Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

2021年7月分の散財日記をまとめておく

この戯言日記ではお馴染みになった思いたい月間浪費状況の振り返り記事、今月も初めます。
本来の趣旨は年末のタイミングで定めた月間浪費予算の範囲で散財していこう・・・と言う自制と恥晒しと常時ネタ切れのブログ記事を兼ねたネタでした・・・が、MacBookProを衝動買いしたことにより*12021年は赤字終了が確定して借金育成日記と化しています(白目)

もう赤字終了が確定だからと自暴自棄となり(!?)今月も酷い結果となりました・・・。

2021年7月分の散財記録

sylve.hatenablog.jp
sylve.hatenablog.jp
sylve.hatenablog.jp

今月の主犯はiPad Pro 11-inch/2021、妙に秋葉原イオシスでお安い価格だったので飛びついてしまいました。・・・お前、お安い価格と言えど10万オーバーやぞ(白目)*2
但し、実家に引き渡しているiPad 5(2017)が搭載プロセッサ的にそろそろ打ち切りの可能性が高いので、iPad Pro 11-inch/2018を実家側に引き渡す予定なので、まだ計画的だから・・・(震え声)
そして、買い替えたiPad Pro 11-inch/2021向けにアクセサリーをもりもり買っちゃう罠。特に先月調達したApple WatchのアクセサリーのメーカーからiPad Pro 11-inch/2021向けSmartConnect対応カバーが登場したため、ただのケース如きに約8,000円を叩きつける頭の悪さ。ただ、実際問題Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioを使うとカバーが使えず、バンパーもかなり限定的なので持ち運ぶ機会が多い場合はケースは無いと困るものだったりします。

NASに関しては、GWの臨時帰省時に実家側でらくらくホン(ガラケー)/iPhoneの組み合わせかららくらくスマートフォン(ガラホ)に乗り換えて「iPhoneもういらん」*3となった都合上iCloudを利用したタブレット(iPad)との写真同期が行えなくなったので、実家側向けにNASを調達しています。
但し、現在絶賛コロナウイルス蔓延中で瞬間的な帰省さえままならないので*4DS218Playでは試せない用途の実験体として使わせてもらいました。
・・・上辺だけ触る程度なので、もう既に提供用に梱包済みですが、DSM7.0を少しだけひと足お先に触ったり*5有意義に遊ばせて貰いました。

個別記事化していない散財記録

戯言日記化出来ていない散財記録が今月1件ありまして・・・。

  • 入手元: Amazon.co.jp
  • 商品名: MARSHAL MAL22000SA-T54
  • 浪費金額: 税込み5,900円

Amazonで謎のHDD、調達理由はこれです・・・。

ラックを買い替えて、強度が弱ったラック(ざぁこざぁこラック)に一時的にNASなどを置いていたら、ざぁこざぁこラックが崩壊してNAS共々色々とビターン!となりましてorz
PC系統は無事、NASのHDD(4TB*2)も奇跡的に無事*6だったんですが、NASのバックアップ用に利用してた2.5型2TBのHDDが落下の衝撃で壊れてスピンアップしない大惨事になりましてorz

集計結果

2021年7月分の合計浪費金額は166,632円、件数は都合4件です。
前年比+154,458円、件数は昨年の算出が掛かれておらず、2年前から+21件と謎の記録*7しか残されていないので、記録不備から比較不能とさせてください。

主犯はiPad ProですがNASを実質的に買い増したり、ラック崩壊から無駄にHDDを1台調達したり踏んだり蹴ったりです。
但し7月に調達したNASはあくまで旧iPad Pro譲渡に関連した出費であり、更には年始に衝動買いしたPCを売却した金額で手を出してたりするので、やっぱり来年度以降は機器売却で得た金額を考慮して計算しないと今年のような酷い金額が出てしまうので、計算方式の全面見直しをしないと未来永劫赤字終了となりそうな気がします・・・。*8

もはやセルフ縛りの借金がどのくらいかを考えるのは諦めるとして、今後の浪費をどのくらい抑えていくかがキーポイントとなるので、無駄な浪費に走らないよう気を付けるだけですね・・・。

Surface Goをどうにかしたい(あっ・・・)

先月危惧していたWindows11周りの浪費危険因子で、Surface Goをどうにかしたいと言う衝動に駆られています。

業務用として使い古して、性能面で用途御免・BYODデバイスだから私物PCとして戻ってきたマシンですが、残念なことにSurface GoはWindows11動作要件のCPU要件に適合しないため、Windows11非対応PCとなっています。
その一方で、手頃なサイズなので*9自宅内の作業用PCとしては大変なまでに重宝しているのでSurface Goの後釜でWindows11対応のPCを準備したいと考えています。

そうなると同じようなサイズでチラホラと秋葉原で見かけるSurface Go 2が気になるのですが・・・、・・・こいつが案外良いお値段なのでどうしたものやら・・・。

何か作業をするにはそれなりの性能が欲しいのでCore m3モデルが欲しい・・・と言うか、チラホラとCore m3搭載モデルを見かけるので欲しいところですが、このCore m3モデルはLTEモデルなのでお値段マシマシでして・・・。*10
いえ、適当な作業マシンなら最近ジャンク扱いで入手してWindows11 Insider Preview入れているマシンがあったりするので追加で作業マシンを買う・買い替える必要性はどこにもないですし、Windows PCが必要と言うだけなら仮想マシンの踏み台でもいいし、レジストリ汚染云々なんて前世紀のOSみたいなことを考えずバカスカとNUC8i7HVKのWindows環境*11に突っ込めばいいだけのお話なんですが・・・。
とりあえず、8月は迂闊にSurface Go 2とか買わないよう、引き籠って過ごしていきたいところです・・・。・・・えぇ、コロナウィルス大流行でいつどんな経路で感染するか分からない恐ろしい状況下ですし・・・。

*1:いえ、それ以前に浪費著しくアレゲなことになってますが・・・。

*2:ただ、実際安い。256GBのCellularモデルはApple Storeで買うと約12.5万円に対し、Aランク美品で約10.5万円。ついでにMagic Keyboardも買ってますがApple Storeで買うと3.5万円に対し、Aランク美品で約2.2万円と上手い具合に安価に揃えられました。

*3:写真機としてしか使ってなかった+お友達がらくらくスマートフォン使ってるで同じ機種使いたくなっちゃった模様。

*4:私の場合は、実家が東京のお隣と言えど県境をまたぐ移動に属しますので、余程のことが無ければ基本的に自重自制自粛です。

*5:買った十数日後に正式リリースなので、本当に少しだけひと足お先に触ることに・・・。

*6:物理故障は無く、S.M.A.R.Tの完全チェックとSeagate製HDDなのでIronWolf正常性確認機能の2つで論理的なチェックも行いましたがNG項目はありませんでした・・・。

*7:細かくカウントしてたのかどうかが全く分からず、チョットお粗末な記録でした・・・。

*8:元々2021年度は3.5万円/月予算だったはずが、2020年の赤字分を相殺して2.7万円予算となり、慢性赤字と言う負のループに陥ってますので・・・。

*9:以前所有してたLet's note CF-RZ5も良い感じのサイズでした・・・が、タッチパッドが駄目駄目でした・・・。

*10:BUY MOREで法人向けLTE非搭載のCore m3モデルが転がってますが、チョット魅力に欠けてしまう・・・。

*11:いや、NUC8i7HVKも第8世代ながら中身は実質第7世代のKaby LakeなのでWindows11非対応打ち切り産廃確定世代なんですが・・・。

2021年7月のKindle衝動買い記録まとめ

しれっと先月はKindle関連の衝動買いが無くて記事を作っていなかったアレ、はっじめっるよー。*1
2021年から通常の浪費日記と分離して作成しているKindle衝動買い記録の集計記事で、予算2,000円/月で(努力義務で)買いましょう・・・と言うお話です。
6月分はKindle関連で何も衝動買していない状況なので、2ヶ月連続で目標予算以下で収まっていますがはてさて・・・。
sylve.hatenablog.jp

今月入手した電子書籍(漫画)

何故かこのタイミングで購入した原作の「孤独のグルメ」の第2巻、ドラマ版がカルト的な人気で説明不要かと思いますが、俗称ゴローちゃん(おっちゃん)がチョット仕事してお腹が空いたからご飯食べると言うお話です。

実質的な第1巻*2は認識していましたが、第2巻が出ているとは・・・。・・・いえ、第2巻の存在は知っていましたが、手を出すタイミングを逃し続けておりまして・・・。
深夜の勢いでポチって買ってしまいましたが、・・・ゴローちゃんまーたアームロックしてるよ・・・。

集計結果

2021年7月は1冊、合計金額は679円です。3ヶ月連続でKindle散財予算以下を達成で、無駄遣いを抑えている観点では素晴らしい結果です。
・・・まぁ、今月はKindle以外の(物理的な)書籍ですぅぱぁ散財*3しているので、手放しで喜べない状況と言えばそうなんですけどね・・・。
sylve.hatenablog.jp

それはさておき、先々月(5月分)のKindle散財日記のまとめでも触れましたが、継続して購入しているシリーズ作品の買い逃しが無いかが少々気になります。
・・・いえ、日本に来たエルフさん(コミック版)*4で買い逃しが発覚して平均化出来るはずの出費が偏って月間予算超過と言うことをやらかしているので、予算達成は良いのですが継続して購入している作品の新刊買い逃しが無いのかどうかが気になるところです。

まぁ、そのまま完全に買うことを忘れてしまえば無駄な出費が抑えられますし、惰性で買い続けるよりは「その程度の認識だった」として済みますが、自分が現在シリーズで購入している作品の単行本発刊ペースを把握しておいていつぐらいに発売となるくらいのことは抑えておきたいところです。

*1:Amazonの購入履歴を見ても、珍しく2021年6月は1円以上のKindle本は買っていませんでした。

*2:シリーズ化前提で無かったのか、実質第1巻には特に「1巻」「1」のような表現はありません。

*3:大変珍しくネットで少しググれば情報が出てくる今の世の中に技術書買いました。・・・1冊4,000円以上と白目剥く金額ですが、近年の「いかがでしたか?」系統の意識高い系アフィ厨による悪行で検索汚染著しいので、役立たないゴミから有益な情報を探す時間が勿体無いので物理的な本を調達しました・・・。

*4:正しくは「日本へようこそエルフさん。」で、乱暴に言えば転生系の派生形式で、なんやかんやあって現代日本にエルフが来ちゃったってお話。なお、エルフさんの元の世界には簡単に戻れる模様。

久し振りに技術書を書店で買った(但し1つはブックオフ)

仕事の都合ではありませんが、Zabbixに触れる必要がありそうなのでZabbixについて調べていました。
ちなみにZabbixはオープンソースの運用・監視ツールで、IT屋さんの中ではそれ相応に利用されているツールです。

www.zabbix.com

・・・それなりに利用されているツールなんですが、私はどちらかと言うと業務都合でJP1やSystemwalkerに触れる機会が多く、実はZabbixは全く触れてこなかった未知の領域だったりします。・・・いえ、JP1もSystemwalkerも導入周りは全然知りませんし、どっちもジョブマネ*1でゴニョゴニョする機会の方が多かったんですけど・・・。
閑話休題、とにかくZabbixについて知見を広げる必要があります。正直「ちょっとググればいくらでも情報出てくるだろwww」と楽観的に考えていましたが、不覚にも忘れていましたわ、今は汚染が広がりググるだけではまともな情報が出てこないことを・・・。

大変に悲しいことですが、現在はアフィリエイト目的の極端なまでにクオリティの低い情報や、意識高い系による馬鹿の一つ覚えのように意味もなく長ったらしく当たり前のことだけを綴り「いかがでしたか?」で締めるネット記事が量産されてしまい、まともな情報が出てきません。・・・えぇ、腹立たしいことに内容は何も存在しないのに検索対策だけは一丁前にガッチリ仕上がっているようで、探せど探せど入門に適した情報は見つかりません。
更に運の悪いことに、Zabbixは日本語ドキュメントの整備よりもセミナーなどのお金稼ぎにお熱のようで、日本語版のドキュメントはZabbix 2.2で終わっています。・・・ちなみにこの戯言日記を綴っている2021年7月下旬時点ではZabbix 5.4が現行バージョンとなります・・・。

・・・もう、本を買おう(白目)

f:id:sylvester:20210723203958j:plain

今回買った本

・・・あ、普通に勉強用なので浪費扱いじゃないですよ・・・。

1冊目はZabbix入門書。

基本を知りたいので予算を抑える目的で古書で済ませようとITの街である秋葉原*2ブックオフで済ませようと思ったらZabbix活用編的な本しか無く*3無知な素人向けの優しい本が無かったのでヨドバシアキバを覗いたものの見つからず、結局秋葉原の書泉で調達・・・。まだ帰宅早々やることがあるので*4見れていませんが、4,000円も支払ったんだから元を取れるよう内容を理解してスキルとして活かせるよう頑張っていきたいところです・・・。*5

2冊目はなぜかAWS本。

こっちはブックオフで比較的年式の新しい書籍だったので手を出しました。
・・・えぇ、AWSは課金体系が複雑怪奇で個人では手を出せずに居ましたが、仕事で触れる機会があるのでちょうど良いのでそのままレジに持ってっちゃいました。

帰り際に電車でペラペラと見ていますが、業務都合で触りくらいしか触れていなかったと言うか、苦手意識から積極的に触らずに居たらチョットAWS周りの知見が出遅れ気味*6なので・・・。
こちらは中途半端に知見がある分サクサクと読んでいけるので、まずはこの連休中に一通り目を通して、必要に応じて適宜繰り返して目を通して行きたいところです。

運用・監視系のコーナーってあまり無いのね・・・

Zabbix系の入門書を探して秋葉原古書店含む書店を巡りましたが、運用・監視系ってあまり無いんですね・・・と言うか、「運用・監視」ってコーナー自体が存在していないので書泉でもどこにあるのか右往左往してしまいました・・・。
最終的には「VPN」と書かれた付近にZabbix/Hinemos*7の2つを見つけたので、どうしてその場所に・・・と思いつつ、インフラエンジニア系統の書籍って大変マイノリティな扱いなんだな・・・と思ったり思わなかったり。

ブックオフで見つからないのは古書店であり、ブックオフに捨て値で持ち込む人が居なければ在庫として並ぶことが無いので分かります。
ヨドバシアキバも以前に比べると技術書売り場は大きく縮小してしまっているので、Zabbix含めた運用監視ツールの書籍が無いのはまだ分かります。
でも様々な分野で強いような印象のある書泉でもなんだか微妙な扱いでVPN関連の書籍に混じって並んでいると言うのは、インフラエンジニアをやってる身分としてはチョット悲しくなります・・・。ネットは汚染著しく必要な情報が見つからず、仕方なく書店で探したら謎の分類分けされて見つけ出すのに頭を抱えることになるなんて・・・。

いや、別にインフラ系の技術は運用監視だけでは無いと言うか、どっちかと言うとOS周りの技術書のほうが比重は大きいんですけど、なんというか・・・なんというか・・・。

Kindle版でも良かったかも

買ったあとで思ったのですが、今の時代に古書狙いで無いのならKindle版買っとけば良かったんじゃ・・・。
いえ、Kindleはあくまで「内容を見る権利をやろう!」であり、所有するわけでは無いんですけど、あまり書籍を置く場所が無いので可能な限りKindleで済ませたいだけなんですけど・・・。*8

とは言え、Kindle Whitepaperだとサイズが小さすぎ、iPad miniでも技術書系統を見るには厳しい、iPad Pro 11-inchなら悪くはないが手持ちのはMagic Keyboardとのペアで半ばLaptop替わりなので案外手持ち機器で見るには辛かったりします。それを考えると、物理的な書籍で入手するのは悪いことではない・・・のかも知れませんが、なんだかモンニョリ。

まぁ、そんなことよりさっさと読み進めて細やかながら自分自身のスキルとして身につくよう頑張ります。・・・特にZabbixの方は手持ちのESXi環境で導入してアレコレと試せそうと思えば試せますし、何かとステイホームが求められる世の中、読書で引き篭もるってのもたまには悪くはないですし。

*1:ジョブマネージャー、非IT屋さんの人に向けて端的に簡便に言い表すならタスクスケジューラーの凄いやつ。

*2:私の中では秋葉原はITの街です。オタク街ではありません、ITの街です。いいね?

*3:いくら秋葉原と言えどZabbix狙い撃ちであるのかなぁ?・・・と思ったら、ステップアップした後に読むような本でしたが普通に在庫があってワロタ。

*4:ラック買い替え・整理中の事故でNASが落下し、NASは無事だったもののNASのバックアップHDDを物理的に壊してしまいまして、換装してまして・・・orz

*5:4,000円コースの書籍なんて、まだ若くて無駄に情熱があり、電子書籍なんてものが流行る前で色々買い漁ってた時期でも手を出したことないよ・・・。

*6:いえ、VMwareメインであまりAWS触らないと言う人も居ますけど、苦手だからと目を背けるのは好ましくないことなので・・・。

*7:Hinemosは、なんかNTT Dataが絡んでる国産オープンソース系の運用監視ツールらしい。

*8:現在物理的に持ってる書籍は棺担ぎのクロちゃんの本編全7巻、東方文花帖東方求聞口授など主にホスト名の命名規約用にキャラクター紹介系の情報書、埃かぶってるカメラ系の書籍くらいで、他は実家に都落ちさせたり処分したり・・・。