読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

いい加減にモバイルバッテリーを買おうと思ってダンボーバッテリーを衝動買いしてきた

約1ヶ月前にモバイルバッテリーを買い替えようか否かと戯言を綴りましたが、結局デジタル一眼を衝動買いする迷走をし、モバイルバッテリー買い替えを行わずにいました。
sylve.hatenablog.jp
しかし、限界では無いもののバッテリーの劣化が進んでいるのか、そろそろ買い替えないとポケモンGOポケモンGO、ついでにポケモンGOと不測の事態*1に備えることが出来ないので、勢いに任せて衝動買いしてきました。

今回衝動買いしたモバイルバッテリー

f:id:sylvester:20170323214622j:plain

  • メーカー:cheero
  • 型番:Power Plus 3 DANBOARD version
  • 購入価格:3,500円

約1ヶ月前の戯言で購入候補としていた俗称ダンボーバッテリーの大容量版です。
本当ならばPower Plus3 Premium(上位モデルでUSB-CのMacBook充電にも対応するモデル)に手を伸ばそうと思っていたのですが、購入したあきばお〜でチョッピリお安かったので買ってしまいました。・・・価格的にはPremiumより数百円安い程度なんですが、ダンボーバッテリーで一番大きい容量はこの子だから仕方無いね。*2

今まで使ってきたモバイルバッテリーと比較

長年使ってきたダンボーバッテリー(初代Power Plus)と意味もなく比較してみました。
f:id:sylvester:20170323214810j:plain
大きさは大体一緒です。チョット横幅が小さくなってたり、分厚くなってたりしますが、基本的には今までと同等の大きさです。

f:id:sylvester:20170323214848j:plain
大きな違いはUSBポートの扱い、旧モデルはUSBポート毎に許容電圧が設定されていましたが、買い替えたバッテリーではAuto-IC機能により接続した機器に最適な電圧を自動調整するので差し込むポートを気にせず*3モバイルバッテリーを利用することが出来ます。

f:id:sylvester:20170323214924j:plain
付属の収納ポーチ、この収納ポーチがあるからPremiumでは無くてダンボーバッテリーを選択したのです!パッと見る限り素材が変わりました。旧モデルは麻っぽい素材だったのですが、USBケーブルを入れていると内側の素材が毛羽立ち大変な事になっていましたが、新モデルではそういうことが無さそうなので安心です。

これでしばらくの間は安心してポケモンGOが出来る・・・

バッテリー劣化に伴い1回充電で半分以下となっていたので、これでしばらくの間は安心して出先でゲームをすることが出来ます。・・・いえ、先程も綴った通り、本来の私の用途は不測の事態に備えてスマートフォンを充電する目的でモバイルバッテリーを所有しているだけで、ゲーム目的では無いんですけど・・・。
Auto-IC機能により危機に最適な電圧を自動調整して充電出来るようになったので、iPad Pro(12.9inch)の充電も普通に出来るようになったんじゃ無いかなぁ・・・と思うので*4今まで以上に色々なガジェットを安心して持ち出せそうです。

*1:大半がポケモンGO(ゲーム)目的じゃねーか!・・・いえ、元々は用途に限らず出先でスマートフォンのバッテリー切れに備えてモバイルバッテリーを持ってた訳でして・・・。

*2:いえ、ダンボーバッテリーだと収納ポーチが付属してるので、充電用ケーブルの持ち運びを考えると追加で収納ポーチ買わずに済むダンボーバッテリーの方が都合が良かったと申しますか・・・。

*3:まぁ、同時に2台充電することはあまり無いので基本的に2.1Vのポートを利用して充電していましたが、今後はポートを気にせず充電出来るので便利になりました。

*4:iPad Proを接続すると「充電していません」と表示され、超低速で充電されました。・・・低速過ぎて意味があるのか無いのか・・・。