Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

先週買ったテレビ(KJ-40W700C)が到着したので早速設置してみた

f:id:sylvester:20171216130008j:plain
先週購入したテレビKJ-40W700Cが昨日(16日)到着しました。
sylve.hatenablog.jp

独り暮らしの身には有り余る40インチ、憧れ・・・とまでは言いませんがFHDなテレビなので年甲斐も無くワクワクテカテカしていました。

設置直後の雑感

32インチからの買い替えなので横幅がデッケェ・・・。設置場所の関係上ギリギリ間に合うか否かレベルの余裕しか無かったので*1割と肝を冷やしてたのですが、意外となんとかなるモノです。

レスポンスは無駄に様々な機能が備わっている為か、非常に緩慢な挙動*2です。まだ初期設定直後と言うのもあるのかも知れませんが、イマイチ俊敏さを感じられません。チャンネル切り替えに関しては、今まで利用していたAQUOSさん(32)の方が(無駄な機能が備わっていない分)優秀だったのかもしれません。

ただ、HDMI端子が4本搭載と言うのは素敵です。現在、レコーダー・PS3・switch・Chromecastと4つほどガジェットがあるのですが、全部接続することが出来ます。・・・無駄にガジェット持ちすぎなだけ*3かも知れませんが、必要な機器を全て接続出来ると言うのは良いことです。

利用しての雑感

今回購入したテレビの位置付けはローエンドですが、それでも多彩な機能が搭載されており、Intel Miracastに対応してたり、Android TVではありませんが専用アプリで多くのオンライン動画サービスを利用出来たり、デフォルトでnasne連携が可能なのでnasneの録画データをシームレスに再生出来たり、予約出来たり無駄に多機能です。

1枚だけ画像をアップロードしていますが、これは内蔵機能でAmazonビデオに接続して、終末少女旅行を再生している図だったりしますが、あまり凝ったことをしなければFire TV無しでAmazonコンテンツを楽しめますし、ニコニコ動画も見れるし、YouTubeも見れます。その他Huluやらリモコンにデカデカ書かれてるNetflixやらにも対応しているのでどのくらいの年数サポートしてくれるか*4知りませんが、当分の間はオンラインコンテンツを気軽に楽しむことができそうです。

ただ、やっぱりレスポンスの悪さは気になるところです。このレスポンスの悪さがSONY内でローエンドと呼ばれる理由かどうかはしりませんが、何をするにも時間をワンテンポ待たされる感があるので俊敏に動作してくれさえすれば文句の付け所は無いんですが・・・ねぇ・・・。

買い替えて良かったのか悪かったのか

ただ単にテレビ周りをSONY製品で固めたいと言うどうしようもない理由から買い替えに走ったのですが、結果論としては買い替えて良かったかなぁ・・・と思ってます。
レコーダーとも、nasneともリンク機能が働いてくれるお陰で手間なく操作できるので、チョットだけ撮り溜めた番組を消化しやすくなりました。
また、テレビを新しくしたお陰でHDMI CECで電源操作が行えるようになり、さらにGoogle HomeとGoogle Chromecastの連携で「ねぇグーグル、テレビを付けて」と言えばテレビの電源が入るようになりました。・・・チャンネルの操作まで出来たら最高だったんですが、電源操作が出来るだけでも画期的です。*5

・・・まぁ、難点は来週末以降は仕事に帰省であまりテレビを活用する時間が無いと言う点ですかねorz

*1:場所考えてから買えよ・・・と言うツッコミは1週間前に衝動買いしようとしてたワタクシにお伝え頂ければ幸いです。

*2:番組表ボタン押してもすぐに反応しなかったり、チャンネルを切り替えても俊敏に切り替わらなかったり、根本的にカーソルの移動が遅かったり・・・。

*3:少なくとも、そろそろPS3は処分しても良いのかもしれません・・・が、DVDを再生させる際にアップコンバーター替わりに利用するのに重宝しているので地味に手放せません。

*4:直近だと、Huluが国内版サービス大幅更新で旧式ハイエンドテレビのHuluアプリが軒並み対応終了を唄ってましたね・・・。

*5:電源のON・OFFが行える=音声操作で電源を投入し、Chromecastに映像を転送すれば自動的にテレビ画面はChromecastに切り替わり、視聴が終わったら「ねぇグーグル、テレビを消して」と言えばテレビが消える。最高の堕落環境の完成ですw