜8,000円、黄ばみに手垢が沈着したような汚らしいモノでも普通に6,000円オーバーと言う大変な高額オプションなので、それが付属していると言うのは有難い限りです。
多少の汚れは見受けられますが付属しているType Coverはマイクロファイバー素材のブラック、他のカラフルなアルカンターラ素材より汚れが付きにくい感があり、清掃すればそれなりになります。・・・えぇ、アルカンターラ素材は凄惨な状態のものが凄まじい金額で売られていることが多くてですね・・・。*5

ちなみにスペック周りは以下の通りです。

Surface Pro 7はSSDも完全オンボード仕様なので換装できる要素はありません。それを鑑みるとメモリが8GB/SSDが256GBと言うのは大変なまでに心許ないサイズですが、Kali Linuxを導入することを大前提に選定をしているためメモリ周りが心許ないのは事実ですが、一応適正スペックです。
むしろ、Linux専用と称するのにこれほどなまでに新しい世代のハードウェア*6を調達して良かったのかと、我ながら疑念を抱いてしまいます。

謎のWi-Fiアダプタの用途

今回Surface Pro 7に合わせて謎のWi-Fiアダプタを購入していますが、これは単にKali Linuxを利用して自宅Wi-Fi APをクラックするには必要性はありません。

あまりクラック周りで下手なことを語ると「幇助!幇助!」とケチ・イチャモン付けられたくはないので*7詳細は省きますが、Kali Linuxに限定せず無線LAN APに攻撃をする第一歩としてモニターモードに移行できるWi-Fiチップ(Wi-Fiアダプタ)が必要です。
一応Surface Pro 7のWi-Fiチップはそのモニターモードに対応していますが、せっかくだからなんか電波が拾いやすそうな意味があるか微妙ですが、ド派手なアンテナを搭載してモニターモードにも対応したWi-Fiアダプタを探した結果がこのアダプタです。

正直邪魔くさいことこの上ないですし、カジュアルにハッカー気分(当人以外から見るとスクリプトキディ)を味わう程度ならば全く意味もないものですが、せっかくだから調達してみました。
一応この製品はRealtek RTL8812AUと呼ばれるチップが搭載され、ドライバの適用は必要なもののKali Linux上のWi-Fi周りのクラックツールで動作するチップとされているので、私が闇落ちしてスクリプトキディ化したときも安心(!?)です。*8

SurfaceLinuxを導入するときの注意点

今回はSurface Pro 7にLinuxを入れようとしていますが、タッチパネルなどを利用するためにはLinux Kernelにパッチを当てるLinux Surfaceと呼ばれるプロジェクトの手順に従う必要があります。
github.com

・・・そう言えば、過去にSurface 3を入手してLinux入れた時にバッテリー残量が見れなかったり不都合が結構あった気がしますが、これを導入していなかったのが原因だったんでしょうか・・・。
sylve.hatenablog.jp

一応Surface Pro 7の場合はLinuxを入れてもType Coverは使えていましたが、モデルによってはキーボード入力・タッチパッド操作が行えなくなるとのお話*9もあるようです。いずれにせよ、SurfaceシリーズにLinuxを入れて使おうと思われている方は、Linux Surfaceの手順に従ってカーネルにパッチを当てておくことを強く推奨します。

合わせて、Surface Pro 7の場合はLinux Surface導入後のgrub(ブートローダー)設定修正時にパラメータを追加で加える必要があるようなので、忘れずに実施しておくと不幸にならない・・・かも知れません。
github.com


・・・あ、そう言えばSurfaceシリーズはリカバリイメージファイルはMicrosoftサイトからダウンロード可能なので、リカバリ領域の事前バックアップ・退避は不要です。
リカバリイメージのダウンロードにSurfaceのシリアル番号が求められるので、シリアル番号が書かれている場所を把握しておけば、好き放題やっちゃって構いません・・・ぞい。*10
support.microsoft.com

とりあえず遊べている

とりあえず最新のファーム適用目的でプリインストールのWindowsからWindows Updateを済ませ、既にKali Linuxを導入して遊んでいます。
流石にクラック方面の知見はありませんし、プリインストールされている使い方も全くわかっていないので自宅無線LAN APの攻撃はまだ行えていませんが、とりあえずSurface Pro 7でタッチパネルなども有効な状態でLinuxが動作しています。

あとは入っているツール類の使い方をどうにかこうにか取得すれば・・・と言う感じなのですが、いかんせんクラッキングにも悪用可能なツールばかりなので調べるにしても地味に苦労を伴います。
・・・えぇ、それこそ下手に使い方を大公開するとクラッキング幇助で面倒臭い事になりかねないでしょうから、少なくとも日本語をベースとした情報は探りにくいでしょう。・・・あと何でもかんでも下品な系統のTuber動画系統で、それこそスクリプトキディ御用達な系統の解説しか無さそうなので、苦手な英語ベースでドキュメントを物色するしか無さそうです・・・。

ある程度机上で初歩中の初歩知識を仕入れた上で、近いうちに以前利用していて現在放置されてるWi-Fi APを攻撃しやすいような設定を入れ込んで、実際に手を動かして(自分の)Wi-Fi APにアタックしてみようと思います。
・・・しかし、なんか手軽な書籍とか無いかしら?ペネトレーションテスト名目でいいので、そこそこ安価な日本語書籍だと母国語以外が理解できない残念身分としては大変助かるのですが・・・、・・・まぁ週末に秋葉原へ繰り出した時にでも探してみるとしますか・・・。

*1:数えようとしたら結構買ってたので考えるのを諦めた。

*2:他人が作ったツールでイキがるガキみたいな輩と言う意味で、主に英語圏で使われている全力全開の侮辱の言葉。日本(のネットスラング)での「厨房」に相当するようです。

*3:ちなみにSurface Laptop 4/Surface Go2に続いての3台目です。

*4:主にDELL/Lenovo/HP辺りのビジネスノートに比べると若干割高です。まぁSurfaceタブレットPCなので、一般的なノートPCと価格比較するのは微妙ですが・・・。

*5:秋葉原界隈の中古屋を覗き見ると、手汗・手垢で汚れたType Coverが結構な高値で売られててチビリます・・・。見た目より中身とは思いますが、不潔極まりないので売り物にしては駄目なのでは・・・とか外野ながら思ったり思わなかったり・・・。

*6:CPUはIntel第10世代Coreシリーズなので骨董世代と称するのは過剰ですが、(デスクトップ向けですが)既に第13世代が出ているので3世代も落ちたCPUです・・・。

*7:10年近くやってて全くバズらない戯言日記でそんなもんねーだろwwwwwwくらいに思われそうですが、「俺様メモ専用扱いで、細かいこと書いてません!」と称した記事に対して「私には理解できません、ちゃんと一から十まで適切に理解できるよう書いてください!!!11」と言う日本語が読めない日本人からケチ・イチャモンが付いたので・・・ね・・・。

*8:旧バージョンのKali Linux/Kernelだと自動適用されていたようなので、最適解ではないのかも知れませんが、悪くはない選択なのかも知れません。

*9:Surface Laptopシリーズのお話なのかも知れません。

*10:Linux用と称してSurface買った理由の1つ、最近は他のメーカーもイメージ公開してたりしますが、正規リカバリイメージを入手できると言うのは個人的には強みの1つです。

実家側へのリモート接続環境を改めて考えないと

実家にNAS(Synology DS120j)を設置したことを発端とした実家側へのリモート接続環境整備、春先ぐらいにRaspberry Pi 3 B+とWireGuardを組み合わせたVPN環境を整えて、数カ月間は安定して利用できていました。
sylve.hatenablog.jp

しかし、どうも実家側のNTT借用ONU一体型ルーターでIPoEが本格的に起動し始めたようで、再び実家側にリモートアクセスする手立てが無くなってしまい、対応をどうするかで頭を悩ませています・・・。*1
更に運が悪いことに、ひかり電話契約がある環境なのでNTTから借用しているONU一体型ルーターの利用は必須です。YAMAHAルーターのようにIPoEとPPPoEの両方を有効化させて、振り分け機能でVPN関連の通信をPPPoEに限定させると言うことは(借用ルーターでは)できません。

一応自動更新などの設定をNASに入れているので、勝手に必要な更新は適用してくれる・・・はずですが、監視できる環境があるとなにかトラブルが発生したときに手を打ちやすいため、リモート接続環境は整えておきたいところです。

SoftEther VPNは対応しているっぽい

ポート利用に制限が発生するIPoEでも使えそうなVPNツールで真っ先に思い浮かんだのはSoftEther VPNでしょうか。
ja.softether.org

私はあまりそこまで興味を抱いていなかった・・・と言うか、私にとってマトモに使い始めたVPNYAMAHAルーターの機能でL2TP/IPsecで、比較的最近のお話なので「なんかFW突破したいですごいらしいぞ(小並感)」と言う前評判で知ってる程度でしょうか。
もう少し突っ込むと、向上心のない自称IT管理者が「こんなもん使われると社内ネットワークがガバガバに穴だらけにされちまう!フザケンナ!!!11」と日本の伝家の宝刀臭いものに蓋をする愚業で公開停止にさせられたSoftEther*2なので、漠然とIPoE接続環境下でも上手い具合に処理してくれそうと言う漠然とした考えがあります。

調べてみると、既に検証されている方がいるようで、接続元・接続先共にIPoEに対応しているならばVPN接続ができそうです。
solomon-review.net

それよりシン・テレワークシステム使っちゃう?

SoftEther VPNが思い立つなら、もう少し便利なものを使うのも1つの手です。
・・・と、言うか実家側がIPoE接続に切り替わる前に利用していたツールですが、シン・テレワークシステムと呼ばれるテレワーク用のツールだけど無償利用可能なツールがあります。
telework.cyber.ipa.go.jp

こちらもSoftEtherの技術が使われているツールではありますが、同じくFW突破どころの話ではないツールなので、リモート接続したい場合に簡単に環境を整えられるツールの1つでしょう。
ただし、先程のSoftEther VPNは何らかのOSにサーバー機能を突っ込めば良いのですが、シン・テレワークシステムはテレワーク用ツールなのでWindows OS狙い撃ちなので接続先(実家)にWindows PCが必要です。*3

用途的に24時間365日常時起動となるので、下手なWindows PCに新・テレワークシステムを導入することはできません。・・・早い話、多少性能を意識しつつも超省電力構成のPCが1台必要になるので、チョイと(PC1台+Proライセンス代の)費用が発生することでしょうか?*4

身銭を切って買うか、手持ち機器でどうにかするか

実績を考えるとシン・テレワークシステムを利用するのが一番手っ取り早い手段のような気がします。
SoftEther VPNは自前で環境を組み込むにはあまりに知見が無さ過ぎるので、余暇時間で一度環境構築してからでないと不安しかありません・・・。*5

しかし、シン・テレワークシステムを利用する場合は上記の通りWindows PCを1台準備する必要があります。実家側に24時間365日常時稼働前提のPCを設置するため、あまり無駄に電力を必要とする機器は良識的に考えてNGなので、超省電力構成のPC*6が求められます。

恐らく秋葉原・・・と言うか、具体的にはじゃんぱら辺りを物色すれば適当な中古品が手に入るような気がします。可能ならばWindows11対応世代が欲しいところですが、費用面を考慮するとWindows10止まりの骨董品も已む無しでしょうか。
費用面ではハードウェア上限2万+OSライセンス台ですが、OS込みのハードウェアだと余分なライセンス代を支払わずに済むので、可能な限りOS込み中古個体を狙っていきたいところです。

手持ちの機器を流用する場合、候補としてはLattePanda Alpha 800s辺でしょうか。

一応Windows10 Proのデジタルライセンスが通って動作してくれます。リビジョンがSecure Boot非対応モデルなので、Windows11にアップグレードできないのは難点ですが、2025年10月(=約3年間)までの期間限定運用と考えれば悪くはないでしょう。
ただ、LattePanda Alpha 800sは思った以上に発熱が凄いので、(散財する予算はありませんが)可能なら性能よりも省電力構成で発熱も少ないハードウェアを利用していきたいところです。

ただし機器を設置するのは年末のタイミングになるため、急がず焦らず機器選定を進めて良いものが無ければLattePanda Alpha 800sを利用したシン・テレワークシステムの環境を利用していく方向で進めていこうと思います。

*1:なんで?と思われそうですが、端的に(簡単に)言うとIPoE接続だとグローバル側のポート利用に制限が発生し、VPN接続で利用したいポートが使えなくなるためです。

*2:この辺はWikipedia辺りを参照、IPAが一枚絡んだものの上記の通り声の大きさだけが取り柄の「大馬鹿者」が経済産業省IPAに圧力を掛け、(一時期)公開停止させたと言うお話があったりなかったり。

*3:接続元・接続先ともにWindowsの場合、リモートデスクトップ接続のラッパーアプリじゃねーか!くらいにしか感じないかも知れません。

*4:一応Homeエディションでも動くには動きますが、快適性を求めるとProエディション以上のOSが求められます。

*5:当初利用していたWireGuardも一応手持ち環境で検証して実績を作ってから実家側に導入しましたし・・・。

*6:できればNUCよりも小型のデスクトップPC、ノートPCはバッテリー周りの問題からNG。

秋月電子通商に行ってきた

周知の事実ですが、私はパソコンオタクです。ゲームはそこそこ・アニメ方面の知見もそれなりにあるにはありますが、私はパソコンオタクです。非常に大事なことなので2回(ry

そのような事情から、私は毎週のように電子部品からパソコンまで揃っている電気街の秋葉原に通っています。そろそろ電気街と言うのは過去の話のような気がしますが、まだまだ電子部品を扱うお店が多い場所ですし、そんな電子部品の塊であるパソコン部品を扱うお店が密集する日本では類稀な場所なので立派な電気街です。
最近はRaspberry Piにお熱気味なので、従来あまり足を運ばなかった電子部品屋に最近よく足を運んでいます。・・・えぇ、Raspberry Piはどちらかと言うとマイコンボードの延長線上なので、基本的に電子部品屋じゃ無いと手に入りません。特に酷い品薄で抱き合わせ商法が横行する今の時代は・・・。*1

秋葉原Raspberry Pi関連を探るとすると千石電商・マルツ・秋月電子通商辺りでしょうか。*2
千石電商は他店より割高だったり抱き合わせだったりが露骨で、個人的な心象は非常に悪いですが入荷さえしていれば「金さえ出せば手に入る」感の強いお店です。
マルツも(Raspberry Pi Zero 2 Wの)抱き合わせセットがあるにはありますが、その抱き合わせセットも長期欠品しているものの、在庫があるものに関しては千石電商よりは安価で手に入る印象の強いお店です。*3

そして秋月電子通商は・・・、・・・実はあまり足を運んでいません。玄人専門店の印象があり、Raspberry Piだけを目的とした身にはなかなか足を運びにくいお店です。
・・・が、足を運ばなければ欲しい物は手に入りません。・・・そこ、通販あるだろと言うツッコミは不要です。

そんな訳で、不肖ながらシルベスタ・岡崎、秋月電子通商に訪問させて頂きます。(週末に訪問させて頂きました。)

エビデンス写真


・・・別に「秋葉原の店舗」とは一言も言ってませんぞい。

知ってる人は知っていますが、秋月電子通商は埼玉・八潮にも店舗を構えています。
akizukidenshi.com

八潮店は意外と駅チカで八潮駅から徒歩10分程度、ただし営業日は週4の木・金・土・日です。
正直、秋葉原に通う身としては積極的に足を運ぶ理由の無いお店です・・・が、秋葉原から電車1本*4で訪問出来るのですから1回くらいは足を運んでみてもバチは当たらないでしょう。

そこそこ広くて快適

実際に足を運んでみた訳ですが、正直秋葉原の店舗より広いですし、秋葉原の店舗のように人が群がるようなこともなくゆっくりと品定めできます。
また売り場が広いので、秋葉原店だと店員に言って品出ししてもらう必要のある商品*5も展示販売しているため、余計な煩わしさもなく個人的には素晴らしい限りです。

品揃えは感覚的に秋葉原店以上、そりゃ広いんですから色々と売ってますよね。品薄のRaspberry Piも少なくともRaspberry Pi 400は普通に在庫として店頭に並んでいましたし、私が訪問したときは何故かRaspberry Pi 2 B(v1.2)*6が1つだけ処分価格で店頭に並んでいました。・・・確保しとけば良かったかな・・・。

また八潮店にはジャンクコーナーがあり、どのように活用するか頭に抱えるようなものも見受けられるので、個人的には素晴らしい限りです。

未だに発展途中で面白い街

初めて八潮駅に降りましたが、まだまだ発展途中のようで面白い街です。
駅前にはショッピングセンターが構えており、初手家電量販店のノジマがあり、デジタルガジェットオタクとしてはいい暇つぶしの場所になりました。*7

合わせて、秋月電子通商八潮店の目と鼻の先にケーズデンキが絶賛建設中、そんな隣接して家電量販店を作ってどうするの?と思いそうですが、恐らく徒歩10分のはずが家電量販店2箇所ハシゴで秋月電子通商八潮店まで徒歩1時間くらいになりそうな雰囲気で、ガジェット好きとしては恐ろしい限りです。*8

都心へのアクセスも悪くないようなので、少しだけ「東京都外に出るとしたら八潮はアリかも・・・」とか思ったり思わなかったりしてしまったので、案外いい街なのかも知れません。・・・オタク観点としては秋葉原に電車で1本と言うのは強すぎる利点だw(なお運賃)

チョイと足を伸ばしてみるのも1つ

秋葉原から電車で20分程度、そこから徒歩10分程度と言うアクセスは結構悪くないので、秋葉原店で欲しい物が見つからなかったら八潮まで足を伸ばすのも一つの手なのかも知れません。
・・・まぁ、その前に秋葉原に点在する電子部品屋をハシゴしたほうが求める部品を入手出来る可能性は高いですが、案外気分転換としては悪く無いです。

ただRaspberry Pi関連製品のためだけに八潮の秋月電子通商まで足を伸ばすのはそれはそれで非効率なので、どうしても欲しい!・・・と言う場合が出てきたら候補に含めて足を運んで行こうと思っています。
・・・あとは、なんか綾瀬駅からのバス路線があるみたいなので、意味もない路線バス乗りつぶしの旅の一環とか・・・ですかね。

いえ、意外と常磐線沿線からのバス路線が多いようで、無駄に乗りつぶしてみたい衝動にチョット駆られてしまいましてね・・・。

*1:以前はRaspberry Piなんてあきばおーにも入荷するレベルでしたが、どうしてこうなった・・・。

*2:若松通商もあるにはありますが、最近は元気が無さそう・・・と言うか、末広町に店舗構えてた頃はそれなりに足を運びましたが最近はサッパリです・・・。

*3:Raspberry Pi Compute Moduke(CM)4を内蔵したreTerminalは、マルツ・秋月電子通商の方がお安い価格を出してます。

*4:つくばエクスプレスの各駅停車に乗って20分程度です。

*5:使い勝手の悪さから部屋の肥やしになっているre_computer caseに最適合するSBC基盤も、八潮店では普通に転がってました。

*6:CPUがARM Cortex-A53(64bit対応)で、Raspberry Pi 3 Bに近い仕様ですがWi-Fi未搭載、性能的にはZero 2 WよりCPUクロック数が僅かに低く・メモリは倍(1GB)と言った仕様です。

*7:この人、開店時間を30分ほど勘違いしていたので、一度駅前に戻ったんですね。

*8:ケーズデンキはある意味手堅いので、あまり面白そうなものは無いような気がしなくはないですが・・・。