Re:シルの日々の戯言。

折れた心が少しだけくっついたから何かを綴ってみるテスト。

日本の3大オタク街の大須に行ってきましたわ

SES扱いなので世間様の「異動」と言う表現扱いにするのが正しいのかどうかは置いておくとして、異動してから出張する機会が増えました。・・・むしろ社会人生活で今まで出張してなかったのかwwwと草を生やされそうですが、日帰り出張はありましたが宿泊を伴うレベルの出張は実は経験がありませんでした。

そんな訳で今回も出張で働いてきたのですが、今回は名古屋に行ってきました。・・・名古屋と言えばエビフリャー・・・ではなくて色々と名物はありそうですが、デジタルガジェット的なアキバ系な身分からすると大須と言う土地が大変気になります。
要出典とか議論を呼んでしまうかも知れませんが、東の秋葉原、西の(大阪)日本橋*1でんでんタウンに並ぶ日本3大オタク街の大須、気にならない訳が無い!

今の御時世、不要不急の外出は自重自粛を強制される日々ではありますが今回は仕事で名古屋を訪問しています。幸い仕事は順調で終業後のフリータイムを活用して、秋葉原をホームとするオタクくんが大須に行ってきました。・・・いや、正しくは宿泊先の設備がショボくてってかUSB充電端子がベッドに備わってなくて追加でUSB充電器が必要となりましてね・・・。
f:id:sylvester:20210319215321j:plain

訪問前時点の予備知識

大須と言う地名自体は先の通りオタク街と言う観点で知っていましたが、実際問題細かい部分は何も知りません。
一応、大須自体は元々は巨大な雑多な商店街のようなイメージと言う話をどこかで聞いて、オタクショップの隣にリア充向けのシャレオツなお店があるような感じなのかと思っていました。

交通面も秋葉原駅日本橋駅のように街の名前が付けられた駅が存在するのではないかと非常にフワフワしたイメージです。

そして仕事終わりの合間時間で行く程度なので「まーなんとかなるっしょwww」と草を生やすレベルで舐めてかかってました。正直地名は知ってるが具体的な場所までは知りませんし、アクセス方法すら知りません。先の通り大須と名の付く駅があるだろうくらいです。
・・・いや、私が名古屋に来た理由は仕事であって、大須はオマケで訪問するだけなのでそこまであれこれ事前に調べる訳にも行かず。

そんなわけで、大阪日本橋でんでんタウンに行った時と同じように行き当たりばったりで何とかなるだろ・・・と足を運ぶこととなったのです。・・・あぁ、大阪日本橋でんでんタウンは実は1回だけ行ったことありますよ。・・・関東からLCC使って日帰り強行旅行としてですけど・・・。*2
sylve.hatenablog.jp

実際の大須は・・・

仕事を終えて荷物を宿泊先のホテルにおいて、とりあえず調べて出てきた大須観音駅と言う「大須」と名の付く駅に降り立ちました。

・・・が、オタク街狙いでは間違った行動でして、大須観音駅の一駅隣の上前津駅が正解で、商店街と言うか繁華街と言う観点での大須には間違いなくたどり着いたのですが、行けど行けどオタク要素のない商店街ばかりで「おやっ?」となる一方でした。・・・最終的に「オタク街ならじゃんぱらがあるやろwww」と安易にじゃんぱらを頼りに進もうとしたらまさか大須に3店舗もじゃんぱらがあるとは思わなんだ・・・。*3

結論を言うと、上前津駅最寄りの大須新天地通と呼ばれるエリアがオタク街であり、それ以外の場所は普通の商店街です。・・・まぁ、その普通の商店街もすっごいエリアが広くて本当多種多様なお店がある訳でして・・・。

閑話休題、アキバ君な身分として大須の雰囲気は、秋葉原を商店街の一角と言うか複数ある通りの1か所に濃縮させた感じです。

そしてじゃんぱら以外のお店はフロアが大きい。*4ドスパラツクモ秋葉原のようなせまっこいビルに押し込まれたような感じではなく、比較的広いフロアにドーンと構えている感じです。パソコン工房秋葉原のBUY MORE*5なんか比較にならねえぜヒャッハーな感じ。さらにイオシスに至っては草生えるレベルで大きくて、お隣のじゃんぱら*6に少しフロア分けてあげてーと思いたくなるレベルです。・・・いや、秋葉原の場合は分散してたり、ビルの複数フロアに分散してたりで売り場面積を稼いでいる感じですが・・・。

デジタルガジェットなオタク的にはこれはこれで楽しいですし、沿線を見回せば我々の世代からすると誰もが一度は魅了されたでじこ様が鎮座するゲーマーズはありますし、ゲームセンターも多めな印象、地方のオタクショップと化してるWonder Gooやスーパーポテトとゲーム系ショップも見受けられますし、Twitterで一人勝手に叫んだ中京マイコンなるエロゲショップ*7もあります。

・・・が、ジャンク関連に関しては秋葉原日本橋でんでんタウンのほうが一枚以上も上手です。じゃんぱらはありますが、そもそもじゃんぱら自体が中古寄りで屋号に含まれる「じゃん(ジャンク)」な要素はほぼ皆無です。
そんなじゃんぱらの元親会社なドスパラ*8も中古・ジャンク品の扱いはありますが、秋葉原を絶対基準とする一種のキチガイを満足させるには至らず。
パソコン工房はどうかと言うと、中古コーナーはあれどジャンクは微妙。そもそもパソコン工房にジャンク品は秋葉原に専門フロアが出来る以前は極めて限定的な取り扱いなので期待出来ず。
秋葉原にも店舗を構えているワールドモバイルさんのところで旧型のMacが数台見かけたものの「モバイル」と名が表す通りスマホメイン、中京ローカルと思われる中古系のパソコンショップ パウさんトコがアキバ君観点で大変に興味を惹かれるラインナップでした・・・が、それ以上は素敵な出会いはありませんでした。*9

正直、ジャンク品を物色するのなら大須の近隣に2箇所ほどあるハードオフ*10の方がまだ楽しめそうな気がします。特に名古屋中心部(?)の伏見駅最寄りのハードオフはジャンクノートがシュリンクで包まれて、動作確認は行えないものの不具合・不良箇所をキッチリカッチリ明記しているので非常に好印象です。その他、シュリンクされていないPCもキレイに展示されている印象があり、物量は少なめ感がありますが全体的に商品と丁寧に扱っている感が強いです。
一方下池駅に近いハードオフは全般的に乱雑と言うか、ジャンクノートPCは「ジャンクノート」と書かれたハードオフによくある青い箱に無造作に詰め込まれているため、伏見ハードオフのジャンク品でも丁寧に扱うぞ!・・・と言う展示を見たあとだと残念感が拭えません。

とは言うものの愉快な場所です

個人的なメインターゲットであるジャンク品方面では少々心もとない感じではありますが、デジタルガジェット周りのオタクとしては大須秋葉原日本橋でんでんタウンと同様に楽しめる街です。もし私が東京秋葉原を知らない・実際に秋葉原へ足を運ぶ機会が著しく限られる状況下なら間違いなく一日中・・・は難しいですが、半日近くは時間を潰せそうな場所です。
幸い仕事は順調に進んで予定通りの日程で帰京したので、今度大須に行く機会がいつになるかは分かりませんが、また名古屋近辺で仕事をすることとなり、余暇時間があるのなら是非とも再び足を運びたい場所です。

・・・いや、仕事のオマケじゃ無くて完全プライベートで行けよ!・・・と言うお話もあるんですが、基本的にライブイベントに行かない身なので何かの用事のついでに大須に行くと言う機会が無いので、プライベートでの訪問は意外と難易度が高くてですね・・・。*11

*1:文字で表すと東京にもある日本橋と同じ地名ですが、大阪の方は「にっぽんばし」で、東京の方は「にほんばし」です。

*2:宿泊代が勿体無いと日帰り強行はよくやってます。えぇ会津若松とか仙台とか軽井沢とか金沢とか全部日帰り強行旅行で行きました・・・。

*3:結果的にそれで大須がオタク街と言われるエリアにたどり着いたので、じゃんぱらは偉大(!?)です。

*4:大須のオタク街のエリアにたどり着くランドマークにしたじゃんぱらさんは・・・、・・・なんか秋葉原とあんま変わらん・・・と言うか、むしろアキバよりも狭いんじゃ・・・。

*5:個人的に忘れがちなんですが、BUY MOREはパソコン工房のお店なんですよね・・・。

*6:じゃんぱら名古屋OSU301店とイオシス名古屋大須店はお隣同士でした。

*7:名前からコンピューターなお店かなぁ・・・と思ったら、えっちぃゲームのお店でした。

*8:厳密には運営会社、似たような名前の理由は元々の母体は一緒だった・・・とのこと。

*9:ツクモのインストア状態なショップインバースさんトコにもジャンクはあれど秋葉原のジャンクメインの売り場に比べるとパンチは弱め、滅茶苦茶な声掛けで個人的な印象が最低最悪なPCコンフルさんトコもジャンカー観点ではパットせず。

*10:時間にだいぶ予定が前倒しで進んだので実は名古屋近辺のハードオフにも行きました。

*11:日本橋でんでんタウンも、実は京都へのLCC強行日帰り旅行の工程に漠然と組み込んでた+でんでんタウン最寄りの難波から関空への南海ラピート(LCCの航路がある関空向け特急)があり、訪問するだけの理由がありましたので・・・。