Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

マウスの挙動に我慢出来ずMagic Mouse 2を購入してきた

2016年の年末にMacBook Proを購入し、年明け早々に4Kモニターを購入するなど散財が続いておりますが、1点だけどうしても我慢出来ないことがあり、1つマウスを衝動買いしました。
sylve.hatenablog.jp
sylve.hatenablog.jp

・・・いえ、マウスなら手元に数年前に購入したLogicool Ultrathin Touch Mouse T631(T630)*1Logicool Wireless Trackball M570tを所有しており、他に新たにマウスを買う必要は無いように思えます。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

しかし、使い勝手に問題があり、どうしても耐えられなくなり、今までiMacで利用してきたMagic Mouseを使いたくなった為、新規購入に至った次第です。*2

Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A

Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A

手持ちのLogicool T631/M570tの不満点

Logicoolと言えばWindowsでは大変知名度の高く、一定の評価があるキーボード・マウスメーカーですが、あくまでWindows利用時の話。
いえ、勿論Logicoolさんが無能と言う訳では無く、キチンとMac向けのデバイスドライバ・ユーティリティを配布しているのですが・・・、・・・特にM570tに関してスクロールの挙動が滅茶苦茶なのです。

具体的には、M570tのホイールをスクロールしても1ピクセル単位*3でしか動かない。ユーティリティでスクロールの加速度を設定するとある程度はスクロールするものの、コマ落ちしガクガクとしたMacらしからぬ乱暴なスクロールとなるのです。
Magic Mouseや(MacBook系統の)タッチパッドでスクロールさせると滑らかにスクロールし、慣性によりある程度適当にスクロールが進むので、それが普通と思っていたらまさかの異常なコマ落ちガクガク*4でまともなスクロールが出来ないと言う現実に打ちのめされた訳です。

T631に関しては、M570tほどの酷い挙動は無く、劣化版Magic Mouseのように扱えるのですが・・・、Sierraアップデート後にスクロールの挙動が変わり、M570tほどの酷さは無いもののスクロールの滑らかさに欠け、慣性スクロールの挙動が今までと異なる感覚になってしまった為、許容範囲と言えばそうなりますが、それでもMagic Mouseと比較すると相当な操作感の劣化が発生してしまっています。*5

Logicoolマウスを使い続ける選択肢は無かったのか?

調べると同様の事象に頭を抱えるユーザーが多いらしいのか、以下のような記事が見つかりました。
irabbit.seesaa.net

有償のソフトウェア(2,300円/試用期間30日)を利用することで問題を解消することが出来るとのことです・・・が、私はそう言うことは望んでおりません。
職業柄なのか、メーカー製造のユーティリティ以外に対し謎の恐怖感を感じてしまい、積極的に利用したいと思わないのです。・・・別に紹介されているSteer Mouseが怪しいツールとは言いませんが、非純正のユーティリティなのでリスクを意識する必要があります。*6

その為、私の場合はLogicoolマウスを使う事を諦めて(貧困者なのでお金は無いけど)お金の力でApple純正の無駄に高いマウスを購入することにした訳です。

MacBook Proのトラックパッドじゃ駄目なのか?

私が利用しようとしているパソコンはMacBook Proです。その為、MacBook Proに備え付けられているトラックパッドで操作するのは駄目なのかと言う疑問が湧いてきたりします。
確かにトラックパッドだけで問題がありませんし、Magic Trackpadなるオプションも販売されているのでMacBook Proのトラックパッドの使い勝手は悪くありません。むしろ、スクロールの問題を解消させるだけならばトラックパッドがあれば十分です。

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

但し、私の場合は4Kモニターを接続して広大なデスクトップを縦横無尽に・・・と言うのは言い過ぎですが、それなりに可動範囲が広いのでトラックパッドだけで操作するには少々辛いものがあります・・・。*7

また、Adobe Lightroomを利用した現像処理を今までMagic Mouseで操作していた為、単純に慣れの問題でMagic Mouseの方が楽だからと言うショウモナイ理由*8もあったりなかったりします。

今回衝動買いしたマウスをについて

  • メーカー:Apple
  • 品番:Magic Mouse 2(MLA02J/A)
  • 購入価格:税込み9,047円(新品/ポイント併用)

前置きが長くなりましたが、いつもの衝動買いした時の品番やら価格やらの戯言情報。Apple純正のMagic Mouseで、iMacを購入した際にBTOでオプションのMagic Trackpadを選択しない限りは標準で添付されるマウスです。*9
Magic Mouse(便宜上、無印と書いたり書かなかったり)との違いはバッテリー周り*10だけ、その他大きな違いは無いように見受けられます。

バッテリー内蔵のお陰で安定して使えます

今更使い勝手や無印との比較なんてのは無意味ですし、恐らく多くの意識高い系の方々がアフィリエイトを大量に貼り付けた記事を量産しているのでこの戯言では特に綴りません。
ただ、使い古したMagic Mouse(無印)と比較して、利用途中に切断されるなどの問題無く安定して利用出来ています。
無印の方は、劣化するとバッテリーとの接触不良*11が発生し、利用している最中に突然切断され、数秒〜数十秒間マウスが利用出来ないと言う事象が発生していました。バッテリーが内蔵式に変わったお陰で、若干悩まされてた事象が解消され、割とご満悦です。
無論、バッテリーが交換出来なくなったので今後バッテリーが劣化した場合どうなるかが心配ですが、以前利用していたときの問題が解消されたので当面の間は快適に使えるようになったと喜んでおきましょう。

*1:今は廃番しているようですが、T631と言う型番はMacOS専用品番として白いモデルが存在していました・・・が、現在はT630に白いモデルが登場している+ハード的には同一だったりします。

*2:iMacで利用していたMagic Mouseは本体売却に伴い既に梱包済み。付属品なので仕方無いね・・・

*3:Windows感覚で軽くホイールを回してもほとんど画面がスクロールしないので不良品を引いたのかと驚きました・・・。

*4:流石に慣性である程度スクロールすると言うのは期待していませんでしたが、あれほどガクガクした挙動になるとは、正直失望しましたorz

*5:挙動が劣化したと言えど、MacBook Early 2015専用マウスとして利用し続けていますが、Sierraアップデート前はこんな挙動じゃ無かった気がするのですが、どうしてこうなった・・・。

*6:macOSバージョンアップに迅速に対応してくれるのか、いつまで提供されるのか、先に綴った通りスパイウェアなどのリスクは無いか。イチャモンに近いですが、歳を取ると通常では考えられない空想に近いリスクが気になってしまう年頃なのです・・・。

*7:Magic Trackpad 2や新型MacBook Proに搭載されている巨大なトラックパッドならもしかするとデュアルディスプレイ環境でも快適なのかもしれませんが、私が購入したのはLate 2013の旧式MacBook Proなので従来通りの(現行モデル比較で)小さいトラックパッドです。

*8:ショウモナイ理由であり、割と重要な問題。試しにトラックパッドで現像処理を実施してみましたが、案外操作出来ると言いますか、M570tで現像処理するよりはまともに操作出来ましたが・・・私の場合はマウス操作の方が楽ですね・・・。

*9:MacBook系統には付属品しません、Mac miniMac Proの場合は付属品扱いになるかは(該当商品を買ったことが無いかので)知りません。

*10:無印は乾電池式でしたが、Magic Mouse 2は充電池式となり、本体背面にLightningポートが備え付けられています。

*11:ここ2〜3年で事象が発生するようになってしまい、eneloopから通常の単三電池に変えたり対策したものの、あまり状況は芳しくなかったのでどうしたものか・・・。